link4795 link4796 link4797 link4798 link4799 link4800 link4801 link4802 link4803 link4804 link4805 link4806 link4807 link4808 link4809 link4810 link4811 link4812 link4813 link4814 link4815 link4816 link4817 link4818 link4819 link4820 link4821 link4822 link4823 link4824 link4825 link4826 link4827 link4828 link4829 link4830 link4831 link4832 link4833 link4834 link4835 link4836 link4837 link4838 link4839 link4840 link4841 link4842 link4843 link4844 link4845 link4846 link4847 link4848 link4849 link4850 link4851 link4852 link4853 link4854 link4855 link4856 link4857 link4858 link4859 link4860 link4861 link4862 link4863 link4864 link4865 link4866 link4867 link4868 link4869 link4870 link4871 link4872 link4873 link4874 link4875 link4876 link4877 link4878 link4879 link4880 link4881 link4882 link4883 link4884 link4885 link4886 link4887 link4888 link4889 link4890 link4891 link4892 link4893 link4894 link4895 link4896 link4897 link4898 link4899 link4900 link4901 link4902 link4903 link4904 link4905 link4906 link4907 link4908 link4909 link4910 link4911 link4912 link4913 link4914 link4915 link4916 link4917 link4918 link4919 link4920 link4921 link4922 link4923 link4924 link4925 link4926 link4927 link4928 link4929 link4930 link4931
トップページ > 旅行・乗物 > 鼻毛もダジャレも凍りつく本物の北の国から

鼻毛もダジャレも凍りつく本物の北の国から

ここでダジャレを言わずに帰ってたまるか。口もうまく回らないほど凍てつくユーコン準州 ホワイトホースの街で寒すぎる挑戦

カナダ観光局さんの招待により、カナダの旅をブログでリポートしています。

バンクーバーから飛行機にてユーコン準州はホワイトホースの街へ。
Whitehorse Airport
おい、真っ白じゃないか!><

ぼんやり太陽柱現象が起きてるんですけど!!!
太陽柱 sun pillar
珍しいからと写真を撮った私ですが、ガイドさんたちは見向きもしない。え?え?これ珍しい現象じゃないの?寒いとこでしか見られないんですよ?ね?ね?あれ?

空港からクルマで約20分、ホワイトホースの中心街へとやってきましたが…
ホテルの窓から

もう三年前から冬やってるような貫禄
Whitehorse

寒いから、どうせ寒いから、
もうやっちゃうよ、俺ちゃっちゃうよ。
どんな寒いダジャレ言っても平気なんだから!!というわけで動画撮ってみました。

うーむ。
ユーコンに来てから鼻のなかがチクチクしてましたが、鼻毛が凍ってたんですよね。交わす言葉も凍てつく北の大地とはよく言いますが、凍ってるのは言葉ではなく私の顔面の筋肉でした。うまく口がまわらない。東北弁が比較的みじかいワードで構成されているというのも頷けます。悠長にしゃべってたら凍死するわ(笑)

上の動画の最後で、飛行機からのカットがありますけども、ガラス一枚を隔てて外は死の世界といっても過言ではないわけです。
Die of Cold
そりゃね、古今東西どこだろうと上空1万メートルは寒くて凍死しますよ。だけどね、あまりにも象徴的なビジュアルでかなりショッキングですよね。

飛行機のなかにいても、壁際からひしひしと冷気を感じるんですよ。これ、早朝の便だったんですけども、翼が凍ってるからスグには飛び立てないの(笑)お湯か何か知らないけどスプレーして解凍すんの!

で、まだ夜明け前の真っ暗なうちに離陸して、飛んでるうちに次第に夜が明けてきて「嗚呼きれいな朝焼けの山々だね」と皆が和んでたときに件の凍死している虫を発見したわけです。うううー凍えるエピソードだぜ!!

そんな寒さのなかでも、人々の心を温めてくれる料理はありました。
PotateCheese
Jerk Pork

アントワネット(Antoinette's)というお店ですが、店主(兼ウェイトレス)はアフリカ系の陽気なお姐さん。店内も陽気なインテリアと暖色系の照明で、そりゃあ心躍らないわけがない。ということで、ユーコン・ゴールドという地ビール(エール)をいただきました。
Yukon Gold
(このあとまた凍えながら帰ったわけですけどねwww)

さて、そんだけ寒いと日本の冬では想像もできないような防寒具の重装備を用意しなくてはなりませんが、私らそこらへんの知識がまったくないもので全部レンタルしました。以下のような巨大なバッグに一式詰まってホテルに届けてくれます。
防寒具一式バッグ

中には、寒冷地用ブーツ(フェルト内履きの入った二重構造)、牛革グローブ(B3ジャケットみたいなボア付きのん)、防寒ジャケット(すんげー暖かい)、防寒ズボン(これ無しでは出歩けない)というセットが入っております。

これはバッグに入ったロゴから察するにMW Outfitsという所のレンタル品ですが、ホワイトホースの街ではこれ着た日本人がめちゃめちゃ多かったです。皆おなじ格好の旅行者っておもしろいよね。そして皆、これ着てオーロラを見に行くわけです!その記事はまた別の機会に!
防寒具一式



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年12月10日 17:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー