link4380 link4381 link4382 link4383 link4384 link4385 link4386 link4387 link4388 link4389 link4390 link4391 link4392 link4393 link4394 link4395 link4396 link4397 link4398 link4399 link4400 link4401 link4402 link4403 link4404 link4405 link4406 link4407 link4408 link4409 link4410 link4411 link4412 link4413 link4414 link4415 link4416 link4417 link4418 link4419 link4420 link4421 link4422 link4423 link4424 link4425 link4426 link4427 link4428 link4429 link4430 link4431 link4432 link4433 link4434 link4435 link4436 link4437 link4438 link4439 link4440 link4441 link4442 link4443 link4444 link4445 link4446 link4447 link4448 link4449 link4450 link4451 link4452 link4453 link4454 link4455 link4456 link4457 link4458 link4459 link4460 link4461 link4462 link4463 link4464 link4465 link4466 link4467 link4468 link4469 link4470 link4471 link4472 link4473 link4474 link4475 link4476 link4477 link4478 link4479 link4480 link4481 link4482 link4483 link4484 link4485 link4486 link4487 link4488 link4489 link4490 link4491 link4492 link4493 link4494 link4495 link4496 link4497 link4498 link4499 link4500 link4501 link4502 link4503 link4504 link4505 link4506 link4507 link4508 link4509 link4510 link4511 link4512 link4513 link4514 link4515 link4516 link4517 link4518 link4519 link4520 link4521 link4522 link4523 link4524 link4525
トップページ > デジタル一眼 > ミラーレス用ゴリラポッド ハイブリッド(GorillaPod Hybrid)

ミラーレス用ゴリラポッド ハイブリッド(GorillaPod Hybrid)

何がハイブリッドなのかよく分かりませんが、ミラーレス(ノンレフレックス)一眼デジカメ用に最適化されたゴリラポッド・ハイブリッドという製品であります。

ゴリラポッドといえばこれまでに、元祖オリジナル(コンデジ用)および一眼レフズームレンズ用SLR ZOOMの2つを使用しておりました。

ところがこの二種のみでは運用面で問題がありまして、元祖ゴリポの耐荷重は325グラム、ズームレンズ用ゴリポは3キログラムと、かなり幅(というか差)がありすぎました。

で、この差を埋めてくれる丁度良いものに出会いました。
ゴリポ

それがゴリラポッド・ハイブリッド(GorillaPod Hybrid)

一体なにがハイブリッドたる由縁なのかよく分かりませんが、ミラーレス一眼(ノンレフレックスカメラ)を想定したゴリラポッド製品だそうです。パッケージのほうもソニーNEXそのものが描かれていて分かり易いですね。

耐荷重は今どき程よい1キログラム
長さ(全高)のほうも、ミラーレス一眼を想定してつくられた「ひらくPCバッグ」の高さにぴったりでした(雲台は90度に曲げたほうが出し入れしやすい)。

下図のように並べてみると違いがよく分かります。オリジナルのゴリポさんは昨今のデジカメ事情からすると小さすぎた感は否めないですね。
GorillaPod
これらはサイズが大きくなるほどに足も固くなって、より大きな荷重に耐えられるジョイントになっていました。

特筆すべき点としては雲台が付属していること。SLR ZOOMの場合には雲台が付属しないパッケージもありましたが、このハイブリッドには雲台が付いてきます。というか雲台の取り外しは不可のようですね(笑)

これがSLR ZOOM専用雲台ゆずりのキモチイイ自由雲台でして、あまり力を入れずにネジを締めたり緩めたりでき、アングルを決めたらサクっと固定できます。一度使ったら他の雲台は面倒にも感じるレベルですよ。

あと、水準器、クイックューなど一通りございます。

私はこれまで大きいのを使ってきたので、やや頼りなくも感じてしまいますが、ペンタックスQ使いとしては必要充分すぎる三脚であります。また、オリジナルの小さいゴリラポッドしか知らなかった方にとっては、頼もしい味方になってくれることは間違いないです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年10月12日 19:59

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー