link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > 旅行・乗物 > アバターかナウシカみたいなファンタジー感覚、地上40メートルを1本のワイヤーで渡るジップトレック(Ziptrek)に挑戦

アバターかナウシカみたいなファンタジー感覚、地上40メートルを1本のワイヤーで渡るジップトレック(Ziptrek)に挑戦

これは興奮、アドレナリン超絶体験。針葉樹林の山谷で樹上生物のようにピューンととぶ。地上40メートルこわくない!楽しい!

カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。

カナダはバンクーバーからバスに乗って二時間ほど、ウィスラーの街に到着した我々を待っていたのは、Ziptrek(ジップトレック)という高所恐怖症の方なら絶対拒絶しそうなエクストリーム紀行でした。

地上40メートルをワイヤー1本で渡ります。ジップというのは、公園などによくあるターザンごっこ的なあれです。山谷でそれをやるわけです。上の動画冒頭カットはスキー場の低い箇所で練習している場面、それを経てバスで山奥へ行きいよいよ本番となります。

かくいう私も高所恐怖症ではありますが、これはとっても楽しかった。わくわくして一番乗りで飛び出してしまいました。針葉樹林の上をかけ抜けていく光景は、映画「アバター」か「風の谷のナウシカ」的でもあり、どことなくファンタジー。

「死ぬかもしれない」などと動画中で語っておりますが、事故率はものすごく低いそう。実際やってみて分かりますが、がっちりハーネスで固めてるので安心度は高いです。加えて、旅行中特有のやや浮き足立った感覚なればこそ、命がけという重い感覚すらおぼえることなく、気軽にえいやっと飛び込んで楽しめるというものでもあります(笑)

谷に張られた吊り橋を移動しつつ、計4本(5本だったかも)のジップを楽しみました。旅程の都合で、日の落ちた時間になってしまいましたが、機会があれば夏の昼間にも挑戦してみたいですね。

ちなみに撮影はiPhone 4Sでやっています。かじかむ手でストラップもないiPhoneを持って猛スピードで突進するほうが、高いことより断然怖いっす(汗)落としたら負けだもの。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月10日 06:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー