link4384 link4385 link4386 link4387 link4388 link4389 link4390 link4391 link4392 link4393 link4394 link4395 link4396 link4397 link4398 link4399 link4400 link4401 link4402 link4403 link4404 link4405 link4406 link4407 link4408 link4409 link4410 link4411 link4412 link4413 link4414 link4415 link4416 link4417 link4418 link4419 link4420 link4421 link4422 link4423 link4424 link4425 link4426 link4427 link4428 link4429 link4430 link4431 link4432 link4433 link4434 link4435 link4436 link4437 link4438 link4439 link4440 link4441 link4442 link4443 link4444 link4445 link4446 link4447 link4448 link4449 link4450 link4451 link4452 link4453 link4454 link4455 link4456 link4457 link4458 link4459 link4460 link4461 link4462 link4463 link4464 link4465 link4466 link4467 link4468 link4469 link4470 link4471 link4472 link4473 link4474 link4475 link4476 link4477 link4478 link4479 link4480 link4481 link4482 link4483 link4484 link4485 link4486 link4487 link4488 link4489 link4490 link4491 link4492 link4493 link4494 link4495 link4496 link4497 link4498 link4499 link4500 link4501 link4502 link4503 link4504 link4505 link4506 link4507 link4508 link4509 link4510 link4511 link4512 link4513 link4514 link4515 link4516 link4517 link4518 link4519 link4520
トップページ > 社会・国際・政経, 雑誌・書籍 > 震災で「チーズはどこへ消えた?」を思い出した

震災で「チーズはどこへ消えた?」を思い出した

もう二度と元には戻れないなら変わらなきゃ。とは言えどこまで変われるのか。未曾有の事態でもそれは言えることなのか。

大地震にも負けずキャベツを出荷しようとしていた矢先に放射能の影響。福島のキャベツ農家の方が自殺するという悼ましい事件がありましたよね。
(朝日新聞社):福島の野菜農家が自殺 摂取制限指示に「もうだめだ」 — 社会

安全な野菜づくりのために30年以上も前から土壌改良などを重ねてきたとのこと。その土が汚されるという悔しさは筆舌に尽くし難いものだったことでしょう。

さて「チーズはどこへ消えた?」という寓話があります。
チーズはどこへ消えた? スペンサー ジョンソン (著)
チーズはどこへ消えた

AppleをはじめIBMなど大企業が研修で使っていたということで10年ほど前にベストセラーになりました。当時、読んだ方も多いでしょう。薄くて字の大きいすぐ読める本なので、未読の方は読んでみることをお薦めします。

ネズミと小人が迷路のなかにおり、いつもチーズが現れる場所があるのです。そこでいつもチーズを食べていたのですが、ある日突然チーズがなくなります。ネズミたちはチーズを探しに行き、小人たちはとどまってチーズを待ちました。

「変わらなきゃ」がテーマの本ですから変化にすばやく対応できたネズミたちの方が早く結果を出したのは言うまでもありません。バラク・オバマが掲げた「We can change」も記憶に新しいところです。

即ち人は変われるんだと、変化に適応できることが大切だと。

まあサービス業だったらそれもすぐ合点のいく話ですよ。だからそういった企業も研修に使ってたわけです。ところが土地縛りの大きい事柄となるとなかなか難しいはず。

被災地の小さな工場が、社員ごと長野に移転して再開したというニュースがありました。とても思い切った決断ですが、場所を問わない業種だからこそ、それもできるというもの。Googleが大阪移転というデマに真実味があったのも、そこが理由ではないでしょうか。

例えば生ハムだウイスキーだというのはその熟成に気候風土が大きく関わるので、結局日本の企業は自国でそれを作りつつも、輸入したり買収したりということもやるわけです。前出の福島の農家の話もそうで、丹念に育てた土があってこそというもの。

未曾有の天変地異が起きたことは誰の目にも明らか。そして輪をかけて史上最悪の原発事故も発生しています。これでも311以前と変わらずいられると思っている人がいれば、それはどうかしてると思います。しかし歴史に刻まれるほどの大事であっても、人はどこまで変わらなきゃいけないのか、どれほど他人に対して変化を促すことができるか。これは悩ましい問題です。

原発周辺の避難地域にまだ居座っている人がいると聞きます。僕はそのニュースを東京で知り、そして早く逃げればいいのにと思います。また関西の知人は、東京に居続ける僕を指して、早く逃げればいいのにと言います。海外からはついに、汚染されてない日本の作物までも輸入禁止にされました。

それぞれの立場、それぞれの視点でチーズの意味が変わります。そしてチーズは無くしたようにも、まだ失っていないようにも見えます。いや、チーズが何なのか分からなくなったのかもしれないし、あったのかなかったのかも分からなくなっているかもしれません。とにかく迷路のなかにいることだけは確かです。
チーズはどこへ消えた? スペンサー ジョンソン (著)
チーズはどこへ消えた



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年4月 7日 01:19

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー