link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739
トップページ > iPhone・iPad・iPod, おもちゃ・ホビー > Pacemakerで分かった、iPodに不足してたのは「ちょい足し」感覚のクリエイティビティだった

Pacemakerで分かった、iPodに不足してたのは「ちょい足し」感覚のクリエイティビティだった

Pacemakerで毎晩ダラダラと夜更けまでDJごっこして遊んでるわけですよ。それでどうしてiPodはここまで面白くなれなかったのかと考えてみたりするのです。

昨晩も書いたとおり、Pacemakerを使ってノンストップダンスMIX化が楽しくなってしまい、寝るタイミングをつかめずにドンドコやってるわけです。
リンク:ポケットDJシステム「Pacemaker(ペースメーカー)」がなんと4万円も値引きの¥19,800に参照

さてさてこちらの動画は、
知ってる人は知っているアレのなつかしのエンディングテーマ曲「京橋プロムナード」

これが原曲ね。

次はミックスした動画。
このしっとりと昭和歌謡じみた曲だってPacemakerにかかればアッという間にノリの良いものに生まれ変わるわけです。

ひとつ前のPacemakerレビュー記事では余談としてこう書きました。

iPodなどの音楽かけながらちょっとエフェクタで遊ぼうと思ってKAOSS PAD mini-KPを購入した私ではありましたけども、接続するのが億劫でまったくそんな遊びはしたことがありませんでした(笑)でもPacemakerであれば、それらが一台に統合されたようなものですから、

これって裏を返せば、音楽を"聴くだけ"の機械はもう終わってるということじゃないかな。ウォークマン開発裏話で「録音できなきゃ売れない」と否定的な見方をされてたのは有名な話だけど、今またそういうところに戻ってきてると思うのです。

ウォークマンからiPodまでの再生デバイス全盛期は、自分に閉じこもるための箱だったんですよね。でもiPhoneを使っている人なら分かると思いますけども、ごく初期は「ケータイなのにiPod代わりにもなる」と興奮したものの、ふたを開けてみればそれで音楽聴くよりもソーシャルメディアデバイスとしての利用法が多くの時間を占めるようになってます。iPod touchを使っているとそのうちiPhoneが欲しくなってしまうという数多の事例を見てもそう思います。

つまりは外に開かれている必要があるんですよね。そういう意味で、ただのiPodではなくDJができるという要素はとても大きいです。携帯音楽プレイヤーが外界とつながる可能性を持ったわけです。これってちょっとしたクリエイティビティを加えているだけですよね。それだけで、共有したくなってくる。一人でやってても楽しいんですが「演奏してみた」も簡単に共有できてしまう時代だからこそ「開かれてる」デバイスたり得るのだと思います。

アンディ・ウォーホルは「誰でも15 分間は有名でいられる」と言ったそうですが、いまや誰でも1分間はロックスターでいられる時代ですから、受け手に徹するだけのiPodに魅力がなくなってくるのも仕方がないことですね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年5月 9日 09:52

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー