link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821 link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875
トップページ > 旅行・乗物 > 氷の宮殿を巡るジョンストンキャニオンのアイスウォーク

氷の宮殿を巡るジョンストンキャニオンのアイスウォーク

V字谷のさらに上ゆく I 字谷をさかのぼり、まるで氷の宮殿かのような凍りついた瀧を目指す。アイス・キャニオン・ウォーク!

カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。

カナダの旅、バンフでの最後のアクティビティは、ジョンストンキャニオン(Johnston Canyon)でのアイスウォーク。渓流にそって雪山を登りながら、凍り付いた滝を目指すハイキングでした。
氷の宮殿に迷い込んだ! | Keep Exploring
Johnston Canyon

まずは麓から第一の滝ロウワーフォールズ(Lower Falls)を目指します。
Johnston Canyon — Ice Canyon Walk #01 アイス・キャニオン・ウォーク PART1

雪が舞う氷の峡谷は、西洋の国とはいえ、水墨画のような幽玄さを想い起こさずにはいられません。詫びも寂びも十分にあります。

ちいさな洞穴を抜けて眼前に迫る氷の瀧を目の当たりにしたとき、感動のあまり言葉が出ませんでした。絶句。ここで写真ちゃんと撮りたい人は超広角レンズ必須ですね。28mm相当ではやや厳しかったです。丸い滝壺がステキ!

山登りとはいっても緩やかなのぼり坂のトレイルなので、平地を歩いてる感覚とあまりかわりないです。ところどころキャットウォークも整備されて、たいへん歩きやすい行程でした。
Micaela

カナダの高地特有の植生なども楽しめて大変良いです。お茶で有名なローズヒップの実なども見ることができました。

さて、次はさらに上にのぼって、第二の瀧アッパーフォールズ(Upper Falls)を目指します。
Johnston Canyon — Ice Canyon Walk #02 アイス・キャニオン・ウォーク PART2

アッパーフォールズでは、周辺の谷の壁面に沢山つららがぶら下がり、アニメなどでありそうな氷の魔女が棲む宮殿のようなたたずまいでした。神秘的ですねこれも。

この辺は石灰岩が堆積しているとのことで、激しい浸食によってV字谷どころかもはや I 字谷となっている箇所が多々ありました。うえの映像の中からもそれが見てとれるかと思います。
Johnston Canyon

ちゃんとした長靴や登山靴などがなくとも、ショート丈のブーツとかハイカットのスニーカーでも行けそうです。ミカエラさんは動画にある通り普通の靴でしたw ちゃんとアイゼンは貸してもらえますので、バンフに行ったらぜひトライしてみてください。気持ちよかった!
氷の宮殿に迷い込んだ! | Keep Exploring



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月 5日 17:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー