link3836 link3837 link3838 link3839 link3840 link3841 link3842 link3843 link3844 link3845 link3846 link3847 link3848 link3849 link3850 link3851 link3852 link3853 link3854 link3855 link3856 link3857 link3858 link3859 link3860 link3861 link3862 link3863 link3864 link3865 link3866 link3867 link3868 link3869 link3870 link3871 link3872 link3873 link3874 link3875 link3876 link3877 link3878 link3879 link3880 link3881 link3882 link3883 link3884 link3885 link3886 link3887 link3888 link3889 link3890 link3891 link3892 link3893 link3894 link3895 link3896 link3897 link3898 link3899 link3900 link3901 link3902 link3903 link3904 link3905 link3906 link3907 link3908 link3909 link3910 link3911 link3912 link3913 link3914 link3915 link3916 link3917 link3918 link3919 link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972
トップページ > iPhone・iPad・iPod, 防水デジカメ > 防水デジカメ(防水ムービー)のブームを振り返りつつ、防水デジカメを買わなくなった理由などを書いてみる

防水デジカメ(防水ムービー)のブームを振り返りつつ、防水デジカメを買わなくなった理由などを書いてみる

夏も近づく八十八夜な昨今でありますが、防水デジカメ買おうという気にならないのは何故でしょう?

2007年から2008年にかけて防水デジカメブームに火をつけた(水をつけた?w)一端は、想い起こせば当ブログとその背景にある私個人の動きが明らかにあるわけです。
防水デジカメ

ところがそんな私も今では防水デジカメや防水ムービーの類いにはあまり注目しておりません。もはや当たり前になってしまったので特に取り上げる話題でもないというのはあります。それにしても買わなくなってしまった。

ということで今回は、これまでを振り返りつつ、今どうしてるのかというお話をしてみましょう。

最初の最初はね、防水ムービーといっても単に生活防水だったんですよ。水中撮影はできないの。2006年の8末頃に発売のSANYO Xacti DMX-CA6
生活防水Xacti DMX-CA6は雷雨にも耐えるか?

翌年には3mまで水没可能なアクションカムが登場

画質はトイカメラ程度ですがヘルメットカムとして使えました。

同時期にペンタックスよりオプティオW30なども登場。

こちらはコンデジなので、画質もそこそこ良いレベル。

上記3機種を握りしめてラフティングなどへも出かけました。
みなかみラフティング 激流 川下りを防水カメラで動画レポート

防水デジカメのおかげでグラサン温泉という、今に至るまで続く迷シリーズも生まれました。

こんなネタのかたまりをMac Fanに寄稿した記憶が…w

こうなると次期Xactiもきっと生活防水などという生温いものではなく、水中撮影できるはずという期待が高まります。高まりすぎて私は遥か遠くトルコの噂記事からすっぱ抜いて来てしまいました(笑)
1.5m防水の新型Xacti CA65発売か!?
CA65

案の定そのXacti(CA65)が発売されまして、発表会イベントへ取材に行きましたが、この水中展示は衝撃的でしたね。

当然即買いして、嬉々として海に行ったりしてるわけです。

水中に落としても浮くというフロートストラップの類いも各社から販売されておりましたね。

この年には動画が撮れるケータイも防水仕様になりました。
防水ケータイW52CAの水没実験動画

ということで、全天候型ビデオブロガー/アウトドアギークへと、また一歩近付きました。

そんなわけで グラサン温泉 2008 は、写真のみではありますが伊香保温泉の湯船からの撮って出し、ブログへ直接投稿!
水場でも「なう」を共有し始めます。
グラサン温泉 2008

さらに2009年には防水XactiにもHD化の波が。
防水Xacti(ザクティ)DMX-CA9 レビュー

悪天候でも水辺でも心置きなく使えるHDムービーというのは良いですね。

私あまりに防水ムービー熱が高まりすぎて、なかばエヴァンジェリストに。ただ単に取材するだけでなく、いつの間にかイベント出演する側になっています。
水のXacti DMX-WH1E ブロガーイベントに行ってきました

でも、同時期にあの黒船が来航してくるわけですね。当時、以下のような記事を書いておりました。
iPhone 3GS の意味をデジカメメーカーはもっと深刻に受け止めるべき

メーカーはいますぐiPhone 3GSを社員に持たせて、一体なにが起きてるのかを理解したほうがいい。何百万画素だとかHDだとか小型だとか軽量とか、そういうことはiPhone 3GSの前ではどうでもよくなるから。3Gじゃなくて3GSね。

iPhone 3GS は防水仕様でこそないものの、デジカメそしてムービーカメラを脅かす存在になりつつありました。これの強みはなんといっても3G通信によるインターネット。撮るだけでなく共有へという時代の流れが本気でやって来るわけです。おや、何やら暗雲が…

しかも静止画だけでなく動画もね。

また、折からの防水デジカメブームに乗って、各種デジカメやガジェット類を保護する防水パックも出そろって来ました。
iPhoneが防水ケースAQUAPAC(アクアパック)に入れても使えた

さて、毎年飛躍的にカメラ性能が向上するiPhoneの前にあっては、デジカメ自体にも何か付加価値がないといけなくなって参りました。そのひとつの牙城が「防水」という仕様ではありましたが…

もはやこうなるとiPhoneも死角なしです。
お風呂でツイッターするならiPhone防水ケースですよね

上の動画の段階ではまだiPhone 4ですが、これですらも720PのHD動画が撮れる機種でした。この時点で私、防水デジカメの類いはまったく買わなくなっております。この辺りからおそらく世間の興味も「どうネットで共有するのか」という方向に行ってますよね。

で、iPhone 4S ですよ。
ただ単にフルHDで動画撮影できるだけでなく、かのEOSムービーとさえ比較されるほどの画像クオリティ。もちろん防水ケースなどに入れておけば、温泉やプールなどでも撮影ができるわけです。これのおかげでグラサン温泉シリーズもついに混浴になりました。
カナダの天然温泉と希少生物のお話

以前はスキーやスノボのために防水デジカメを買うという話をよく聞きましたが、最近ではエクストリーム用途ならGoPro HDで決まりでしょう。そうでない場面では、上と同じようにiPhone 4S と防水ケースで事足りてしまいます。結局そうなってしまいました。この『結局そうなってしまいました』はiPhone 4Sユーザなら誰もが同意いただける点ではなかろうかと。
北米最大 ウィスラーブラッコムのゲレンデでオリンピックのコースだって滑れるゼ

寒冷地でのバッテリの持ちを考えるとなおさら、コンデジの類いよりはiPhoneのほうが良かったりね。

ちょっと水中で使うにしても、iPhone 4SってじつはLEDライト付きのビデオカメラですから良いのですよね。シュノーケリングやる方はグリップ型のXactiが持ちやすいという話をされてましたが、今後、iPhoneとかスマホではないものを使うとしたら、そういった個々の用途に依存するところが大きくなっていくのでしょうね。

あと私の場合で言えば自分撮りがしやすいものとか、手ブレ補正がとてもよく効くとか。まあ、それも将来のiPhoneがなんとかしてくれる事を期待してしまうのですが。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月 7日 17:00

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー