link3014 link3015 link3016 link3017 link3018 link3019 link3020 link3021 link3022 link3023 link3024 link3025 link3026 link3027 link3028 link3029 link3030 link3031 link3032 link3033 link3034 link3035 link3036 link3037 link3038 link3039 link3040 link3041 link3042 link3043 link3044 link3045 link3046 link3047 link3048 link3049 link3050 link3051 link3052 link3053 link3054 link3055 link3056 link3057 link3058 link3059 link3060 link3061 link3062 link3063 link3064 link3065 link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079 link3080 link3081 link3082 link3083 link3084 link3085 link3086 link3087 link3088 link3089 link3090 link3091 link3092 link3093 link3094 link3095 link3096 link3097 link3098 link3099 link3100 link3101 link3102 link3103 link3104 link3105 link3106 link3107 link3108 link3109 link3110 link3111 link3112 link3113 link3114 link3115 link3116 link3117 link3118 link3119 link3120 link3121 link3122 link3123 link3124 link3125 link3126 link3127 link3128 link3129 link3130 link3131 link3132 link3133 link3134 link3135 link3136 link3137 link3138 link3139 link3140 link3141 link3142 link3143 link3144 link3145 link3146 link3147 link3148 link3149 link3150
トップページ > 旅行・乗物 > カナダのリアル釣られクマー像

カナダのリアル釣られクマー像

カナダ・オタワ取材二日目はイギリス的な衛兵さんパレードを見物、国会議事堂の周辺、そしてバイワードマーケット散策など

オタワに来てから二日目
今日はカナダ国会議事堂の周辺で衛兵さんの交代を見ました。
衛兵さん
バグパイプ演奏しながらの、すんごい長蛇のパレードでびっくりしました。壮観ですよこれは。夏のあいだずっとこの交代式をやるんだそうです。

その衛兵さんたちを見物する市民や観光客のなかに、ママに肩車されたこんな子供を発見しました、カワイイ!
衛兵さんになりたい子供かな?
衛兵さんの軍服を模したフリースジャケットです。

このあとバイワードマーケット(ByWard Market)へ向かいました。私ビデオカメラ担当だったもので今日は個人的な写真があまり撮れてないんですけども、この市場に着いた瞬間『つきじ?』と口走ってしまいました(笑)

マーケット一帯が築地場内みたいなオーラを醸し出していて、とても馴染めましたよ(笑)どこの国でも市場というのはそういうものなのかもしれないですね。普段の生活では無機質なスーパーやコンビニ、ショッピングモールに馴れてしまっているかもしれないと少し反省。

で、何を撮ってたかというと、我ながら良い動画なので先の記事に次いで再掲載しますが、以下のハッピーカナダデー動画なのです。

オタワ各地で撮影していますが、このバイワードマーケットのお店の皆さんや通行人の方々、そして人力タクシーの方などにも協力してもらいました。

いちご等のベリー類を扱うお店や、かなり充実したチーズ専門店など興味津々で巡っておりました。写真撮れてないですが… 無念><

ランチしたのはタイ料理のお店。
なんだかタイの袋入り乾麺に具をのせたような…(笑)
海鮮ラーメン

で、このあとホテルに戻って動画の編集作業したり、カナダ放送協会の取材をうけたりと色々あって、そろそろ夕食の時間というころ....
入道雲
日本でもおなじみの入道雲が立ち上ってましたが予報によれば、どうやらこいつがサンダーストームをカミングスーンなのだとか。

雨に打たれる前にコートヤードレストラン(Courtyard Restaurant)に入って、とりあえずビール。
キースペールエール
古くて味のある建物で、ちょっとオシャレなディナーを楽しむといった感じのお店。

初めてのアレクサンダーキース(Alexander Keith's India Pale Ale)という銘柄のビール。フルーティーですっきり飲みやすい感じです。二杯もいただいてしまいました。

で、このサーモンです。
ローストサーモン
いやあ、この焼き加減は素晴らしいですよ。日本の焼きジャケ文化に馴れてしまうとなかなか家庭では再現できないもんです。サイズ的にもこれをうまく焼き上げるのは難しそう。

過去記事にてローストポークやローストダックにかけては定評ある私ですから、ぜひともこのローストサーモンの技は真似したいところです。

ほかにイノシシの巨大肉などもあったのですが、なぜこのサーモンを選んだかといえば、昼間スパークス・ストリート・モールで見たこのリアル「そんな餌に俺様が釣られクマー」像のせいかもしれませんw サーモンが食べたそうでしょ?
釣られクマー



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年6月29日 16:48

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー