link4088 link4089 link4090 link4091 link4092 link4093 link4094 link4095 link4096 link4097 link4098 link4099 link4100 link4101 link4102 link4103 link4104 link4105 link4106 link4107 link4108 link4109 link4110 link4111 link4112 link4113 link4114 link4115 link4116 link4117 link4118 link4119 link4120 link4121 link4122 link4123 link4124 link4125 link4126 link4127 link4128 link4129 link4130 link4131 link4132 link4133 link4134 link4135 link4136 link4137 link4138 link4139 link4140 link4141 link4142 link4143 link4144 link4145 link4146 link4147 link4148 link4149 link4150 link4151 link4152 link4153 link4154 link4155 link4156 link4157 link4158 link4159 link4160 link4161 link4162 link4163 link4164 link4165 link4166 link4167 link4168 link4169 link4170 link4171 link4172 link4173 link4174 link4175 link4176 link4177 link4178 link4179 link4180 link4181 link4182 link4183 link4184 link4185 link4186 link4187 link4188 link4189 link4190 link4191 link4192 link4193 link4194 link4195 link4196 link4197 link4198 link4199 link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233
トップページ > エンターテインメント > ハイザックというモビルスーツのデザインが語るもの

ハイザックというモビルスーツのデザインが語るもの

このデザインの秀逸さについてはあまり語られることがないですが、ハイザックに込められた意味というのはとても大きいのです。

今日は語らせてください。
ハイザックのデザインはすばらしいのです。

まずなんといっても胸のダクトであります。
いまではおっぱいガンダムスタイルとも呼ばれるこのダクトでありますが、ガンタンク、ガンキャノン、ガンダム、ジムへ脈々と受け継がれるまさに連邦モビルスーツのアイコンと呼んでもいい部分です。
おっぱいガンダムスタイル

などなどを動画でも熱く語ってみました。

で、話のつづきですが、連邦MSのアイコンともいえる胸部ダクトが、ジオンMSの代表であるザクの胸部にくっついてるわけです。それがハイザックなのです。また、バックパックから二本の突起(スラスター的なもの)が伸びておりますけども、これまたガンダムやガンダムMkIIのシルエットを彷彿とさせるわけです。

だけでなく、シールドには連邦軍の十字マークまで。

倒しても倒しても、あれだけ蟻のようにたかってきたザクが、この7年のあいだに連邦の手に落ち迎合したという印象。それがハイザックの現すものです。

機動戦士Zガンダムの放映までは、ファーストガンダム映画三部作、そしてMSVという展開でブームをつないでおりましたが、いきなり新しい世界の幕を開けたのが、このハイザックのデザインだったわけです。

当時MSVで人気だったMS-06R高機動型ザクを思わせる脚部など、ただのザクではない高性能ぶりを匂わせつつ、きたる未来への期待に胸を熱くしたものです。7年経てば高機動型ザクっぽいカスタム機レベルのMSも量産できるのかと。

それでまた、連邦の手に落ちたザクという印象だけでなく、私ら視聴者の頭が切り換わらないことを見越してのハイザックなのです。なにしろ物語の主人公は地球連邦軍ではなくどちらかといえばジオンの考え方にも近いエゥーゴという組織。

そこにガンダムMkIIを持っていかれたわけですから、対する連邦軍(とかティターンズ)のほうにザク(ザコ)がいないと私らの頭では混乱するのです。やっぱり始まりはガンダムvsザクの絵面じゃないと納得しないんですよね。それをスムーズに受け入れさせる役目がハイザックだったと。

だからZガンダムの物語が進展するとハイザック自体は全く印象に残る出演がございません(強いていえばカスタムハイザックくらいのものでしょうか)。物語序盤にて、早々に新型機マラサイなどにとって代わられます。

だからハイザックは、一年戦争からの7年を表現するためと、私らが原体験として持ってるガンダムVSザクの構図ですんなり世界観に導入するために計算されつくした存在だったのです。

ザコといっても、まず第一話ではリックディアス=リックドム的な印象のMSがグリプスに乗り込むわけですが、そのときのザコ役としては連邦のヤラレメカ代表ジム(そのままの印象であるジムII)でありました。

で、主人公が「黒く塗られた」敵のガンダムMkIIを奪取。そのあとで見馴れたトリコロールカラーのガンダムMkIIが緑色のハイザックと対峙すると。まったく上手く考えられておりますね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年11月11日 01:47

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー