link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291 link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410
トップページ > Apple, Mac, QuickTime > iMovie に馴れたユーザなら Final Cut Pro X 買って損はない

iMovie に馴れたユーザなら Final Cut Pro X 買って損はない

これはヤヴァイ!ついに登場した Final Cut Pro X はプロ向けでありつつも実は iMovie ユーザがすんなり乗り換えできる素晴らしいユーザインターフェイスを備えておりましたとさ。

まず断っておきますけども、これは速報であって僕自身もまだ使い込んでいませんが、とても Final Cut Pro X がスゴいことになってるのは理解できます。

個人的には Final Cut Pro など遥か昔に卒業して、いまではQuickTime Proのみを使用して、ブログ向きの簡単なビデオ編集しかやっておりませんでした。が、あのプロアプリケーションが、35,000円という安価で発売されたとなれば、買わずにはいられません。
Final Cut Pro X

というわけで購入してみたのですが、あれ?

これほとんど iMovie ではないですか?とかなり焦りました。どう見ても iMovie のシンプルなユーザインターフェイスの延長にしか見えないですもん。やっちゃったか?www

いえいえ、よく見てみればちゃんと Final Cut Pro としての機能が備わっております。おそらく iMovie ユーザたちの乗り換え障壁を低くするためではないでしょうか?各人のレベルに合わせて難しいことは考えなくてもすらすら使えるようにできているではないですか!

ただ切って貼るだけのことでもいいし、モーショングラフィックを取り入れたものも可能です。動画ファイルの読み込み時に、CMOSセンサーのローリングシャッターを解析するといった今どきの機能も備わっております。見た目がiMovieそのものになってる事で、従来のプロユースの方々が反乱を起こさないか、いささか心配な点ではありますが、すでに iMovie では飽き足らなくなっているという皆さんや、Final Cut Express を買って苦虫をかみつぶしてる皆さんは、間違いなく今回の Final Cut Pro X を購入してハッピーになれると思います。

購入は Mac App Store からのダウンロードのみとなっております。以下のリンク先にてダウンロードの手続きを行うことができます。
Final Cut Pro X — Apple®
Final Cut Pro — Apple®

追記:つづき記事も書いたのでぜひ読んでみてくださいね、リンクは以下に
ファイナルカットを買わないMacユーザでも、このMotion5の安さには勝てまい



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年6月22日 02:36

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー