link5986 link5987 link5988 link5989 link5990 link5991 link5992 link5993 link5994 link5995 link5996 link5997 link5998 link5999 link6000 link6001 link6002 link6003 link6004 link6005 link6006 link6007 link6008 link6009 link6010 link6011 link6012 link6013 link6014 link6015 link6016 link6017 link6018 link6019 link6020 link6021 link6022 link6023 link6024 link6025 link6026 link6027 link6028 link6029 link6030 link6031 link6032 link6033 link6034 link6035 link6036 link6037 link6038 link6039 link6040 link6041 link6042 link6043 link6044 link6045 link6046 link6047 link6048 link6049 link6050 link6051 link6052 link6053 link6054 link6055 link6056 link6057 link6058 link6059 link6060 link6061 link6062 link6063 link6064 link6065 link6066 link6067 link6068 link6069 link6070 link6071 link6072 link6073 link6074 link6075 link6076 link6077 link6078 link6079 link6080 link6081 link6082 link6083 link6084 link6085 link6086 link6087 link6088 link6089 link6090 link6091 link6092 link6093 link6094 link6095 link6096 link6097 link6098 link6099 link6100 link6101 link6102 link6103 link6104 link6105 link6106 link6107 link6108 link6109 link6110 link6111 link6112 link6113 link6114 link6115 link6116 link6117 link6118 link6119 link6120 link6121 link6122 link6123 link6124 link6125 link6126 link6127 link6128 link6129 link6130 link6131
トップページ > 旅行・乗物 > 京都の桜を語るなら桜守 佐野藤右衛門の庭を見てからだ

京都の桜を語るなら桜守 佐野藤右衛門の庭を見てからだ

京に桜の名所は数あれど、円山公園の桜守(さくらもり) 佐野藤右衛門の庭を見ずに京都の桜は語れない。

京都 桜めぐりシリーズとして、二条城の夜桜木屋町 高瀬川の桜並木京都 円山公園 八坂神社の桜東寺の不二桜と足早に駆け回って来ましたが、最後を飾るのはそれに相応しい個人宅のお庭です。

個人宅?

まあまあ落ち着いてください。
個人宅のお庭といっても、ただの個人ではございません。桜の名所中の名所ともいえる京都祇園の円山公園にて、三代にわたり桜守をつとめる第16代 佐野藤右衛門さんのお宅です。

ジャーン!!
円山公園の枝垂桜に勝るとも劣らない見事な桜
桜守 パノラマ 祇園シダレ

桜守 パノラマ

円山公園のと同じ祇園シダレという桜であります。
祇園シダレ 立派な桜の樹

そっと視線を横に向ければ、竹林の緑とのコントラストもまた美しい。
桜の森と竹林と

まあとにかくどこに目を向けても美しい。
満開の桜

しだれとる!
枝垂桜の花

これもしだれとる!
桜の庭

うっとりしますね。
枝垂桜の花

朝早かったにも関わらず、私ら夫婦のほかに、初老のご夫婦や、写真が趣味と思しきご婦人方がいらしてました。その後もひっきりなしに人が訪れる訪れる。

嗚呼、桜のしなだれる素敵なガレージ!
桜とミニ

第十六代の佐野藤右衛門さんは、お宅のスグそばにある植藤造園(うえとうぞうえん)会長さんということでして、どこからどこまでがお屋敷のお庭で、どこまでが造園のためのエリアなのか境界がよく分かりませんけども、とにかく桜の木々の本数たるや花見の名所もビックリするほど。

見上げれば桜がある
桜を見上げる

振り返っても桜がある
桜

白い花もあれば
桜花 白

薄らピンクの花もある
桜花 ピンク

こんな濃い紅色さえも!
紅色の桜

現在は約200種の桜を保存しているとか。そりゃ桜のトンネルにもなりますわ。
桜咲く道

桜の参観は自由にできます。しかし、あくまで個人の敷地内ですので、飲食や騒いだりは控えてくださいね。
塀と桜

住所は「京都府京都市右京区山越中町13番地」
駐車場などもございませんから、公共交通機関を利用しての訪問がよろしいかと思います。夕方にはかがり火も焚かれるそうです。
枝垂桜

・阪急四条大宮駅より市バス26号系統『宇多野山越行』「山越」下車
・京阪三条京阪駅より市バス10号・59号系統『宇多野山越行』「山越」下車

私は朝早くに四条大宮から市バスに乗って行きました。26系統バスの終点であります。
四条通

塀の影と桜

植藤造園ホームページの交通案内は以下のリンク先に
http://www.uetoh.co.jp/company/map.htm



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月11日 18:12

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー