link1370 link1371 link1372 link1373 link1374 link1375 link1376 link1377 link1378 link1379 link1380 link1381 link1382 link1383 link1384 link1385 link1386 link1387 link1388 link1389 link1390 link1391 link1392 link1393 link1394 link1395 link1396 link1397 link1398 link1399 link1400 link1401 link1402 link1403 link1404 link1405 link1406 link1407 link1408 link1409 link1410 link1411 link1412 link1413 link1414 link1415 link1416 link1417 link1418 link1419 link1420 link1421 link1422 link1423 link1424 link1425 link1426 link1427 link1428 link1429 link1430 link1431 link1432 link1433 link1434 link1435 link1436 link1437 link1438 link1439 link1440 link1441 link1442 link1443 link1444 link1445 link1446 link1447 link1448 link1449 link1450 link1451 link1452 link1453 link1454 link1455 link1456 link1457 link1458 link1459 link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506
トップページ > デジタル一眼 > PENTAX Q10(ペンタックスQ10)実機を体験してみたら、ジム系モビルスーツだった

PENTAX Q10(ペンタックスQ10)実機を体験してみたら、ジム系モビルスーツだった

ジムの魅力が分かってこそのオトナ、ペンQがガンダムならQ10はジム・クウェルくらいと言ったら分かりますかね?

最近は、もはやこれの事しか考えられない
PENTAX Q10であります。
PENTAX Q10 color variation

昨日、秋葉原にて体験会がありましたので、さくっと触ってきました。以下に感想などを。

まあとにかく大変な数のカラーバリエーションであります。
PENTAX Q10 color variationPENTAX Q10 color variation

このカラバリを可能にしたのが、前モデル「PENTAX Q」の金属ボディをやめて、プラスチックへ移行した点であります。以前よりカラバリはペンタックスの十八番でしたが、このQサイズでこそ活きてきますね。

ただし金属がプラスチックになるというのはある意味でダウングレードでもあります。言ってみれば「Q10」はGM(ジム)系モビルスーツですね。「Q」というガンダムを踏まえてのGMであります。GMではありますが、ジム・クゥエルくらいにまで高級品ではないかという感想。

スペックシートを見ても、こうして現物を並べてみても分かりますが、旧Qユーザなら買い換え需要はなさげなほどに同等品。
PENTAX Q10 and Q

しかしボタンなど所々にちょっとした変更がありまして、シャッターボタンなどは推し易くなった印象もありますね。
PENTAX Q10
ガンダリウム合金でないとはいえ、重量的には大差ないんじゃないかなあ?持ってみた感じは同じくらい。

新発売のQマウント望遠ズームレンズ「PENTAX-06 TELEPHOTO ZOOM」も実機展示されておりました。
PENTAX Q10 and 06 Tele Zoom

昨年発売の「PENTAX-02 STANDARD ZOOM」と焦点域がつながっており、いわゆるダブルズームキット的なものもラインナップされておりますね。私個人としては、標準ズームと望遠ズームの二台体制、またはもう一台フィッシュアイか単焦点標準レンズを加えての三台体制でお出かけしたいところです。
PENTAX Q10PENTAX Q10

一眼レフでの標準と望遠の二台体制というのは、新聞社の方なんかはよくそういった取材装備でイベントに来てたりしますけども、私らみたいな軽装だいすき人間でもQマウントだったらそういうことをできるわけですね。

で、私カワセミも撮るんですけど、もっと長い玉は出さないのかと尋ねてみたら、K−Qマウントアダプターをおすすめされました。京急ではないですよK−Qです。KマウントレンズをQマウントに変換して、35mm換算で焦点距離5.5倍であります!
PENTAX Q10 K-Q mount adapter
えーっと、200mmレンズでも軽く1000mm超えて月のクレーターも撮れるわけですな(笑)

まあそんなわけで発売が待ち遠しいQ10でありました。しかしこのカラバリがすべてAmazonで購入できるんだからスゴいですわ。
Amazon.co.jp:PENTAX デジタル一眼カメラ Q10

ところで「PENTAX Q10」のカラバリは正面写真ばかりがネットで公開されていますが、私の撮影してきた斜めの写真も加味した上で、どれを注文するか決めたほうが良いかと思います。側面のカラーも加わるとまた印象が違いますもんね。
PENTAX Q10 color variation
私の場合には、これらの実機を見て、以前に注文していたものをキャンセル。再度べつのカラーのものを注文しなおしました。

ところで気になる動画の仕様ですが、会場にいらしてた社員の方によれば、初代PENTAX Qとおなじ仕様だとのこと。高ビットレート化ならずでありました。残念ですね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年10月 8日 19:59

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー