link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079 link3080 link3081 link3082 link3083 link3084 link3085 link3086 link3087 link3088 link3089 link3090 link3091 link3092 link3093 link3094 link3095 link3096 link3097 link3098 link3099 link3100 link3101 link3102 link3103 link3104 link3105 link3106 link3107 link3108 link3109 link3110 link3111 link3112 link3113 link3114 link3115 link3116 link3117 link3118 link3119 link3120 link3121 link3122 link3123 link3124 link3125 link3126 link3127 link3128 link3129 link3130 link3131 link3132 link3133 link3134 link3135 link3136 link3137 link3138 link3139 link3140 link3141 link3142 link3143 link3144 link3145 link3146 link3147 link3148 link3149 link3150 link3151 link3152 link3153 link3154 link3155 link3156 link3157 link3158 link3159 link3160 link3161 link3162 link3163 link3164 link3165 link3166 link3167 link3168 link3169 link3170 link3171 link3172 link3173 link3174 link3175 link3176 link3177 link3178 link3179 link3180 link3181 link3182 link3183 link3184 link3185 link3186 link3187 link3188 link3189 link3190 link3191 link3192 link3193 link3194 link3195 link3196 link3197 link3198 link3199 link3200 link3201 link3202 link3203 link3204 link3205 link3206 link3207 link3208 link3209 link3210 link3211
トップページ > 旅行・乗物 > これが実物のルーニーちゃんである!

これが実物のルーニーちゃんである!

1カナダドル硬貨(通称ルーニー)に描かれている水鳥「ルーン」を見てきました。

※もはや時系列がかなりめちゃくちゃになってますが、このままカナダ旅行の取りこぼしネタをアップしてまいります。

オタワを出てキングストンへ行く途中で、ちょっち湖畔の田舎町に立寄まして、Chaffey's Locks から Jones Falls までリドー運河のボートクルージングを楽しみました。
リドーカナル・ボートツアーズ www.rideauboattours.com

湖畔の田舎町ということで、なんだかB級ホラー映画そのものの雰囲気ですわ(汗
田舎コンビニ
あかぬけない美人とかもいるし、まさにホラー映画ぽいw

でも実際のところ何も起きてませんのでご安心ください。周辺にはリスやハチドリなんかもいて自然環境はゆたか。むしろ長閑な良いところです。

ボート乗り場近くのオピニコンダイナー(Opinicon Resort)にて昼食
ダイナー

ホワイトソースがけのピラフ(ドリアではない)が美味しかったよ。
ホワイトソースがけピラフ

さて、ボートに乗り込みました。
Classic Rideau Cruise

運河ですからまずは水門をくぐります。
Classic Rideau Cruise 最初の水門
前に東京の運河で船乗ったけど、上下に開閉するんで、ヘドロや水が落ちて来るんです。傘やカッパが必須でした。でもリドー運河は左右に開閉する水門なのでそんな心配は無用ですね。

船長のキャプテン・ランス(写真あり)は見るからにメチャクチャおもしろいおじいさん。通訳なしでしたが、親切でサービス精神にあふれた方なので、絵を描いたり易しい英語で撮影ポイントを逐一教えてくれました。これはハヤブサの巣の写真。
ハヤブサの巣

サウザンアイランド同様、ここも小島が多いリゾート地のようで、別荘を建ててる人も少なくないですね。うらやましい。
島に建つ家

日本でいうと松島みたいなものかしら?w
小島

船長さんから、船室の外に出てこの鳥を撮影するように言われました。
ルーン

1ドル貨幣(ルーニー)を見せて、こいつだよ!と。
1カナダドル

この水鳥がルーン(ルーニーちゃん)実物でしたか!カモみたいだね。
ルーニー

さて、ジョーンズフォールズに到着。
水門

これは水門を開けるハンドル
ロック

リドー運河ではほとんどの水門が手動式で、各ロックステーションごとにロックマスターがいて日々くるくる回しているそうです。
ロックマスター

水門での待ち時間は長いだろうけど、こういうゆとりある船遊びもいいな。
ジョンズフォールズロック

ちなみにオタワ市内で撮影して大好評だったハッピカナダデーの動画にて、最初に登場するのはオタワ・ロック・ ステーションのロックマスターさんです。

オタワ・ロック・ ステーションはこんな感じの観光写真ポイントでもあります!
オタワロックステーション

追記:動画も撮ってました。きれいだよ!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年7月 8日 02:38

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー