link3066 link3067 link3068 link3069 link3070 link3071 link3072 link3073 link3074 link3075 link3076 link3077 link3078 link3079 link3080 link3081 link3082 link3083 link3084 link3085 link3086 link3087 link3088 link3089 link3090 link3091 link3092 link3093 link3094 link3095 link3096 link3097 link3098 link3099 link3100 link3101 link3102 link3103 link3104 link3105 link3106 link3107 link3108 link3109 link3110 link3111 link3112 link3113 link3114 link3115 link3116 link3117 link3118 link3119 link3120 link3121 link3122 link3123 link3124 link3125 link3126 link3127 link3128 link3129 link3130 link3131 link3132 link3133 link3134 link3135 link3136 link3137 link3138 link3139 link3140 link3141 link3142 link3143 link3144 link3145 link3146 link3147 link3148 link3149 link3150 link3151 link3152 link3153 link3154 link3155 link3156 link3157 link3158 link3159 link3160 link3161 link3162 link3163 link3164 link3165 link3166 link3167 link3168 link3169 link3170 link3171 link3172 link3173 link3174 link3175 link3176 link3177 link3178 link3179 link3180 link3181 link3182 link3183 link3184 link3185 link3186 link3187 link3188 link3189 link3190 link3191 link3192 link3193 link3194 link3195 link3196 link3197 link3198 link3199 link3200 link3201 link3202 link3203 link3204 link3205 link3206 link3207 link3208 link3209 link3210 link3211
トップページ > iPhone・iPad・iPod, 雑誌・書籍 > 【PR】うごく絵本「オズの魔法使い」のクオリティ高すぎ

【PR】うごく絵本「オズの魔法使い」のクオリティ高すぎ

【電子書籍】iPadのインタラクティブ絵本。絵柄こそ違うものの、かの名作CD-ROM「おばあちゃんとぼくと」を思い出してしまいました。

アジャイルメディア・タイアップ・レビュー。この記事は、アジャイルメディア・ネットワークのタイアップです。

初代「iPad」が発表されたころ、同時に電子書籍ブームが沸き起こったことはまだ記憶に新しいですよね。

個人的にもいくつか企画に携わりましたが、どうも人々の向いてる方向が違いすぎて頓挫してばかりでした。私がどうしてもイメージしてしまうのは、かの名作CD-ROM「おばあちゃんとぼくと」でありまして、書籍というよりはインタラクティブ絵本のほうなんですよね。

故に、ビートルズの「イエローサブマリン」がその方向でiBooksリリースされた時には飛び上がって喜びました。他にもいくつかインタラクティブ絵本のアプリがありますけれども、今回ご紹介するのはかなり力の入った作品です。しかもその題材は「超」がつくほどの名作。

オズの魔法使い
表紙

以前に英語学習アプリをレビューさせてもらって、私が「日本のベンダーももっと頑張らないと」と驚愕してしまったpodotree社の製品です。
参考リンク:韓国発 podotree のアプリ開発力に驚いた!

当時もiOS上での「3D表現」のクオリティに驚きましたが、今回は3Dレイヤーを上手く用いた絵本となっています。例えば iPad 自体を傾けることで、3Dレイヤーの並びが動いて、見える景色が変わります。(下図:クレーンで撮影したような効果が得られている)
傾き検知

公式デモ動画もございますので、あわせてご覧ください。

このスムーズな3Dレイヤーの動きを実現しているのが、同社の3Dエンジン「デキャンタ」と呼ばれるものだそうです。

3D開発エンジニアはまだまだ数が少ないためコストがかさみますが、なんと「デキャンタ」を導入することで3Dアニメーターと企画者のみでインタラクティブアプリケーションを作成できるとのこと。私も制作者の端くれとしては興味津々ですね。使ってみたい気がします。

さて、話を絵本のほうに戻しますが、3D表現がすごいだけでなく、いちいちインタラクティブです。とにかくインタラクティブです。画面をさわるたびに何か起きる。
インタラクティブ画面

先ほどから挙げている「おばあちゃんとぼくと」を思い出さずにはいられません。絵に触れるごとに跳ねたり飛んだり歩いたり。絵柄の好みは別として、子供ウケする要素は沢山あります。そうそう、私の好きな電子書籍というのはこういうものです。

しかもお話は音声付きで読み上げてくれます。
お話

こういったソフトの良いところはですね、親御さんが手放しで子供を遊ばせておけるという点ですね。小さいお子さんのいるご家庭で、ちょっと仕事を片付けたいお父さん、ささっと夕飯の準備をしたいお母さんにうってつけではないでしょうか。App Store にて4月19日より販売開始です。

■タイトル:「オズの魔法使い — Oz for iPad
■価格:450円
■対応デバイス:iPad
■対応OS:iOS4.0以上
■発売日:4月19日(木)(4月18日プレオープン)
■ダウンロードリンク:http://itunes.apple.com/app/id510562431&mt=8

■動画一覧
紹介動画:http://bit.ly/OzJP_v
体験動画:http://bit.ly/OzTest

さて、今回の発売にあたりTwitterキャンペーンが開催されるそうです。
キャンペーン

まずは「オズの魔法使い」アプリ内に隠れている15匹の翼サルを探すところから!以下のキャンペーンページへのリンクもご覧くださいませ。
「オズの魔法使い」Twitterキャンペーン

@キャンペーン情報

■1+1キャンペーン
「オズの魔法使い」日本語版アプリを購入した方に、
期間限定で英語版をプレゼントいたします。
購入方法はiTunesストア内をご確認ください。
キャンペーン期間は4月19日(木)〜 22日(日) まで。

■15モンキーTwitterキャンペーン
「オズの魔法使い」を最後のページまでめくると、今まで見えなかった
翼ザルがイラストの中に現れます。この隠れている15匹の翼ザルをすべて
見つけた方を対象に、抽選で50名様に「iTunes 1500円分」をプレゼント
いたします。
15匹の翼ザルを見つけると、アプリ内に参加リンクが出現します。
そのリンクから、参加ユーザーのアカウントを活用しTwiiterにアプリの
感想を書くことでキャンペーンに参加できます。
当選者には、「iTunes 1500円分」のコードをEメールにて送付いたしま
す。キャンペーン期間は4月18日(水)から5月2日(水)まで。

キャンペーン紹介ページ
http://bit.ly/OzWebPageJP

※iPadアプリ「オズの魔法使い」プロモーションページ。
http://bit.ly/OzWebPageMainJP



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月19日 17:10

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー