link3151 link3152 link3153 link3154 link3155 link3156 link3157 link3158 link3159 link3160 link3161 link3162 link3163 link3164 link3165 link3166 link3167 link3168 link3169 link3170 link3171 link3172 link3173 link3174 link3175 link3176 link3177 link3178 link3179 link3180 link3181 link3182 link3183 link3184 link3185 link3186 link3187 link3188 link3189 link3190 link3191 link3192 link3193 link3194 link3195 link3196 link3197 link3198 link3199 link3200 link3201 link3202 link3203 link3204 link3205 link3206 link3207 link3208 link3209 link3210 link3211 link3212 link3213 link3214 link3215 link3216 link3217 link3218 link3219 link3220 link3221 link3222 link3223 link3224 link3225 link3226 link3227 link3228 link3229 link3230 link3231 link3232 link3233 link3234 link3235 link3236 link3237 link3238 link3239 link3240 link3241 link3242 link3243 link3244 link3245 link3246 link3247 link3248 link3249 link3250 link3251 link3252 link3253 link3254 link3255 link3256 link3257 link3258 link3259 link3260 link3261 link3262 link3263 link3264 link3265 link3266 link3267 link3268 link3269 link3270 link3271 link3272 link3273 link3274 link3275 link3276 link3277 link3278 link3279 link3280 link3281 link3282 link3283 link3284 link3285 link3286 link3287
トップページ > iPhone・iPad・iPod > FM音源シンセアプリ「iYM2151」をちょっと試してみた

FM音源シンセアプリ「iYM2151」をちょっと試してみた

速報レベルなので使い込んでませんが、ちょろっと触りだけでもご覧くださいませ。

先日のニコニコ超会議にて公開された「iYM2151」であります。
iYM2151

僕も初めての打ち込みはMSXではありましたが、あまりここら辺は詳しいわけではないので、ICONの記事より以下引用させていただきます。
DETUNEの噂のiPad用App、「iYM2151」が販売開始......80年代に一世を風靡したFM音源チップYM2151を完全再現!

iPad専用iOS Appである「iYM2151」は、80年代にアーケード・ゲームや家庭用コンピューターに搭載されていたヤマハ製FM音源チップ「YM2151」を完全シミュレートしたソフトウェア・シンセサイザー。あの時代のあのサウンドを完全に再現することが可能になっています。

というものです。

今朝起きたらフェイスブックで佐野電磁さんからプロモコードが届いておりましたので、ありがたく試用させていただきました。
iYM2151 iPad App Simulator of YAMAHA YM2151 FM Synthesizer

最初見たとき、UIデザインのとっつきにくさに「はぁ?」と思ったのですが、案外なんてことなかったです。単に80年代調にしてあるだけであって、操作自体は今風にタッチしていけばOKですね。初めて起動してから15分くらいで上のようなループは作れました。

ていうか泣ける。さわってるだけで、昔ピコピコしてたこと思い出して泣ける。

アナクロなその画面から、さほど音色いじりなどは期待できないのではないかと思ってしまいましたが、これまた案外簡単にエディットできてしまい拍子抜けしました。上の動画でもご覧いただいた通りです。

ピアノロールシーケンサでのステップ入力とは別に、キーボード画面でのリアルタイム入力もできます。ピッチベンド、モジュレーション付き。
Keyboard

8トラック、同時発音数 8(1トラックにつき1音かな)ということで、またこの制限があれですよね。和音をどうしてやろうか、ドラムをどうしてやろうか等々、色々頭をひねって考えるのが面白くてハマりそう。

PDFマニュアルが以下のリンク先に用意されてますので、iPhoneやiPadなどに保存して、これを眺めながら操作を覚えることもできますね。
http://www.detune.co.jp/detune/iym2151_files/iYM2151_Manual_120402.pdf

アプリのダウンロードは以下のリンク先より。価格は現在3,000円。
iYM2151 — DETUNE Ltd.
iYM2151 — DETUNE Ltd.

それにしても「I am Synth」をリリースしたばかりだというのに、Detuneは勢力的ですね。今後も期待大です。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月 4日 17:32

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー