link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794 link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899
トップページ > Handycam, Xacti, デジタル一眼 > エツミ ボールヘッドシューでカメラのアクセサリーシューの上にもう一台カメラを乗せて、動画と静止画を同時に撮影可能

エツミ ボールヘッドシューでカメラのアクセサリーシューの上にもう一台カメラを乗せて、動画と静止画を同時に撮影可能

アクセサリーシューに付く自由雲台です。望遠と広角、動画と静止画など、デジカメ2台なのに三脚がひとつしか用意できないときでも、両方を立てて撮影できます。これは便利。

いまどきのデジカメはその値段に関係なく、一台で写真動画も撮影できてしまうのが当り前です。

例えば私が常用しているのは以下のようなもの。まったく違うタイプのカメラですが、動画も静止画も両方撮影できます。

ただし動画の記録中にパシャッと静止画を撮影すると、一時的に動画のほうの画面が止まったり暗転したりするという仕様のものは少なくありませんよね。動画と静止画の両方をしっかり記録するなら、やはりデジカメは二台必要です。

ということで、エツミのボールヘッドシューを購入しました。
エツミ ボールヘッドシュー

これを使って、一眼レフのうえにXactiを子亀のように乗せてみました。ごらんください。

アクセサリーシューに付く自由雲台はいくつか製品がありますが、格安なうえに信頼できそうなこのエツミ ボールヘッドシューを選びました。マンフロットから492LCDという製品も出ており魅力的だったのですが、エツミ製品にくらべてサイズが大きめのとかなり価格が高いのでこれは見送りました。かっこいいけどね。
マンフロット 492LCD マイクロボール雲台ホットシュー付き

このエツミ ボールヘッドシューですが、底面に三脚のネジ穴が切ってあるので、アクセサリーシューだけでなく普通に三脚用の自由雲台としても利用できます。一眼レフ用のゴリラポッドに装着しても良いかもしれないですね。

デジイチの上にXactiを乗せてみた感想としては、三脚ではなく手持ち撮影のほうが格好いいかなと感じました。ただしその場合、動画の撮影のほうがおろそかになりそうですね(笑)

レンズの物理的サイズがとても長い場合や、どちらかで超広角か魚眼レンズを使用した場合には、もう片方のカメラが画面に見切れてしまう場合もあるでしょうね。私の場合はどちらのカメラも標準〜超望遠で利用することを想定しましたが、バズーカみたいな一眼のレンズのうえに超広角のデジカメを乗せるという利用であれば確実に映ってしまうと覚悟したほうが良いでしょう。ボールヘッドシューの購入前に、二台のカメラを手に持って試してみることをオススメします。
エツミ ボールヘッドシュー



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年1月20日 05:09

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー