link5460 link5461 link5462 link5463 link5464 link5465 link5466 link5467 link5468 link5469 link5470 link5471 link5472 link5473 link5474 link5475 link5476 link5477 link5478 link5479 link5480 link5481 link5482 link5483 link5484 link5485 link5486 link5487 link5488 link5489 link5490 link5491 link5492 link5493 link5494 link5495 link5496 link5497 link5498 link5499 link5500 link5501 link5502 link5503 link5504 link5505 link5506 link5507 link5508 link5509 link5510 link5511 link5512 link5513 link5514 link5515 link5516 link5517 link5518 link5519 link5520 link5521 link5522 link5523 link5524 link5525 link5526 link5527 link5528 link5529 link5530 link5531 link5532 link5533 link5534 link5535 link5536 link5537 link5538 link5539 link5540 link5541 link5542 link5543 link5544 link5545 link5546 link5547 link5548 link5549 link5550 link5551 link5552 link5553 link5554 link5555 link5556 link5557 link5558 link5559 link5560 link5561 link5562 link5563 link5564 link5565 link5566 link5567 link5568 link5569 link5570 link5571 link5572 link5573 link5574 link5575 link5576 link5577 link5578 link5579 link5580 link5581 link5582 link5583 link5584 link5585 link5586 link5587 link5588 link5589 link5590 link5591 link5592 link5593 link5594 link5595 link5596 link5597 link5598 link5599
トップページ > Handycam > 空間光学手ブレ補正 ソニーハンディカムHDR-PJ760V購入

空間光学手ブレ補正 ソニーハンディカムHDR-PJ760V購入

語弊を恐れず言えばステディカム内蔵して10万円切ったような物ですから、大変な時代になったものです。

HDR-PJ760V

忌々しきAVCHDとの闘いも終わりました。
これからはMacユーザの方でも安心してAVCHDビデオカメラを購入して良い時代です。詳しい理由は、昨日の記事 MacでもAVCHDビデオを扱える神ツール「Media Converter」 をお読みください。

さて、今ネットでとても話題なのが空間光学手ブレ補正機能搭載のハンディカム SONY Handycam HDR-PJ760V および同 HDR-CX720V であります。

なんとレンズユニットごと内部でつり下げてるもんだから、従来の手ブレ補正とは比にならんほどのブレなさ。私もひとのを借りてちょっと使わせてもらったのですが、もうこれ見ちゃうと毎度のデジイチやiPhoneでの撮影の苦労が何だったのかと思ってしまいますね。

で、即購入!
毎度おなじみ動画で詳細レビューしてみましたのでご覧ください。

付属品はいろいろとあるんですけれども、最近はどうも充電器を付けずに本体価格を抑えるみたいで、別途アクセサリーキットも購入いたしました。

アクセサリーキットを買わない場合には、本体据え付けのUSBケーブルにて充電することができます。で、そのUSBケーブルは充電だけでなくマスストレージ接続もできてしまうんですね。それでMacに接続して、冒頭にて紹介した「Media Converter」を使って読込むと。
HDR-PJ760V

もちろんSDHCカードも利用できるんですが、このPJ760Vでは内蔵メモリが96GBもあります。これによって先日の7時間にも及ぶ長時間撮影もこなすことができました。ちなみに下位機種のCX720Vでさえ64GBのメモリ内蔵です。

さてその下位機種CX720Vとの違いですが、まずPJ760Vでは型番の通りプロジェクターを装備しております。そして先述の通りメモリ容量、それからビューファインダーも装備してるんですね。これが直角までは曲がらないものの、ローアングル撮影用のアングルファインダーとしても使えるスグレモノ。画質的には特筆すべき点のないただの小型液晶ファインダーではありますが、ビデオカメラは日中屋外で使用することも多いだけに、これがあると助かります。

大型液晶画面はとても綺麗ですね。これはメニュー操作などのタッチパネルも兼ねます。それだけに、せっかく綺麗な液晶表示でも、指紋でベタベタになるのは少し残念な点でした。せめてアクリルで覆えば拭き取りやすいとは思うんですけども、ビデオカメラは軽量化も切実ですもんね。

で、肝心の空間光学手ブレ補正ですが、これは動画でチラ見せした通り、大変好感触であります。立ち止まって撮るぶんには油圧式雲台のビデオ三脚を使用しているかのようなスムーズさを発揮。歩いて撮影するぶんにもそーっと歩けばステディカム型のスタビライザーに勝るとも劣らない潜在能力を感じとれました。

レンズフィルター径は52mmとなっておりますが、37mmへのステップダウンリングもあるので、従来品のコンバージョンレンズも流用できそうです。とはいえあれだけ内蔵ユニットの向きが動くので、ワイコンなどはアクティブモードだとケラレるでしょうね。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年4月30日 11:56

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー