link2044 link2045 link2046 link2047 link2048 link2049 link2050 link2051 link2052 link2053 link2054 link2055 link2056 link2057 link2058 link2059 link2060 link2061 link2062 link2063 link2064 link2065 link2066 link2067 link2068 link2069 link2070 link2071 link2072 link2073 link2074 link2075 link2076 link2077 link2078 link2079 link2080 link2081 link2082 link2083 link2084 link2085 link2086 link2087 link2088 link2089 link2090 link2091 link2092 link2093 link2094 link2095 link2096 link2097 link2098 link2099 link2100 link2101 link2102 link2103 link2104 link2105 link2106 link2107 link2108 link2109 link2110 link2111 link2112 link2113 link2114 link2115 link2116 link2117 link2118 link2119 link2120 link2121 link2122 link2123 link2124 link2125 link2126 link2127 link2128 link2129 link2130 link2131 link2132 link2133 link2134 link2135 link2136 link2137 link2138 link2139 link2140 link2141 link2142 link2143 link2144 link2145 link2146 link2147 link2148 link2149 link2150 link2151 link2152 link2153 link2154 link2155 link2156 link2157 link2158 link2159 link2160 link2161 link2162 link2163 link2164 link2165 link2166 link2167 link2168 link2169 link2170 link2171 link2172 link2173 link2174 link2175 link2176 link2177 link2178 link2179 link2180 link2181 link2182 link2183 link2184 link2185 link2186 link2187 link2188 link2189

mc cormick szyba rolnicza, znajdź. минеральная вата 80 мм, link about

兼六園の真髄は苔だった(1)

大人になるまで気付かなかったこの魅力。日本三大名園に数えられる庭園である、金沢は兼六園。この庭園の最大の魅力はこの素晴らしき苔(コケ)だったのです。沢山写真に収めてまいりました。

金沢の兼六園といえば、岡山の後楽園、水戸の偕楽園とならんで日本三名園のひとつであります。下の写真はその兼六園の入り口付近。
兼六園の入り口
その外側には桜並木、そして中にも桜の古木などが多く、ちょうど先週行ったころには満開となっておりました。先の「兼六園と金沢城の桜」記事にも写真が載っております。
兼六園の桜

日本最古の噴水などもございます。
日本最古の噴水

石川、富山の小学生などはこの地を遠足だの家族行楽などで何度も訪れるわけですが、僕は正直なところこの庭園の良さというのが分かっていませんでした。ま、子供ですから仕方のないことですけどね。ところが今回、桜を撮りに行ってみたら全くべつの所に惹かれてしまったのです。

苔です。

ノリじゃないよコケですよ。
前回の訪問が記憶にないくらい久々に兼六園を訪れたのですが、こんなに苔が素晴らしい庭園だとは思いもしませんでした。例えば先の桜の樹などもほぼ全てが苔に覆われていると言ってもいい。
苔むす桜の樹

枝のアップショットを見てください。これほどまで苔に覆われた樹ばかりなのです。
苔むす桜の枝

苔の樹の又から眺める桜も素晴らしき哉
苔の樹の又から桜

苔むす樹の根などもまた素晴らしい。古木のうろなどあればいとおかし。
苔むす古木の根

よく見ると根元にはスギゴケ?のような苔が生えておりますが、これが近寄ってみると針葉樹林のように見えてきます。
スギゴケ

なんだか小宇宙を感じずにはいられません。
スギゴケ

その視点で先ほどの古木の根に目をやると、映画「アバター」で青い人たちが棲んでたあの巨木のようにも見えてくるから不思議です。
スギゴケ

ジオラマやってた人はこういうの萌えるんじゃないかな
スギゴケ

トトロとかアバターとかの雰囲気がまさに。
アバターの家

「苔のむすまで」と国歌にも唄われるほど日本人と苔は身近なもの。苔がこんなに生えているなんてシアワセ。

こちらは絨毯みたいなコケですね。
絨毯みたいなコケ

これも小宇宙を眺める視点では、まるでWindows XPのあの有名な壁紙の大草原に見えてきます。木漏れ日が丘に表情を与えてこれもいとおかし。
小高い丘のような苔

こちらもまるで草原のような苔ですね。
まるで草原のような苔

いやあ苔ってほんとに素晴らしいですね。
あまりにも色々と素晴らしい苔シチュエーションばかりなので、次回「兼六園の真髄は苔だった(2)」に続きます。お楽しみに。今回の撮影機材は以下。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年4月20日 14:43

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー