link2603 link2604 link2605 link2606 link2607 link2608 link2609 link2610 link2611 link2612 link2613 link2614 link2615 link2616 link2617 link2618 link2619 link2620 link2621 link2622 link2623 link2624 link2625 link2626 link2627 link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739
トップページ > エレクトロニクス > [PR] 電源コンセント経由でインターネット接続 PLCアダプター「PLC-ET/M2-S」

[PR] 電源コンセント経由でインターネット接続 PLCアダプター「PLC-ET/M2-S」

別フロアに Wi-Fi 電波が届かない等で困っている場合に。新たなインターネット回線を引かずとも、電力線を経由してLANにつながります。

[PR] この記事はタイアップ企画です。当ブログと企業・団体等とのタイアップによる記事です。

純粋に技術的興味のある方だけでなく、お家が広すぎてWi-Fiの電波が届かない、または家屋内の遮蔽物などで同様にお困りの方は必読であります。

PLCってなんぞや!?
パワー・ライン・コミュニケーション(Power Line Communication)の略で、日本語では「電力線搬送通信」というそうですが、それでもピンと来ないですよね。

ものすごく簡単にいうと、家庭の電気配線も LANケーブルとして活用してしまおうというものなんですね。だから電源コンセントを経由してインターネットにもつながると。

今回試すことになった PLCアダプターこそ、それを可能にする機器であります。
PLCアダプター

メーカー製品ページへ
PLC-ET/M2シリーズ | コンセントLAN(PLC)

メーカー直販ページへ
PC周辺機器 IO DATA PLC-ET/M2: ネットワーク

ワケあり品コーナー
http://www.ioplaza.jp/shop/g/g36-PLCETM2S-002/

写真の通り、同じもの二台セットになっております。
片側はLANポート、逆側は電源ケーブル。つまりこのPLCアダプターによって、電力線を通ってきた信号を、LANで使えるように変換してるわけですね。試用動画がございますのでご覧くださいませ。

設定というほどの設定もなく、親機・子機ともにLANケーブルとコンセントにつなぐだけでした。強いて言えば、機器の認識のためにルーターを再起動したくらい。

設定イメージとしてはパッケージ裏のこの図が分かりやすいでしょう。
PLCアダプター設置図

親機ふくめて最大16台まで接続できるということで、例えば工場を兼ねた事務所であるとか、学校施設なんかでも良いかもしれないですね。複数のインターネット回線を契約せずとも済みます。
PLCアダプター使用例

上の動画中ではおもに子機のLANポートから有線でパソコンに接続しての試用ですが、これは有線LANに限った製品ではありません。子機をさらにWi-Fiルーターへと接続すれば、別フロア等でも無線LAN環境が構築できます。
PLC

セキュリティ設定のほうも簡単。
親機のボタンを押下してから、5秒以内に子機のボタンも押下することで、その子機のみ認識するようにできます。万が一LANに接続できなかった場合、返金サービスもあるとのことで、気軽に試せるのもこの製品の良いところですね。

メーカー直販ページへ
PC周辺機器 IO DATA PLC-ET/M2: ネットワーク

ワケあり品コーナー
http://www.ioplaza.jp/shop/g/g36-PLCETM2S-002/

メーカー製品ページへ
PLC-ET/M2シリーズ | コンセントLAN(PLC)

※ アイ・オー・データ機器タイアップ記事です。
※※ レビューに使用した製品はアイ・オー・データ機器より提供されています。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月 1日 19:09

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー