link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958 link959 link960 link961 link962 link963 link964 link965 link966 link967 link968 link969 link970 link971 link972 link973 link974 link975 link976 link977 link978 link979 link980 link981 link982 link983 link984 link985 link986 link987 link988 link989 link990 link991 link992 link993 link994 link995 link996 link997 link998 link999 link1000 link1001 link1002 link1003 link1004 link1005 link1006 link1007 link1008 link1009 link1010 link1011 link1012 link1013 link1014 link1015 link1016 link1017 link1018 link1019 link1020 link1021
トップページ > エレクトロニクス, 社会・国際・政経 > ガイガーカウンター SOEKS-01M を購入したぜ!

ガイガーカウンター SOEKS-01M を購入したぜ!

一万円台で買える、ある意味ガイガー先進国のロシア製!超小型でお気軽 放射能測定!デザインがデジタルガジェット的な80s的なチープな東欧的な、まあとにかくグッドなわけです。

公園で芝生に座るにも躊躇してしまう未来都市TOKYO
もはやガイガーカウンターは一家に一台の必需品。

そんなわけでネットで話題沸騰中のロシア製ガイガーカウンター SOEKS-01M を購入してみました。これデジタルガジェット感覚のデザインでかなりシビレます。
ガイガーカウンター SOEKS-01M

まずは開梱動画をご覧くださいませ。

電源は単四乾電池が二本ですけども、日本の代理店のほうでエネループも動作確認済みでした。乾電池を使わずに、内蔵の充電池を使用することも可能です。USB端子から充電できます。

電源を入れると、80年代を想起させるチープな画面が表示されます。なんか昔のシンセサイザーとかシーケンサーみたいなフォントでよろしいですな。日本語表示はできませんが、英語ならありますので「ロシア語で考えるんだ」な状況にはなりません、ご安心を。でも一部スペルミスがあったりと、なかなかのロシアクオリティが和ませてくれます。汚染箇所での計測にあたっては機器の汚染を防ぐためジップロックなどで包んでください。

これまでガイガーカウンターといえば高価なものでしたけれども、性能的に割り切りがあるにしても、これがなんと今や一万円台で買えてしまうんですな。購入に際してはネットでの評判と、宝島社から刊行されております書籍「放射線測定と数値の本当の話」を参考にいたしました。「ガイガーカウンター実名ランキング」という特集ページがあるのです。
放射線測定と数値の本当の話

さて、私が今回購入しました「SOEKS-01M」ですが、旧機種の「SOEKS-01」という大変似た名称のものもございますので、これはお間違いなきよう。そしてさらにファームウェアのバージョンが様々ありまして、今日現在の最新バージョンは「1.CL」となっております。USB端子装備の機器ながら、どういうわけかファームウェアアップデートができない機器だそうですので、購入のさいは必ずその点をご確認ください。

加えて、日本語マニュアルの有無もあります。
私が購入したのは某ECサイトなのですが、そこに出店している正規代理店から購入し、日本語マニュアルも付属しておりました。あと、おまけでジップロックもひとつもらいました。そのあたりもよく調べてみるとよろしいかもしれませんね。私が購入したのは以下のリンク先から。
☆38ページカラー完全日本語取扱説明書・保証&安心サポート付き★カラー液晶画面・USB!放射能…

ロシア政府公認2011年最新型ガイガーカウンター!放射能・放射線測定器「SOEKS 01M」(1.CL)

ロシア政府公認ってどういう意味なんだろう…?
私は放射線の専門家ではないのでこの製品の良し悪しなどは深く言及できませんけども、次回は実際に計測した模様もお伝えしたいと思います。それにしても安いですね、私が購入した先月初旬では16,800円でしたが、それからわずか一ヶ月、いまや円高のおかげで13,000円代にまで値下がりしております。うーん

この記事のつづきはこちら:ガイガーカウンター SOEKS-01M で放射線を測定してみた



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月 5日 19:46

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー