link1314 link1315 link1316 link1317 link1318 link1319 link1320 link1321 link1322 link1323 link1324 link1325 link1326 link1327 link1328 link1329 link1330 link1331 link1332 link1333 link1334 link1335 link1336 link1337 link1338 link1339 link1340 link1341 link1342 link1343 link1344 link1345 link1346 link1347 link1348 link1349 link1350 link1351 link1352 link1353 link1354 link1355 link1356 link1357 link1358 link1359 link1360 link1361 link1362 link1363 link1364 link1365 link1366 link1367 link1368 link1369 link1370 link1371 link1372 link1373 link1374 link1375 link1376 link1377 link1378 link1379 link1380 link1381 link1382 link1383 link1384 link1385 link1386 link1387 link1388 link1389 link1390 link1391 link1392 link1393 link1394 link1395 link1396 link1397 link1398 link1399 link1400 link1401 link1402 link1403 link1404 link1405 link1406 link1407 link1408 link1409 link1410 link1411 link1412 link1413 link1414 link1415 link1416 link1417 link1418 link1419 link1420 link1421 link1422 link1423 link1424 link1425 link1426 link1427 link1428 link1429 link1430 link1431 link1432 link1433 link1434 link1435 link1436 link1437 link1438 link1439 link1440 link1441 link1442 link1443 link1444 link1445 link1446 link1447 link1448 link1449 link1450 link1451 link1452 link1453 link1454 link1455 link1456 link1457 link1458 link1459
トップページ > デジタル一眼 > 写真のフレーミング内フレーミングについて考えてみる

Black white father clipart on PhoPng.

写真のフレーミング内フレーミングについて考えてみる

こんな小さな工夫だけでも画面が締まるし望遠ズームレンズも不要になったりする。静止画と動画とでも方法論は違ってくる。ということで最近撮った作例でちょっと考えてみた。

工事現場近くをぶらぶらと散歩していたら、
ズドーンと遠くまで連なる高架の橋脚がありました。

早速写真におさめたいと思ったのですが持ち合わせているカメラがiPhone 4(つまり広角寄りの単焦点レンズ)しかない。だから撮れた写真はこんなのです。
unframed

こういうのは望遠でギュギュっと前後を圧縮して撮りたいので、とても不満の残る撮影でした。家に帰ってフォトショップでトリミングしたのが以下の写真。これくらいで収めたかった。
zoomup

ところが工事現場だけあって柵がある。
この柵から覗くようにしてやれば、上手い具合にズームアップと同様の視線誘導の効果が得られます。それが下の写真
framed
いちばん上の写真のような間抜けさはなくなったでしょ。結果としてただ望遠で建ち並ぶ橋脚を撮るよりも、ずっと締まった構図を得られたと思います。怪我の功名。

さて標題にもある写真のフレーミングというのは、フイルムやCMOSセンサーにどこまでの範囲を写す=切り取るかということ。

3番目の柵の入った写真はそこからさらに柵自体をフレームに見立てて切り取っています。フレーミング内フレーミングですね。ナメとかゴシとか言います。肩ナメとか枝ゴシとかね。これは柵ゴシ。といってもただのゴシじゃなくて、柵がうまく被写体を囲んでフレームの作用をしてくれてるので、フレーミング内フレーミングと呼んでみました。

フレーミング内フレーミングで格好いいなと思ってるのは「氷室京介:Memories of Blue」のジャケ写。
氷室京介:Memories of Blue
Memories of Blue
(余談だけどリンク先のカスタマーレビューを感心しながら「こいつよく分かってるな」と読んでいたら、書いたのは昔の自分だったw)

ジャケ写で自分を額装してしまうってどんだけナルシストよw というのはさておき、この写真もただ単に被写体を置いただけでなく、そしてただ単にそれに寄っただけでもない、丸い額で視線誘導しているしそれで構図も作り込んでいるという点が同じですよね。

動画だったら1カット内で寄ったり引いたりパンしたりカット割ったりと自由自在ですけど、一枚の静止画でやるとなるとこれは似て非なるものですね。

そういえば先述のナメやゴシは演出効果としてのほかに、画面を締めたり奥行き感を出すといった効果があります。で思い出したのですが、大学時代にいつも木の枝を持ち歩いている変な奴がいました。いつでも枝ナメで撮影できるようにだそうです(笑)

これから桜の季節ですから、枝ナメ花ゴシの写真をばんばん目にするしご自身でもばんばん撮りまくるんじゃないかと思います。もし桜並木が花吹雪のトンネルのようになっていたり、面白い被写体が枝のあいだから覗いていたら、このフレーミング内フレーミングの話もちょっと思い出して活かしてみてください。
関連記事:散り逝く桜をEOS Kiss X4の動画で撮影してみた

おまけですが、同日に撮った夕空と街のシルエットの写真。猥雑でとても美しいとは思えない建ち並びも黒く塗りつぶすことでナメていいものに変わりますね。
夕空とシルエット



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年3月28日 04:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー