link1781 link1782 link1783 link1784 link1785 link1786 link1787 link1788 link1789 link1790 link1791 link1792 link1793 link1794 link1795 link1796 link1797 link1798 link1799 link1800 link1801 link1802 link1803 link1804 link1805 link1806 link1807 link1808 link1809 link1810 link1811 link1812 link1813 link1814 link1815 link1816 link1817 link1818 link1819 link1820 link1821 link1822 link1823 link1824 link1825 link1826 link1827 link1828 link1829 link1830 link1831 link1832 link1833 link1834 link1835 link1836 link1837 link1838 link1839 link1840 link1841 link1842 link1843 link1844 link1845 link1846 link1847 link1848 link1849 link1850 link1851 link1852 link1853 link1854 link1855 link1856 link1857 link1858 link1859 link1860 link1861 link1862 link1863 link1864 link1865 link1866 link1867 link1868 link1869 link1870 link1871 link1872 link1873 link1874 link1875 link1876 link1877 link1878 link1879 link1880 link1881 link1882 link1883 link1884 link1885 link1886 link1887 link1888 link1889 link1890 link1891 link1892 link1893 link1894 link1895 link1896 link1897 link1898 link1899 link1900 link1901 link1902 link1903 link1904 link1905 link1906 link1907 link1908 link1909 link1910 link1911 link1912 link1913 link1914 link1915 link1916 link1917
トップページ > グルメ・食文化 > トリシオブットイメン 井の庄

トリシオブットイメン 井の庄

魚粉ラーメンとして有名な「井の庄」ですが、大泉学園にある「井の庄」は鶏スープのあっさりラーメンだったのです。

大泉の井の庄は本家と正反対にあっさり鶏ラーメンだと聞いてやって参りました。

トリシオブットイメン 井の庄
トリシオブットイメン 井の庄 看板

こちらがメニューです。見るからに本家の井の庄とは違いますけれども、魚粉から鶏ベースになっただけで、バリエーション的には似通っていますね。
トリシオブットイメン メニュー

  • トリシオブットイメン
  • トリウオツケメン
  • カラカラブットイメン
  • カラカラツケメン

この中から今回はタイトルナンバーでありますトリシオブットイメンをいただきました。
トリシオブットイメン

かいわれ大根、姫竹 ( ネマガリダケ )、そして大根の挽肉あんかけまで入っております。そして焼豚に加えて蒸し鶏までも!

この具のどれもが美味しい!
特に蒸し鶏は絶品ですね。ていうか焼豚いらない。ラーメンだからって無理して焼豚入れなくていいのに。できれば蒸し鶏をもう一切れ入れてほしいところです。

大根はですね、挽肉のあんがスープに溶け出していくのが残念ですね。美味しいですけど、別に入れなくても良かったかも。でも、美味しいですよ。

スープのほうは鶏と昆布だしのみの塩スープということですが、これがなかなかスッキリした味わいで酔ったあとの締めに効きそうです。昔ながらの支那そば屋にありそうな塩スープですよこれは。ワンタン麺にしても良さそう。

で、そのスープの上にたっぷりと載ってるのがシソ油だそうです。鶏スープのあっさり具合にコクをうまく付け加えております。

さて、最後に本題の麺ですが、これは… ブットイメンというだけあって太いんですけども、それと同時に硬い。うどんみたい。久しくラーメン二郎を食べておりませんが、もしかしたらこんなだったかもしれない。

本家の井の庄自身も、これとは違うけどブットイのが売りの店。とはいえ、あっさり塩スープなんだから細麺のほうが合うでしょこれ?

というわけで、私ぜんぜん口に合いませんでした。細麺ならかなり美味しいラーメンになってるはずなので残念です。

が、皆さん、このページの上に戻ってもういちどメニュー写真をよく見てみてください。いまブログ書きながら気付いてしまったんですが「ホッソイメンに変更可。」だそうですよ! なんだよ、それもっと大きく書いといてよ! 悔しいので近々もう一度ホッソイメンにチャレンジしに行くよ!(ていうか細麺デフォルトにして!)
以下が地図です。

大きな地図で見る



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年2月19日 09:05

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー