link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739
トップページ > iPhone・iPad・iPod > 「iPhone 5」用 16倍望遠レンズ&マクロレンズ キット ZORE16MR

「iPhone 5」用 16倍望遠レンズ&マクロレンズ キット ZORE16MR

iPhoneでカワセミ撮影できる日がくるとは思わなかった(笑)35mm換算で焦点距離528mmという超望遠iPhone 5用コンバージョンレンズ。

知らないあいだにバズタソがAdobeの広報さんになってたそうで(いや、どっかのSNSで読んだような気もする…)、Adobeさんからスマホ手袋をいただきました。

そうそう、スマホ手袋が欲しかったんですよ。なぜなら冬場はカワセミが活発に餌を取るようなので、撮影に出向く機会も多いのです。それに星撮りにもよろしい季節ですし、とにかくスマホ手袋は冬カメラマンの暇つぶしに重宝するわけです。

と、前置きが長くなってしまいましたが、スマホ、カワセミとくればコレですよコレ!

iPhone 5用の16倍望遠レンズ!
サンコ- iPhone5用16倍ズーム&マクロレンズキット ZORE16MR

撮影してみたり、通常のiPhoneと比較してみたりしましたんでご覧くださいませ。

公園で撮影していると、カワセミ好きのおじさんが「スマホでこんなのあるのか!」と声かけてくるほど(笑)皆さん重いシステムには懲り懲りですからね。

サンコーさん(サンコーレアモノショップ)からお借りしてきたときに「12倍」とうかがってたのですが、よくよく確認してみると16倍の製品でした。iPhone 5 が33mmくらいの焦点距離らしいので、余裕で500mm超えちゃってる超望遠なのですね。

これはワンダフル!!
カワセミ

前ボケ良い感じでしょう?
カワセミ

マクロ(=動画では顕微鏡と申しております)アタッチメントもググっと寄れる超接写。ただし寄れるぶん照明は難しくなりますね。

ちなみに望遠としての利用時でも30cmまでフォーカスの目盛りは切ってありましたので、それくらい寄れるってことでしょうね。正確には計ってないけど、ずいぶんと近くのものでも合焦しました。マクロのアタッチメント使うよりもその方がマクロ撮影向きかもしれない。けど、どちらにしろフォーカスは難しいので、近接戦はあまり得意ではなさそう。あくまで遠方の被写体に特化したほうが良さそうなのは他の望遠レンズと同じ。

また、手ブレ補正がiPhone頼みになってしまうので、心もとないのは言うまでもなく、付属の三脚程度では気休めであります。動画ならまだしも写真の場合は別途リモコンを用意してシャッターを切ったほうが良いかと思います。

そんなわけで実用レベルで考えるとちょっと何かもしれませんが、この価格とこのサイズで超望遠というのは、他では考えにくいシステムであります。何が何でもiPhoneで撮影して「あっ」と言わせたいiPhone写真家の皆さんや、デジカメの難しいことは分かんないと投げ出してる方々にはよろしいんじゃないでしょうか。

周辺部はご覧のようにモヤっとしますので、日の丸構図向けかな。
カワセミ

なお、iPhone 4/ 4S用には12倍の望遠レンズも用意されておりました。
サンコ- 12倍望遠レンズ for iPhone4/4S ZOREFIP4

サンコーレアモノショップ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年12月19日 18:20

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー