link4110 link4111 link4112 link4113 link4114 link4115 link4116 link4117 link4118 link4119 link4120 link4121 link4122 link4123 link4124 link4125 link4126 link4127 link4128 link4129 link4130 link4131 link4132 link4133 link4134 link4135 link4136 link4137 link4138 link4139 link4140 link4141 link4142 link4143 link4144 link4145 link4146 link4147 link4148 link4149 link4150 link4151 link4152 link4153 link4154 link4155 link4156 link4157 link4158 link4159 link4160 link4161 link4162 link4163 link4164 link4165 link4166 link4167 link4168 link4169 link4170 link4171 link4172 link4173 link4174 link4175 link4176 link4177 link4178 link4179 link4180 link4181 link4182 link4183 link4184 link4185 link4186 link4187 link4188 link4189 link4190 link4191 link4192 link4193 link4194 link4195 link4196 link4197 link4198 link4199 link4200 link4201 link4202 link4203 link4204 link4205 link4206 link4207 link4208 link4209 link4210 link4211 link4212 link4213 link4214 link4215 link4216 link4217 link4218 link4219 link4220 link4221 link4222 link4223 link4224 link4225 link4226 link4227 link4228 link4229 link4230 link4231 link4232 link4233 link4234 link4235 link4236 link4237 link4238 link4239 link4240 link4241 link4242 link4243 link4244 link4245 link4246
トップページ > エレクトロニクス, デジタル一眼 > デジイチ動画に最適なFOSTEX DC-R302 ポータブルレコーダー

デジイチ動画に最適なFOSTEX DC-R302 ポータブルレコーダー

もはや携帯型レコーディングスタジオと言っても良いでしょう。上部にカメラをマウント、キャノン(XLR)のインプット×3 そしてキヤノンのデジタル一眼レフをリモコンで録画スタート。

デジタル一眼レフによる動画撮影はとても革命的でしたが、やはり写真が主用途だけにいくつかの課題点はありました。

そのひとつが音声まわりの貧弱さです。

それも、こういった製品の登場で次第に解消されていくのかもしれません。フォステクスさんのご厚意により、デジイチがマウントできるポータブルレコーダ「DC-R302」をレビューできることになりました。
FOSTEX DC-R302

本機の特徴はなんといっても左側面にXLR入力(キャノン)が3個装備されていること。ファンタム電源とリミッター搭載。

最近ではテレビ局と一緒にWebメディアの方々も記者会見等に同席する姿が見られますが、やはりWebの方はどちらかというと軽装の方が少なくない。ムービーカメラは民生機だったり、写真も兼ねてのデジイチだったり。

ところが、会場で用意されてる音声はキャノンだったりするんで、あまりの軽装だと苦汁を飲まされることに。Webメディアならではのフットワーク感とキャノンケーブルってどうにもマッチしないんですよね。

というわけで、この「FOSTEX DC-R302」はどうかと。
FOSTEX DC-R302 デジイチ動画にも最適な高性能レコーダー XLR for DSLR movie

メーカー公式ページは以下のURL
http://www.fostex.jp/products/DC-R302

記録メディアはSDHCカード。
WAV形式のファイル生成。
単三乾電池4本もしくは別売電源アダプターにて駆動。

RCAラインアウトの他に、カメラ側のマイクインプットへ送るためのミニジャックも用意されているので、レコーダーとしてだけでなく簡易ミキサーとしても利用できますね。

赤外線リモコンの発信については、おもなキヤノンEOS製品に対応していますが、EOS側の受光部の形状的には5D Mark2のみが素のままで対応。その他の機種は手などで反射させてやることで、レコーダーとカメラの同時スタートができます。

で、上の動画の段階ではそれをまだ試せていなかったのですが、どうも私んちのEOS 60Dで試してみたところ、単純にファイルの頭で完全な同期というのは無理っぽいですね。なぜなら、カメラ側の録画スタートが時間かかっちゃうから。

というわけで、録音開始トーンおよび録音終了トーンという機能を使ってポスプロで同期させることになります。録音の開始時(および終了時に)トーン(1kHz)を 0 .1 秒間隔で 2 回 発生するという仕様になっております。

今現在、まだ私もちょこっと試してみただけの段階ですが、いつものデジイチの貧弱なモノラル音声が、非圧縮のステレオになるというだけでも感動モノであります。デジイチ動画の良さがさらにアップしますね。

継続して使っていきますんで、また次回にご期待ください。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月 8日 19:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー