link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > Adobe, Photoshop > アドビ製品はケーキミックスのマーケティングと同じ手法でクリエイター向けに提供されているのではないか?

アドビ製品はケーキミックスのマーケティングと同じ手法でクリエイター向けに提供されているのではないか?

アドビのソフトはもっと自動化できていいはずなのに、わざと手間をかけるような仕様にして、作り手の「作った感」を出しているのではないか?

職人なら「仕事」をするのは当り前のことですが、板前や大工のそれと違って、コンピュータが当り前の現場だとちょっと話は違ってきます。

昔はあれもこれも手作業でやっていたことが、コンピュータによっていとも簡単に・・・例えばデザイナーだと慎重なデザインナイフさばきをせずとも写真の切り抜きができてしまうわけです。で、ソルベントだのセメントだのは不要で、レイヤーを自由な位置に何度も何度も移動できてしまったり。

むかし打ち込み音楽やってた人で、アルペジエイター搭載あたりからつまんなくなったと言ってた方がいました。いまや音楽の自動生成は当り前に近くなっていますよね。アマチュア向けビデオ編集ソフトなどもかなり自動的にダーッと済ませてしまう力技ツールがありますわ。

Adobe Photoshop CS5なんかは「コンテンツに応じる」という必殺技一発でなんでも消してしまいますし「Photomerge」機能を使えば複数の写真を自動的にパノラマ合成してしまいます。
例:君んちも見えるほど巨大な東京のパノラマ写真を撮ってみた

しかし!

そのPhotoshopに関してはもっともっと簡単かつ自動化できそうなのに、クリエイター自身の手で作った感を醸し出すようなツールとして提供しているように思えてきました。

じつは先ほどPhotoshopで文字詰めしていたんです。カーニングというやつです。昔ある人が「文字詰めするのはデザイナーの重要なシゴト」だと仰ってたのを、カーニングしながら思い出しました。

ところがこれ、いかにも自動化できそうですよね。自動カーニングという機能もありますがそれではなくて、ロゴやテロップなどを作るときの、なんかこう思った通りの美しい状態に字詰めしてくれるような自動ツールね。そんなの「コンテンツに応じる」よりよっぽど簡単に開発できる気がするんですけどね。まあフォントメーカーとの協力は必要になるでしょうけどね。

それで私がこないだ面白いと思ったブログ記事があるんですけども、ケーキミックスが発売されたときあまり売れなかったらしいんですね。ケーキいうのは手間かけて作るもんやから、手間要らずの粉なんか恥ずかしいわと。以下、その記事からの引用です。
ケーキミックス — 知識・教養ライブラリー — Yahoo!ブログ

水を入れて溶くだけでできるケーキミックスは1940年代にアメリカで発売されたが、最初はあまり売れなかった。その理由は、ケーキというものは祝い事などに作る感情がこもった料理なので、インスタント的な手法で作ったケーキを人前に出したりするのは、恥ずかしかったり、手抜きと思われがちになってしまうからだ。

女性は家庭にいて家事をするものという認識だったころは、インスタント食品の類いはそのように感じられていたというわけですね。じゃあどうしたかというのが次になります。

そこで心理学者でマーケティングの専門家であったアーネスト・ディヒターが思いついたのは、ミックス粉の材料の中から卵の成分を取り除き、料理する時に女性に卵と牛乳と食用油を加えてもらって作れるようにした。そうして、このケーキを作る女性は、「自分でちゃんと作ったケーキ」と認識できるようになって販売数も伸びたのである。

「自分でちゃんと作ったケーキ」と認識するには、ほんの少しだけでも「仕事」が必要ということですわな。こことても重要。

Photoshopのカーニングももしかしたら「クリエイターの僕が自分でやりました」という気分になるための仕様なのかもしれないですね。

もちろん全自動でやってくれたとしても、出来映えが本当に美しいかどうかという審美眼が必要になるわけですけどね。しかし仕事という意味では大きく変わってきます。

ああーそういえばAfter Effects CS5のほうだとペロっとブラシか何かでなぞるだけで人物を切り抜いてくれる魔法みたいなツールがあったはず。そういうのPhotoshopに載せてくんないのはやっぱりケーキミックスの売り方なのかな?

それにしてもPhotoshopをアップグレードする金額だけでも、同様の高機能ソフトである「ピクセルメーター(Pixelmator)」がいくつも買えてしまうんですよね。
レビュー記事:ピクセルメーター(Pixelmator)は MacBook Air に最適なフォトレタッチソフト

そこまで高価なソフト買ってるんだから、むしろ私は自動的にパパーッと片付けてくれると嬉しいです。金払って自分でやるなんてバカみたいじゃない。昔だったら少しは楽しんでやったかもしれないけど、今となってはコンピュータが自動でやれるとこは全部やってしまって欲しいところです。

それにiPhone AppとかWebサービスでも目を見張るようなスゴイものが出てきていて、それぞれは単機能のものながらPhotoshopよりずっと簡単に自動生成で済ませてくれます。たとえばVanishing PointのようなものはPhotoshopの機能以外にも、自動生成するツールや、Webサービスなんかでも似たのありましたよね。

iPhoneやiPadのようなデバイスが一般的になってくると、腰据えてなにかを作り込むというよりも、単機能で自動生成のAppを目的のぶんだけインストールするという形が理想的です。対してアドビ製品はなんだか先述のケーキミックスそのものですよね。クリエイターの作った感を満たしてあげるためのツールになっているんじゃないかと思います。だからこそまだ売れてるというのもあるんでしょうけどね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年3月 1日 18:24

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー