link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876 link2877 link2878 link2879 link2880 link2881 link2882 link2883 link2884 link2885 link2886 link2887 link2888 link2889 link2890 link2891 link2892 link2893 link2894 link2895 link2896 link2897 link2898 link2899 link2900 link2901 link2902 link2903 link2904 link2905 link2906 link2907 link2908 link2909 link2910 link2911 link2912 link2913 link2914 link2915 link2916 link2917 link2918 link2919
トップページ > 旅行・乗物 > 北米最大 ウィスラーブラッコムのゲレンデでオリンピックのコースだって滑れるゼ

Moving clipart pictures on PhoPng.

北米最大 ウィスラーブラッコムのゲレンデでオリンピックのコースだって滑れるゼ

山頂に立てばそこは雲海の上、片栗粉みたいなパウダースノーを鳴き砂のようにギュッギュときしませながら滑る感動。スキー&スノボ楽しんできました。

カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。

ウィスラーの未明のパノラマ

行きましたよ、スキー・スノボ好きな皆さんオススメのウィスラー ブラッコム。オリンピックで使われたコースなども滑ることができて大満足。写真は、ゲレンデの魔力で美女度のアップしたミカエラさん。
Micaela Gondola

ウィスラーとブラッコムふたつの山頂を文字通りPEAK2PEAKというゴンドラでつないだ、北米最大とうたわれるスキー場であります。
Gondola Peak2Peak

まるで片栗粉のうえで滑ってるようなギュッギュと音の鳴るパウダースノーで、ひさしぶりにスキーを堪能してまいりました。以下、滑りまくりの動画。

標高2182メートル、ブラッコムマウンテンは2284メートルということで、ゴンドラを降りて山頂に立ってみれば、普通に雲海のうえにおります(笑)麓のウィスラービレッジが標高675メートルだそうで、その標高差だけでも1500メートルほどあるというスケール感。季節が早いせいか、先に滞在していたバンフの雪と比べてやや湿めり気は感じたものの、本州育ちの私にしてみれば贅沢すぎるほどの雪質でした。

こちらはブラッコム山頂にていただいたアンガス牛のハンバーガー。
ハンバーガー
はやく食べないと凍っちゃうし、野鳥がねだりに来るしで大変です(笑)

ところで私、雪国育ちだったもので学校行くにもスキー履いていったような小学生でしたが、実際にスキーやるのは今回20年ぶりでした。しかし滑れるものですね。子供のころにやったものは、やはり体が覚えております。ただし昨今はカービングスキーというのが主流なのですか、これはちょっと馴れるのに時間かかりました。時代は変わったんだなあという感想であります。

夜にはウィスラービレッジのBrewHouseにて超巨大骨付きビーフ。これ、マッシュポテト山盛りなんすけど、小さく見えてしまいますw
スペアリブ

ウィスラービレッジの夜は、(クリスマスシーズンだからか)イルミネーションで彩られてとても綺麗でした。雪や氷や水蒸気のおかげで通常のイルミネーションよりもずっと美しく見えましたよ。
Whistler Village early morning
こんな風にアフタースキーのお楽しみも沢山のスキーリゾートなのでした。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月10日 10:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー