link0 link1 link2 link3 link4 link5 link6 link7 link8 link9 link10 link11 link12 link13 link14 link15 link16 link17 link18 link19 link20 link21 link22 link23 link24 link25 link26 link27 link28 link29 link30 link31 link32 link33 link34 link35 link36 link37 link38 link39 link40 link41 link42 link43 link44 link45 link46 link47 link48 link49 link50 link51 link52 link53 link54 link55 link56 link57 link58 link59 link60 link61 link62 link63 link64 link65 link66 link67 link68 link69 link70 link71 link72 link73 link74 link75 link76 link77 link78 link79 link80 link81 link82 link83 link84 link85 link86 link87 link88 link89 link90 link91 link92 link93 link94 link95 link96 link97 link98 link99 link100 link101 link102 link103 link104 link105 link106 link107 link108 link109 link110 link111 link112 link113 link114 link115 link116 link117 link118 link119 link120 link121 link122 link123 link124 link125 link126 link127 link128 link129 link130 link131 link132 link133 link134 link135 link136 link137 link138 link139
トップページ > 旅行・乗物 > 美しすぎる夕映えシルエットにもほどがある銅像や建物

美しすぎる夕映えシルエットにもほどがある銅像や建物

カナダデーの夜、オタワ滞在日最後の夕景。シルエットがかっこ良すぎる、サミュエル・ド・シャンプランの像ほか

カナダ・ケベック植民地を築いたといわれるサミュエル・ド・シャンプランさんの像がすごいんです。

夕陽をバックにしたシルエットがめちゃくちゃカッコイイ!今日ぼくがこの場所から撮影することを計算し尽くしたかのような、太陽と像と道路の布陣。
サミュエル・ド・シャンプラン

ネピアンポイントという場所にあります。誰が撮ってもカッコよくしかならないよ。
サミュエル・ド・シャンプラン

サミュエル・ド・シャンプランというお方はこうして銅像になるほどの功績を残された方ではありますが、手にしている羅針盤は「像をつくる職人がよく知らなかったため」さかさまに取り付けられて今に至るそうです。でもそういうエピソードがあった方が親しみが持てるね。

こちらはオタワ川にかかるアレキサンダー橋。これも夕陽の逆光に映えるシルエットですね。
アレキサンダー橋

その橋の上からのパーラメント・ヒル(Parliament Hill)の眺望
パーラメントヒル
こんなの国会議事堂だなんて、とても羨ましいよね。

緯度が高いせいか西日になってから日暮れまでの時間がとても長いです。必然的に夕映えするよう街がデザインされているのかもしれませんね。意識的ではないにしろ。
オタワ市街

カナダ国立美術館(ナショナルギャラリー)なんて、夕陽で透かして見てくださいと言いたげな建物であります。
カナダナショナルギャラリー

鳥もいいね。
この鳥はホワイトベースの警報の冒頭部分「ピピピッピピピッ」みたいな声で鳴きます。
鳥

そりゃ煙突からミサイルも出るわ(嘘)
煙突ミサイル

余談だけどこの街のエレベーターはどれもこれもピッピピッピと音が鳴る。気になって仕方がない。最初ソナーで索敵してるのかと思ったw



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年7月 3日 19:39

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー