link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821 link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875
トップページ > グルメ・食文化, 社会・国際・政経 > 腐葉土から放射性物質が出るということ

腐葉土から放射性物質が出るということ

皆さんご存知かと思いますが、食品(最終形態)ではなく腐葉土として流通してしまうこと

ごくあたりまえのことなんですけども、都会育ちの方々と話してると案外ここ実感としてスッポ抜けてるなとよく感じるので、改めて書いておきます。

いまの段階で、作物からセシウムが出ちゃったというのは、生産地が汚染されちゃったりとかそんな理由が大きいんだろうけども、腐葉土からも放射線がビュンビュン出ちゃってるというのはヤバいですよね。

ご存知のように、ほとんどの作物は土から生えているわけですから、汚染された土が出回るというのは、本来なら汚染されずに済んだはずの土もその危険性にさらされてるということです。

風や雨が運んできた放射性物質だけでなく、人為的に流通させてさらに汚染を広げているということです。

あきらかに汚染されたことが推定できる農地については、いずれ何らかの除染措置がとられるとは思いますが、ホームセンターで購入した腐葉土はどうでしょうかね?ほとんどは家庭菜園とかお庭で使うような目的でしょう?

各ご家庭で線量を計ってるのであればいいのですが、残念ながらそうではありません。農地でもないですから国が大号令かけて計ってくれるとも思えません。人知れずラジオアクテビティーなガーデニング環境として将来まで残るのかもしれません。

今ぼくは某ミネラルウォーターを飲みながらこのブログ書いてるのですが、さてこれは安全なんでしょうかね?放射性物質未検出とか、ちゃんと線量測定してるなんてことはどこにも書いてありません。マグネシウムやカリウムの量は記載がありますが、セシウムについてはありません。

この水は、東海甲信越地方の某所が採水地と書かれています。静岡のお茶からでさえも何やらが検出されてるわけですから、国産ミネラルウォーターを買うよりも水道水を逆浸透膜浄水器で濾過したものの方がはるかに安全かもしれません。もしくはちゃんと安全性について記載してほしいよメーカーさん。

あとですね、twitterのタイムラインで巡って来たこちらの動画は、目頭が熱くなりました。特にお子さんをお持ちの方はぜひ最後までご覧ください。
衆議院厚生労働委員会から 2011.7/27

動画で切に子供たちを守るよう訴えてらっしゃるのは児玉龍彦さん(東京大学アイソトープ総合センター)です。彼の息子さんによるツイートもありました。以下引用

親父が厚労委員会に参考人として招致されました。東大放射線センター長として、毎週末南相馬に400km車を走らせて、自身で除染にあたったうえでの訴えです。どうか見てやってください。


投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年7月28日 22:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー