link2920 link2921 link2922 link2923 link2924 link2925 link2926 link2927 link2928 link2929 link2930 link2931 link2932 link2933 link2934 link2935 link2936 link2937 link2938 link2939 link2940 link2941 link2942 link2943 link2944 link2945 link2946 link2947 link2948 link2949 link2950 link2951 link2952 link2953 link2954 link2955 link2956 link2957 link2958 link2959 link2960 link2961 link2962 link2963 link2964 link2965 link2966 link2967 link2968 link2969 link2970 link2971 link2972 link2973 link2974 link2975 link2976 link2977 link2978 link2979 link2980 link2981 link2982 link2983 link2984 link2985 link2986 link2987 link2988 link2989 link2990 link2991 link2992 link2993 link2994 link2995 link2996 link2997 link2998 link2999 link3000 link3001 link3002 link3003 link3004 link3005 link3006 link3007 link3008 link3009 link3010 link3011 link3012 link3013 link3014 link3015 link3016 link3017 link3018 link3019 link3020 link3021 link3022 link3023 link3024 link3025 link3026 link3027 link3028 link3029 link3030 link3031 link3032 link3033 link3034 link3035 link3036 link3037 link3038 link3039 link3040 link3041 link3042 link3043 link3044 link3045 link3046 link3047 link3048 link3049 link3050 link3051 link3052 link3053 link3054 link3055 link3056 link3057 link3058 link3059 link3060 link3061 link3062 link3063 link3064 link3065
トップページ > おもちゃ・ホビー > NHKデジスタ番組終了、デジスタ同窓会に行ってきました

Paeoniaceae clipart on PhoPng.

NHKデジスタ番組終了、デジスタ同窓会に行ってきました

数多のクリエイターを輩出した番組が13年の歴史に幕。これまでの関係者が一同に介した同窓会に行って参りました。

先日開催された、デジスタ同窓会に参加してきました。
デジスタ同窓会

デジスタといえばNHKデジスタルスタジアムとして始まった、デジタルアーティストの紹介番組。毎回、著名キュレーターさんによるセレクションを何点か紹介しており、観ているだけでも刺激をうける番組でした。

というわけで、本パーティーでも著名アーティストさんや、今では有名人になられた方々も多数いらしてました。

明和電機の土佐社長に「あれ、ジェットさん今日は何つながりで?」と言われてしまいましたが、いえいえ恥ずかしながら私もじつはこの番組のセレクションに選んでいただいた一人でして。

宇田さんはウダー持って会場で演奏してらっしゃいましたし、アキラボーイ君はこの日は九州で営業なので来られないとか。すっかりみなさん大活躍してますね。

最近ではYouTubeとかニコニコ動画での自己PRがあたりまえになってますし、そこで人気を得る人も多くなっていますよね。そう考えるとデジスタのような番組は、役目を終えたといえるのかもしれません。

ただ、会場にて何人かの方々と意見が一致したのは、いきなり大衆にパッとうけてしまうことはちょっと違うという点です。

キュレーターなり審査員なりの眼鏡にかなうということが実は大切だったりします。悪く言うとそれは目の上のたんこぶですので、避けて通るならYouTubeやニコ動という選択肢も悪くない。

でも、そうではなくて、審美眼のものすごく高い人たちに認めてもらえるということもまた価値あることです。そしてデジスタ終了というのは、そういう機会がひとつ減ったということです。

あんまり言うと、芸術と貴族みたいな時代逆行になってしまいますが、Web 2.0 のような大革命で失いつつある大切な部分でもあると感じてます。集合知を期待していたら衆愚だったというような話も多々聞く今だからこそ、あらためてそういったことについて考えずにはいられません。

そして梅田望夫「ウェブ進化論」などを想い出しつつ、それでも我々は前に進んでいくしかないのだなと。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年3月20日 22:06

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー