link1096 link1097 link1098 link1099 link1100 link1101 link1102 link1103 link1104 link1105 link1106 link1107 link1108 link1109 link1110 link1111 link1112 link1113 link1114 link1115 link1116 link1117 link1118 link1119 link1120 link1121 link1122 link1123 link1124 link1125 link1126 link1127 link1128 link1129 link1130 link1131 link1132 link1133 link1134 link1135 link1136 link1137 link1138 link1139 link1140 link1141 link1142 link1143 link1144 link1145 link1146 link1147 link1148 link1149 link1150 link1151 link1152 link1153 link1154 link1155 link1156 link1157 link1158 link1159 link1160 link1161 link1162 link1163 link1164 link1165 link1166 link1167 link1168 link1169 link1170 link1171 link1172 link1173 link1174 link1175 link1176 link1177 link1178 link1179 link1180 link1181 link1182 link1183 link1184 link1185 link1186 link1187 link1188 link1189 link1190 link1191 link1192 link1193 link1194 link1195 link1196 link1197 link1198 link1199 link1200 link1201 link1202 link1203 link1204 link1205 link1206 link1207 link1208 link1209 link1210 link1211 link1212 link1213 link1214 link1215 link1216 link1217 link1218 link1219 link1220 link1221 link1222 link1223 link1224 link1225 link1226 link1227 link1228 link1229 link1230 link1231 link1232
トップページ > エレクトロニクス > ひらくPCバッグのバランスに感動した

ひらくPCバッグのバランスに感動した

発案者いしたにまさき、とれるカメラバッグの15インチノート対応版だと思ってもいいかもしれない。ビジネスシーンにも上手く溶け込みそう。そして荷物が軽く感じられる不思議なバッグ。

大ヒットした「とれるカメラバッグ(過去記事)」につづき、またまた大ヒットの予感です。

ひらくPCバッグ
ひらくPCバッグ

私もモニターということで1つお送りいただいておりますので、早速パッキングして出張にでかけることにしました。

内部はカメラバッグ的な間仕切りによって完ぺきに整理されます。これPCバッグと言いつつカメラバッグですよね。大物は入らないにしろ、考え方がカメラバッグそのもの。ペロッと開いて必要な全てに素早くアクセスできる。

担いでみた印象は「エルゴノミクスデザインて一体何なの?」というほどの、フィットしてないけどフィット感(何?)。ほかのバッグに同じもの詰めてもこうは軽く感じないし、ここまで楽には担げない。その秘密はどう考えてもこの断面形状。
ひらくPCバッグ側面

完全に二等辺三角形。荷重分散がよろしいんでしょうな。また、斜めにショルダーストラップが生えている点がこのバッグ最大の武器。バッグ底面と地面が常に平行になる工夫ですかね。どう担いでも重心がいちばん低いところに来るのでしょうね。
三角
あとショルダーストラップが柔道着の帯みたいな厚みで、肩にあたる感触はそれなりに優しいです。

で、わりにシュッとしたデザインでありながらも、必要なものは全て収納できます。実際に出張にでかける間際には、iPhone用バッテリだのMacのモニターケーブルなどもさらに追加で入れております。
PCバッグの中身
ほかの同程度のサイズのバッグよりは若干タイトに詰めることになるかな。だからこそ「あれ?軽い?」と感じてしまうわけですが。それでいて必要なものが出しにくくない。むしろ出し易い。

「とれるカメラバッグ」では透明部分に写真などを入れてカスタマイズできる感じでしたが、この「ひらくPCバッグ」の場合はパンチングレザーの部分で何か工夫しろということなのでしょうね。しかしレザー部分だけでも挿し色を使えないのかな?(写真はイメージです)
カラバリでけへんのかな?

このパンチングレザーに缶バッジを付けるというのをコグレさんが書いてたような気がしますけども、僕さっき満員電車のなかで缶バッジが弾け飛んでしまいました。ほかのカスタマイズ方法を考えてみよう。

とりあえず試用一日目の印象は大満足。「ひらくPCバッグ」以下の製品写真のリンク先から購入できます。現在ブラックとネイビーの二色。

ひらくPCバッグ

ひらくPCバッグ
価格:26,200円(税込、送料別)



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年10月 5日 22:23

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー