link4932 link4933 link4934 link4935 link4936 link4937 link4938 link4939 link4940 link4941 link4942 link4943 link4944 link4945 link4946 link4947 link4948 link4949 link4950 link4951 link4952 link4953 link4954 link4955 link4956 link4957 link4958 link4959 link4960 link4961 link4962 link4963 link4964 link4965 link4966 link4967 link4968 link4969 link4970 link4971 link4972 link4973 link4974 link4975 link4976 link4977 link4978 link4979 link4980 link4981 link4982 link4983 link4984 link4985 link4986 link4987 link4988 link4989 link4990 link4991 link4992 link4993 link4994 link4995 link4996 link4997 link4998 link4999 link5000 link5001 link5002 link5003 link5004 link5005 link5006 link5007 link5008 link5009 link5010 link5011 link5012 link5013 link5014 link5015 link5016 link5017 link5018 link5019 link5020 link5021 link5022 link5023 link5024 link5025 link5026 link5027 link5028 link5029 link5030 link5031 link5032 link5033 link5034 link5035 link5036 link5037 link5038 link5039 link5040 link5041 link5042 link5043 link5044 link5045 link5046 link5047 link5048 link5049 link5050 link5051 link5052 link5053 link5054 link5055 link5056 link5057 link5058 link5059 link5060 link5061 link5062 link5063 link5064 link5065 link5066 link5067 link5068
トップページ > Apple > Appleの(今の)ものづくりをいきなり真似したがるのは失敗のもと

Appleの(今の)ものづくりをいきなり真似したがるのは失敗のもと

妥協できるのが凡庸なオトナの特権でありますから、天才でもない人がいきなり至高をやっちゃうほど愚かなことはないと思うのです。

歳とったのを痛感してます。
ゆうべ超ひさびさにエレキギターを30分間ほど肩ストラップで下げてたら、今日は左肩が筋肉痛とも肩こりとも言える痛みに襲われているダイスケです。

Untitled

けさ起きたらデジタルステージ平野さんのこんなツイートがRTされてきてました。
http://twitter.com/dsHirano/statuses/201492500148527104

Appleの役員達のインタビューを聞けば誰でもわかる事だけど、彼らは売れるものを考えるとは言わない。「俺たちなら誰よりもうまくやれるはずだ」と言う。世界一うまい方法かどうかだけが重要だ。だから考え抜く。売れるのは唯の結果だ。僕もうまくやりたい。まだまだだけど。

平野さんはそれ相応の方ですからともかく、そうでもないのにこの手の発言をする方をたまに見かけます。Appleの今現在の製品づくりをいきなり目指してしまう人たち。

端で見てて「あーっ」となる事もしばしば。
「そりゃ失敗するわ」と。

ちなみにApple最初の製品はこれです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Apple_I
Apple I

筐体は無く、キーボード、ケース、トランス(レギュレータはオンボード)を自分で用意して組み立てなければならなかった。

なにも最初から iPhone を作って出してきたのではないですから、その辺お忘れなく。

それで、これは断言してしまっても良いと思うのですが、ほとんどの方のお仕事というのは「落とし所」とか「着地点」という名の「妥協点」を探ることではないでしょうか。そして、それが上手な方ほど「デキる」と言われる傾向があると思います。

ですから、その「デキる」人たちがAppleのものづくりについて語り出したらこれは要注意だと、何度も実感してきました。だって真逆なんだよ、たぶん。

ぜひとも「美味しんぼ」第31巻の「究極VS至高 鍋対決!!」を読んでいただきたいと思います。この対決の終盤で描かれる雄山の指摘は本当に素晴らしい。
究極VS至高 鍋対決!!<5>

雄山は山岡たちがその気になれば「五大鍋」と全く同じものを出せたことを皆に説明する。ただ、あまりにも誰にでも受け入れられる鍋というものにこだわったことで自分たちを縛ってしまったと指摘する。そしてヘチカンのもてなしの心をもまた、自分たちで誤解したことが禍して、結果としては、逆に大こだわりしてしまい濁ったもてなしの心を抱く結果につながったとも言う。

海原雄山は架空の人物とはいえ、天才ゆえのエキセントリックぶりはスティーブ・ジョブズに勝るとも劣らない勢い。名言「このあらいを作ったのは誰だ」や「ぐらりひとつだけでは、まだ早い」など、自分自身の口からもそれが出てくるのか?それとも「いいや」と妥協できるのか。それを考えてみると、自分の凡庸さが分かってよろしいかと思うのです。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月13日 22:21

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー