link2190 link2191 link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328 link2329 link2330 link2331 link2332 link2333 link2334 link2335
トップページ > 社会・国際・政経 > ノマドワークを語るなら練馬の漫画家・アニメ屋を忘れてはいけない

Bank png on PhoPng.

ノマドワークを語るなら練馬の漫画家・アニメ屋を忘れてはいけない

鉛筆一本で渡り歩くフリーランスの絵コンテマン、脚本家、漫画家の存在を無視して、ノマドワークなどと歯切れのいい言葉を口にできようか

僕がこの練馬区(=「まち」と読む)に引っ越してきたとき、最初に住んだマンションの向かいには、某アニメ会社の大きなビルがあった。

ファミレスや喫茶店などに行くと必ずといっていいほど茶封筒を持った男がいて、漫画やらアニメやらの打ち合わせをしたり、絵コンテを描いたりしていた。

僕自身、この石神井公園の近くに住むことになったのはアニメ屋さんの影響だ。

まだ前世紀のこと。
大阪で会社員をやりながら、その他にアニメやゲーム関連の仕事を請けていた僕だが、いつまでも関西でくすぶっていても仕方ないので上京しようと思い立った。そこで相談したアニメ屋の友人が「じゃあ石神井公園かな」と薦めてくれたのだ。

子供もいたし、大阪城公園の近辺に住んでたときの印象もあって、東京で大きな公園の近くに住みたいと言ったのだ。それで返ってきた答えが石神井公園だったというわけ。

あ、そうそう、なぜ練馬区とアニメ屋が関係あるのかといえば、トキワ荘のあった場所から東京の北西へと関連する諸々が放射状に広がっていったために、練馬区界隈はアニメ・マンガ関係の方々がヒジョーに多いと言われてる。

件の友人も例によって練馬区のプロダクション勤務で練馬区在住だったので、大きな公園と言われれば「石神井公園!」と口をついて出てきたと。

実際住んでみて、当時はアニメ屋さんとかゲーム屋さんからの仕事が主だったので、西武池袋線にほとんどの訪問先が含まれているというのがなかなか便利だった。

その後、大好きだったミリタリーブランドの東京ファントムでデザイナーをやることになったんだけど、これも西武線沿線ということで、特に引っ越す必要もなくそのまま練馬区に住み続けた。

そんな生活環境で気づいたのが茶封筒の男たちの存在。おもにジョナサンに出没。漫画のネームなのかアニメの絵コンテなのか、とにかく黙々と描いてたりする。または二人組で談笑しながらアニメのストーリーについて語ってる。おそらく監督さんか脚本家か。

なぜそこまで目にとまるかと言えば、僕自身もジョナサンに仕事を持ち込んでいたから。今だったらノートパソコンを持っていくところだけど、当時はタワー型のMacでないとろくにやりたいこともできないどころか、そもそもPowerBook自体がスペックに比して割高のうえに重過ぎて使う気にもならなかったという…

それでも外で仕事できたのは、鉛筆一本でやれたから。

広告やカタログなんかの仕事はぜんぶ鉛筆と白黒コピーの切り抜きでレイアウト決めて、あとはDTPやる会社に外注してたし、Flashアニメーションやイラストの仕事なんかも社外から請けていたけど、それも基本は鉛筆から組み立てるし。

で、同じくジョナサンにいるアニメ屋さんたちも同様なの。鉛筆一本でシコシコやってるんだな。あと、もう少し上の世代の人たちは文筆家なのか、原稿用紙に向かう人もたまにいたな。

なぜこんなことを書いているかといえば、今まさにファミレスにいて、僕の隣の席には絵コンテマンがシコシコと絵コンテ用紙を埋めているから。嗚呼こりゃ昔ながらのノマドワーカーじゃないかと思ってしまったのだ。

フリーランスの絵コンテマンなんて練馬区にはなんぼでもいて、昔からファミレスで描いてるのだ。

ノートパソコンのスペックが上がった、モバイル通信環境が整った、それでようやくオフィスの外に出られるようになった職業=いまどきのノマドワーカーという存在は、彼ら絵コンテマンにしてみれば ようこそおこしやすといった感じだろう。「2001年宇宙の旅」でいえば、ようやく君らも木星まで来たかと。さあスターチャイルドになりなはれと。いや、知らんけど(笑)そんな考えに及ぶこともないほど常態かもしれない。

結局のところ、田畑も漁場も工場も店舗も持たずの業態ならノマドスタイルが出てくるのも当然で、パソコンと通信に縛られた人々の羽化が遅かったというだけだ。

さて、ノマド、ノマドと騒がれると案の定、こういうことを言う子供が出てくる。

「僕も大人になったらカフェで仕事したいです」

なんだかなあ。
君はサッカー選手とかパイロットにでもなりなさい(笑)

あと、よく尋ねられるのは

「MacBook Airでも動画編集できますか」

こちとらCPUクロックが数十メガヘルツの時代からDTVやってたわけで何をか言わんや。そもそもそんな時代でもどうにかなったのは、それ以前の経験があるからで、

「僕も大人になったらカフェで仕事したいです」

なんてことを本気で言ってるなら職の不在すぎて手に負えない。

「僕も大人になったら海で仕事したいです」でもいいし

「僕も大人になったら廊下で仕事したいです」ですらいい

やれやれ。
やりなさい。
やればいいよ。

それにしてもなあ、昔いた会社で「特定の座席を決めない」所謂フリーアドレスが提案されて、僕の使用するMacやら大画面モニタまでもがノートにされてしまいそうになったときは猛反対したものだが、そんな僕も今ではノートしか使っていない。それで充分だとすら言ってしまう。すごいね色々と。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月17日 03:05

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー