link1898 link1899 link1900 link1901 link1902 link1903 link1904 link1905 link1906 link1907 link1908 link1909 link1910 link1911 link1912 link1913 link1914 link1915 link1916 link1917 link1918 link1919 link1920 link1921 link1922 link1923 link1924 link1925 link1926 link1927 link1928 link1929 link1930 link1931 link1932 link1933 link1934 link1935 link1936 link1937 link1938 link1939 link1940 link1941 link1942 link1943 link1944 link1945 link1946 link1947 link1948 link1949 link1950 link1951 link1952 link1953 link1954 link1955 link1956 link1957 link1958 link1959 link1960 link1961 link1962 link1963 link1964 link1965 link1966 link1967 link1968 link1969 link1970 link1971 link1972 link1973 link1974 link1975 link1976 link1977 link1978 link1979 link1980 link1981 link1982 link1983 link1984 link1985 link1986 link1987 link1988 link1989 link1990 link1991 link1992 link1993 link1994 link1995 link1996 link1997 link1998 link1999 link2000 link2001 link2002 link2003 link2004 link2005 link2006 link2007 link2008 link2009 link2010 link2011 link2012 link2013 link2014 link2015 link2016 link2017 link2018 link2019 link2020 link2021 link2022 link2023 link2024 link2025 link2026 link2027 link2028 link2029 link2030 link2031 link2032 link2033 link2034 link2035 link2036 link2037 link2038 link2039 link2040 link2041 link2042 link2043
トップページ > デジタル一眼 > 一眼ユーザに可変NDフィルターが今年流行りそうな予感

一眼ユーザに可変NDフィルターが今年流行りそうな予感

デジイチ動画や長時間露光が好きならマストアイテムと思われる、無段階に減光量を調節できる可変NDフィルターがじわじわキテいるようです。

なんとなく家にあるカメラ雑誌をぺらぺらめくっていたら「可変NDフィルター」なるものが掲載されておりました。

C-PLフィルターと同様にリングが回って、減光値を変更できるという不思議なNDフィルターです。どうやら二枚の偏光フィルターを使って透過率を変えているようですね。なので、現状のPLフィルター二枚重ねでもどうにか実現できるようです。実際に試している方がいらっしゃいました。

Fader ND」という製品のデモ動画がYouTubeにございました。デジイチ動画やスローシャッター撮影をやる方なら効果のほどはお分かりいただけるかと思います。

いまいちピンと来なかった方は、以下の動画を観ればさすがにお分かりいただけるかと思います。

NDフィルターは特に動画の世界では必須、ビデオカメラには内蔵されているものが多いです。僕なんかは昔から動画でのシャッタースピードは1/30以下がいい雰囲気だと思ってます。そうなるとNDを内蔵しない一眼デジカメではもう、絞りでしか減光できないわけです。かといって絞ってしまうのも、ボケさせたい場合にはNGですよね。

あと、これまた僕の好きな長時間露光なんですけども、夜間の光量不足を補う目的だったらまだしも、面白エフェクトとして活用したい場合にはたいへん困るわけです。そこでNDフィルターの登場なんです。

作例:ケンコー NDフィルターPRO1D ND8を試してみるより。NDなし(左)とNDあり(右)
NDフィルター使用テスト NDフィルター使用テスト

が、各レンズ径にあわせたり、減光量のちがうフィルターをいくつも買ったり持ち歩いたりというわけにはいきません。だからこそ、この可変NDフィルターは役立ちそうだなと思っているのです。

既に発売されているものでは、先述の「Fader ND」に加えて「GENUS GNDF」という製品もございました。後者は日本にも輸入されているようです。

ショップのページを見たところ、サイズも一通りそろってますね。
GENUS 可変NDフィルター GNDF-77のご紹介

なじみあるECサイトでは楽天で唯一見つかりました。しかし他より安すぎるしメーカーや製造国などの詳細もよく分からないので、これは買っていいものかどうか判断つきかねております。
【送料無料&楽天最安値】新製品透過率を連続可変できる可変型NDフィルターVariable NDX ND Fade…

そして、NDフィルターといえばやはりケンコーですが、昨年のフォトキナで製品を出品していたようですね。【フォトキナ】ケンコー、「AT-X 17-35mm F4 PRO FX」を参考出品 — デジカメWatchという記事によりますと以下の通り

ケンコーブランドでは光の透過量を可変できる「Variable NDX ND2.5-ND1000」を展示。価格は未定だが、2010年内の発売を予定している。82mm径と77mm径をラインナップする

うーん2011年1月の今もまだ発売されてませんが(笑)うわさでは4月に発売されるとか。はやく詳細情報が欲しいところ。

それにしても本命の製品だと思ってたのに、ほかのフィルター径には対応しないんですか。装備すくなめで済むというメリットからすると、ステップアップリング持ち歩くというのもなんだか本末転倒。しかし…

露出倍数を2.5〜1,000の間で連続可変できるNDフィルター。可変NDフィルターは前回のフォトキナ2008でも参考出品していたが、今回、明るい側を露出倍数2.5まで上げることができたため製品化に踏み切った。レンズにつけた状態でも、構図の確認ができるとする。

2.5あたりから始まるのは原理的に仕方ないとして、1,000まで連続可変ってのは凄い。だから名前が「Variable NDX ND2.5-ND1000」なのですね。これは使ってみたい。撮りながらフェードアウトするという懐かしいこともできる(笑)

そうか、どうせ2.5なら付けっ放しにはせんだろうし、77mmのステップリング使用での対応でもいいか。そういえば前出の「Genus ND Fader」のほうは数値的なものは何も書いてなかったですね。と思って検索したら、他にも同様の製品がありました。
▲初登場!Fader ND(可変ND)2種。開放マニア必見!|デジタル撮影時代、周辺機材の最適化計画

これは一枚で、ND2相当?ND400まで無段階に可変という画期的なものなのです。

「TiANYA XS-Pro1 Digital」と「GREEN.L Filter dHD」という製品どちらもND2〜ND400くらい。上記リンク先には撮影サンプルもあって分かりやすいです。ND400といえば過去にレビューしたなかで、通行人を消すマジックも(笑)
フォトショップ要らずで通行人が消える 「ケンコー MC-ND400 PRO」真っ黒なNDフィルター装着で撮影
可変式なら思い立ってすぐそういった試行ができるのも良いですね。

さて、以上の可変ND製品はどれもこれもデジイチ動画での有効性を真っ先にうたっていますから、動画ユーザーはマストだと考えても良さそうですね。発売時期からして、今年じわじわと流行りはじめそうなアイテムなので、今後の動向もしっかり見届けたいところです。とりあえずケンコーの製品を待ってみようかな。

追記:「Genus ND Fader」は最大で4段ぶんの減光だそうです。いちばん明るいとこはどれくらいなんだろう?それにしてもマンフロット ジャパンの扱いなんですね。
ジーナス製品販売開始及び新製品のお知らせ(PDF)

片方の偏光フィルターを回転させることで、F値を最大4ストップまで絞る ことが可能です。複数のフィルターを持ち歩かなくても、このフィルター1枚で幅広い撮影条件に対 応できます


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年1月30日 01:11

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー