link140 link141 link142 link143 link144 link145 link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279
トップページ > デジタル一眼 > PENTAX Q 動画モードについての感想

source. сайт скачать видео купить генератор

PENTAX Q 動画モードについての感想

デジイチ動画の全盛時代ですが、ナノイチ動画のクオリティはいかがかな?

写真のクオリティにはそれなりに満足したナノ一眼「PENTAX Q」でありますが、ビデオ撮影についてはどうなのでしょうか?

こちらは付属のスタンダードプライムレンズにて撮影した動画です。

ほとんどが手持ちフィックスでの撮影ですけども、思ったより手ブレ補正が効いてくれますね。

この作例ではほぼ蝉しぐれしか聞こえませんが、割とちゃんと音を拾っているように思います。この点も意外でした。外部マイクを挿すことはできませんが、内蔵マイクだけでもインタビューに使えそう。

けど、録画し始めてからの冒頭1秒くらいは音声が記録されませんね。そういう仕様のようです。

ひとしきりの感想を語ってみました。

フルHD記録時でのビットレートが14Mbps程度しかないというのはちょっと残念ですね。AVCHDのおよそ半分、コンデジなどと同程度になっています。いろいろと都合があるのは分かりますけども、もうちょっと頑張ってほしかった。動きの要素が大きいとブロックノイズが目立ちます。

あと、振動が大きいときなどに、CMOS特有の歪みも目につきますね。基本的にはフィックスで撮影したほうが良さそうです。あまりフリーダムにカメラをぶん回してると、あとで見て落ち込むかも。

インターバル動画はとても便利な機能だと思います。スチルの方でもインターバル撮影ができますが、インターバル動画のほうでは同様にインターバル撮影をしつつも、それらを一本の動画ファイルとして自動的につなげてくれます(最大999枚撮影)。僕は動画の機能よりも、むしろこのインターバルに期待して購入しました。

これまでもiPhoneを利用してインターバル撮影を楽しんでましたが、iPhoneをそのために専有されてしまうと、ほかに暇つぶしするための何かが必要になりますし(なにしろ数十分にわたり撮影し続けることも普通にある)、バッテリーも激しく消耗してしまいます。だから出来るだけ小型で良いカメラを使ってインターバル撮影したかったんですよ!!

以下の作例は、インターバル撮影の機能で撮った写真を、Macで動画としてつないだものです(インターバル動画ではない)。もとが写真なので4K2Kの動画として作成することができました。

ということで、この件についてはまたの機会へつづく。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2011年9月17日 08:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー