link3212 link3213 link3214 link3215 link3216 link3217 link3218 link3219 link3220 link3221 link3222 link3223 link3224 link3225 link3226 link3227 link3228 link3229 link3230 link3231 link3232 link3233 link3234 link3235 link3236 link3237 link3238 link3239 link3240 link3241 link3242 link3243 link3244 link3245 link3246 link3247 link3248 link3249 link3250 link3251 link3252 link3253 link3254 link3255 link3256 link3257 link3258 link3259 link3260 link3261 link3262 link3263 link3264 link3265 link3266 link3267 link3268 link3269 link3270 link3271 link3272 link3273 link3274 link3275 link3276 link3277 link3278 link3279 link3280 link3281 link3282 link3283 link3284 link3285 link3286 link3287 link3288 link3289 link3290 link3291 link3292 link3293 link3294 link3295 link3296 link3297 link3298 link3299 link3300 link3301 link3302 link3303 link3304 link3305 link3306 link3307 link3308 link3309 link3310 link3311 link3312 link3313 link3314 link3315 link3316 link3317 link3318 link3319 link3320 link3321 link3322 link3323 link3324 link3325 link3326 link3327 link3328 link3329 link3330 link3331 link3332 link3333 link3334 link3335 link3336 link3337 link3338 link3339 link3340 link3341 link3342 link3343 link3344 link3345 link3346 link3347 link3348 link3349 link3350 link3351 link3352 link3353 link3354 link3355 link3356 link3357
トップページ > 旅行・乗物 > カナダ総督邸「リドーホール」のお庭と日本とのつながり

カナダ総督邸「リドーホール」のお庭と日本とのつながり

英連邦王国の一国であるカナダですから、女王陛下の名代たる総督がいらっしゃいます。

植民地を持たない現代日本人の感覚からすると、英国連邦というのがどんな感じなのかちょっと実感できないのですよね。

カナダという国も英国連邦のひとつですので、エリザベス女王の名代であるカナダ総督(Governor General of Canada)というのがいらっしゃいます。その邸宅がリドーホール。
カナダ総督邸ひき

カナダの総督 — Wikipediaによればカナダの総督とは以下のような権限を持ってます。

国王の名代として総督が任命されている。国王も特に個人的にカナダの内政に対して関与することはほとんどないが、カナダの総督を任命する権限を持っている(現実的にはカナダの首相の指名に基づいて行われる)。

衛兵さんが門番しています。
衛兵

パーラメントヒル(国会議事堂)で見た衛兵さんの交代式(写真ここにあり)は、この総督低へと向かうのだそうですよ。観光用の形式的なものであっても、まさに昔ながらの交代式なのですね。

絶対に動いても喋ってもいけないので、そばに別の方(警官だったかな?)がいて「記念撮影していい?」と質問できるようになってますw
衛兵さんと記念写真

さて、やって参りましたリドーホール。
カナダ総督邸アップ

しかしここで右に曲がってお庭のなかへ。
一本のカナダツガがございます。
カナダツガ 天皇陛下植樹

銘板を見ると、なんと!
天皇陛下カナダ訪問時に植樹なさった樹です!
カナダツガ 天皇陛下植樹

以下の写真はそのとき通訳のひとりだった阿佐さん(今回オタワ行程の一部でガイドをしていただきました)から見せていただいた陛下のお姿です。
天皇陛下カナダご訪問

いやあ、ここで日本とのつながりを強く感じることになるとは。
カナダツガ 天皇陛下植樹

となりにはジョン・F・ケディ植樹の木もあります。
ジョンFケディ植樹
ジョンFケディ植樹

リスなども沢山生息している美しいお庭でした。
シマリス



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年7月 8日 04:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー