link2466 link2467 link2468 link2469 link2470 link2471 link2472 link2473 link2474 link2475 link2476 link2477 link2478 link2479 link2480 link2481 link2482 link2483 link2484 link2485 link2486 link2487 link2488 link2489 link2490 link2491 link2492 link2493 link2494 link2495 link2496 link2497 link2498 link2499 link2500 link2501 link2502 link2503 link2504 link2505 link2506 link2507 link2508 link2509 link2510 link2511 link2512 link2513 link2514 link2515 link2516 link2517 link2518 link2519 link2520 link2521 link2522 link2523 link2524 link2525 link2526 link2527 link2528 link2529 link2530 link2531 link2532 link2533 link2534 link2535 link2536 link2537 link2538 link2539 link2540 link2541 link2542 link2543 link2544 link2545 link2546 link2547 link2548 link2549 link2550 link2551 link2552 link2553 link2554 link2555 link2556 link2557 link2558 link2559 link2560 link2561 link2562 link2563 link2564 link2565 link2566 link2567 link2568 link2569 link2570 link2571 link2572 link2573 link2574 link2575 link2576 link2577 link2578 link2579 link2580 link2581 link2582 link2583 link2584 link2585 link2586 link2587 link2588 link2589 link2590 link2591 link2592 link2593 link2594 link2595 link2596 link2597 link2598 link2599 link2600 link2601 link2602
トップページ > 雑誌・書籍 > 必ず結果が出るブログ運営テクニック100

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

プロ・ブロガーが教える「俺メディア」の極意。月間100万ページビューの二大巨頭「和洋風◎」と「ネタフル」が惜しみなく公開するブログ運営のティップス100

日本を代表するプロ・ブロガー、コグレさん、するぷさんによるブログ運営テクニック本です。
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意

先月この本の出版記念パーティーに参加した際に献本いただきました。

本といっても1ページ目から順を追って読む必要はなく、1章1テクニック形式で100まで書かれておりますので、ザッピング感覚でペラペラとめくり、目にとまった見出しから読み始めていいという、たいへん気楽な読みものです。

プロ・ブロガーの本だけに、ブログに書く内容についてのアドバイス、ソーシャルメディア連携、アフィリエイト、そしてツール紹介などが多いです。が、「コメント疲れ」のようなメンタル面についても言及している辺りで、本書がただのテクニック紹介ではないことがよく分かります。間違いなくこの著者ふたりは優しい(笑)

例えば「気になるブロガーと思い切って実際に会う」という見出しがありますけども、実際のところ「思い切らなくても」連絡とれるのが今時のネット活用だったりするので、著者の人間性が垣間見えてきて面白いです。

そもそもブログの面白いところは、書いてる人の人間性が見えちゃうところだと思います。大手ニュースサイトや五大紙と同じネタ拾ってこようと、明らかに違うもの=ブロガーその人の言葉になっているという点。どこかの誰かが延々と社説だけ書き溜めてるような感じですかね。本書にもその風味が漂っています。嗚呼こりゃただの冷徹なテクニック指南本とは違うね、と。

各テクニック本文の後「こんな結果が出る!」という欄にて、実際に期待できる成果を2つほど挙げています。どんな結果のためにその施策をやるのか分かるのはとても良いですね。行き先が分かれば頑張ることもできるでしょうし、反対に「この結果だったら今は不要かも」という判断もしやすいです。

ところで僕とコグレさんは昔おなじ会社で働いてたことがありました。その後(のあれこれは端折りますが)しばらくしてコグレさんはプロ・ブロガーとして独立し、かたや僕は今でも "ただの" ブロガーです。ノウハウを積み重ね実践してきたブログと、のらりくらりと更新してるただのブログでは、長い目で見るとそれだけ差が出るということですね。

そう言われると、本書に書かれた「必ず結果が出るブログ運営テクニック」の詳細が知りたくなってきませんか? また、ブロガーさんだけでなく企業のウェブ担当者の方なども、読んでみると意外に参考になりそうな事がたくさん書かれていますよ!
必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える"俺メディア"の極意



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月14日 20:45

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー