link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602 link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659

動画の圧縮が激速になる turbo.264 HD

AVCHDでもリッピングしたDVDでもビデオブログでもお役立ちのUSBハードウェアエンコーダー、実再生時間と同じかそれ以上の速度でガンガンH.264圧縮してくれる強い味方。elgato turbo.264 HD(エルガト・ターボ264HD)

かれこれ一年くらい使ってるような気がしますけども、動画の圧縮を日常的にやってる身としてはこれほど嬉しいものはありません。
「turbo.264 HD」USBハードウェアビデオエンコーダー
turbo.264 HD

USBポートに挿して、付属の専用エンコーダーソフトで圧縮するだけ。あれよあれよという間にMPEG-4 AVC(H.264)の動画が生成されてしまいます。iMovieやQuickTimeからの書き出し速度とは雲泥の差!

上の動画でエンコーダーソフトの画面が一瞬だけ出て来ますけども 40fps の速度が出てますね。書き出してる動画は 29.97fps ですので実時間以上の成果です。ちなみに720pの解像度で書き出してます。製品名に「HD」と付いてるだけあって、頼りになる働きぶりですね。

モバイル利用ではメリット倍増。
なにしろ速いうえにCPU負荷もないのですから、バッテリー消費が抑えられます。これを買うまでは動画1本エンコードしたらバッテリーほとんど使い尽くして、本日の営業終了みたいになってしまってたんです(笑)こんなノマドワークは流石にツラい。

家では3GhzクラスのCPUでエンコードしてるものですから、なおさらモバイルマシンでは遅く感じます。

しかしこの turbo.264 HD を導入してからはサクサクっと、そしてCPU負荷なくエンコードできますので、ビデオ圧縮時のバッテリー消費量もあまり気にしなくなりました。怒濤のカナダ取材旅行で次々ビデオをアップできたのも、実はこの turbo.264 HD があってこそなのです。

それから、
僕はいまAVCHDのカメラを持ってないのでまだ試せてないですが、AVCHDカメラで記録したデータにお困りの方も、turbo.264 HDがとても力になってくれるようですよ。

あと、QuickTime APIのなかにもメニューとして現れますので、iMovieやGarageBandの共有メニューなどからも利用できます。
※ H.264の圧縮を激速にする製品ですので、トランジションやテロップのレンダリングはいつも通りMacのCPUがやることですよ。くれぐれもご注意ください。

エンコードした動画の品質についてですが、同じビットレートでのエンコードなら、これはQuickTimeの書き出し機能のほうが綺麗に思います。ただしturbo.264 HDでもビットレートを上げてやれば綺麗にはなります。要調整ということですね。

つまり時間と質とのトレードオフ。ただしiPodだのYouTubeだので見る用途がほとんどだと思いますから、大した差にはならない気もします。それよりはタイム・イズ・マネーですよね。この驚速ぶりには代え難い。

ということで、H.264のエンコード時間が待ちきれないという皆さんはぜひ購入してハッピーになってください。
「turbo.264 HD」USBハードウェアビデオエンコーダー
turbo.264 HD

「turbo.264 HD」USBハードウェアビデオエンコーダー



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年8月 4日 07:02

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー