link2774 link2775 link2776 link2777 link2778 link2779 link2780 link2781 link2782 link2783 link2784 link2785 link2786 link2787 link2788 link2789 link2790 link2791 link2792 link2793 link2794 link2795 link2796 link2797 link2798 link2799 link2800 link2801 link2802 link2803 link2804 link2805 link2806 link2807 link2808 link2809 link2810 link2811 link2812 link2813 link2814 link2815 link2816 link2817 link2818 link2819 link2820 link2821 link2822 link2823 link2824 link2825 link2826 link2827 link2828 link2829 link2830 link2831 link2832 link2833 link2834 link2835 link2836 link2837 link2838 link2839 link2840 link2841 link2842 link2843 link2844 link2845 link2846 link2847 link2848 link2849 link2850 link2851 link2852 link2853 link2854 link2855 link2856 link2857 link2858 link2859 link2860 link2861 link2862 link2863 link2864 link2865 link2866 link2867 link2868 link2869 link2870 link2871 link2872 link2873 link2874 link2875 link2876 link2877 link2878 link2879 link2880 link2881 link2882 link2883 link2884 link2885 link2886 link2887 link2888 link2889 link2890 link2891 link2892 link2893 link2894 link2895 link2896 link2897 link2898 link2899 link2900 link2901 link2902 link2903 link2904 link2905 link2906 link2907 link2908 link2909 link2910 link2911 link2912 link2913 link2914 link2915 link2916 link2917 link2918 link2919
トップページ > グルメ・食文化, 旅行・乗物 > 新大久保のイケメン通りに息子を連れていってみた

新大久保のイケメン通りに息子を連れていってみた

いちばん近い韓国へ、電車に乗って行ってきた話。

韓流カルチャーが大盛況の昨今ですが、これからの日本を担う若者に「文化の輸出」とはどういうものか、理解を深めてもらおうというわけで、息子を新大久保のイケメン通りに連れていきました。

コーラだマクドナルドだということになると平成生まれには今さら感強いでしょうから、やっぱりそういう事なら新大久保を見ておくのが一番分かるのかなと。

(この冬、新大久保カルチャーに詳しい KEN3TV が新大久保フォトウォークを開催したのですが、そんとき通ったコースの受け売りになります。)

とか言いつつ、ここからは食べ物の写真しか出てこないのですが(笑)

イケメン通りで韓流アイドルやらハングルのPOPやら、あからさまに日本ではなさげな異空間を目の当たりにしてビックリしつつ、そのまま職安通まで突き進んで、カナダラというカフェに入りました。
韓国海苔巻
上の写真は韓国海苔巻。もちろん韓国海苔で巻いてある。

韓国のラーメンつったらインスタントなんだぜと
カナダララーメン

しかも辛い。冷えた体に最適。こりゃチゲ鍋の具に似てるよなと。
カナダララーメン具

同行した嫁が、ここのクルミ饅頭を以前みやげ物でもらって食べたらしく、また食べたいということで注文
クルミ饅頭

屋台で売ってそうな大した饅頭ではないのですが、クルミ入ってるのがポイントですね。うまい。
クルミまんじゅう

で、前出の KEN3TV に薦められた「でじにらんど」へ。
でじにらんど

サイダー頼んだら「LOTTE」でした。
LOTTE サイダー

サムギョプサル(豚肉の鉄板焼き)をいただきました!うまい
サムギョプサル

ということで、外国の文化がなんだかんだと言いつつ、グルメ紀行になっておりますが、要は食い物から差異を感じ取るのが「体で理解する」には良いかなと。

日本で馴れ親しんだ「海苔巻」や「ラーメン」といったものすら、知ってるものとはまるで別物が出てくるわけです。そういったところからも、何か感じとってくれたなら良いなと思います。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月 3日 20:41

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー