link137 link138 link139 link140 link141 link142 link143 link144 link145 link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273
トップページ > エレクトロニクス > 震災で割れた太陽電池パネルに触ると感電のおそれ

震災で割れた太陽電池パネルに触ると感電のおそれ

屋根などの太陽電池パネル(ソーラーパネル)が落ちて壊れた場合などでも、素手で触れると感電する可能性があるとのこと。太陽光発電協会から処理方法のPDFが配布されております。

三洋電機の公式ツイッター(@SANYO_Electric)から「震災で破壊された太陽電池パネルの取り扱いについての注意」というツイートがございました。

一般社団法人太陽光発電協会からのPDFが紹介されております。
PDFリンク:震災で破壊された太陽電池パネルの取り扱い上の注意

壊れていても感電してしまう危険があるようですので、取り扱いには十分ご注意ください。PDFの内容を以下に引用しておきます。

住宅等に設置されていた太陽電池パネルが震災で破壊され、家屋などのがれきと共に堆積して いるような場合でも、太陽電池パネルに太陽の光が当たっている時は、発電している可能性があ り、素手などで触れると感電をする可能性があります。

太陽電池パネルが震災で破壊された家屋に残っている場合、あるいは、破壊されて屋根から外れてがれきとなって堆積している場合は、次の手順で対処してください。

  1. 素手でさわらないこと。
  2. 救助及び復旧作業等で壊れた太陽電池パネルに触れる場合は、乾いた軍手やゴム手袋など絶縁性のある手袋をしてください。
  3. 数の太陽電池パネルがケーブルでつながっている場合は、ケーブルのコネクターを抜くか、切断してください。可能であれば、太陽電池パネルに光が当たらないように段ボールや板などで覆いをするか、裏返しにしてください。
  4. また、可能であれば、ケーブルの切断面の中の銅線がむき出しにならないようにビニールテープなどを巻いてください。
  5. 太陽電池パネルを廃棄場に運ぶ際には、念のため、ガラスを金づちなどで細かく破砕してください。なお、太陽電池パネルの構成部材は、以下の通りです。
    半強化ガラス(厚み約 3mm)、セル(シリコンの板、10~15cm 角、厚み 0.2~0.4mm、 銀電極、半田、銅箔など)、透明樹脂、白樹脂シート、金属枠(主にアルミ)、配線材、樹 脂箱 など。
  6. 夜間や日没後の日射のない時の作業は、太陽電池パネルが発電していませんが、作業内容は、日射のある時の作業と同じにしてください。

三洋電機の公式ツイッター(@SANYO_Electric)では他にも震災にまつわる家電のあれこれをツイートしているので、フォローしておくと役に立つかもしれません。うちは白物ほとんどSANYO製品なのでもちろんフォローしてます。

あと今回の震災でよく聞かれたのは

電池が売切れ

ということです。
そして案外エネループなど繰り返し充電して使える電池のことは知られていないようなのです。これを機に、家庭用の電池をエネループに順次切り換えてみてはどうでしょう?我家の電子ガジェット類はほぼ全てエネループで動いています。シンセサイザーすらもエネループで問題なく音が出せます。

最近ではマウスなど日常的に使う道具もすっかり無線化されて要電池になっています。ランニングコストを考えるともはやアルカリ乾電池などを買うのは損でしかないので、ぜひご家庭での電池を見直してみると良いでしょう。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年3月22日 15:04

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー