link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729 link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821
トップページ > グルメ・食文化 > トクホのコーラがスゴいのは、健康に気をつかう人にもコーラを飲ませてしまったところ

トクホのコーラがスゴいのは、健康に気をつかう人にもコーラを飲ませてしまったところ

キリンメッツ コーラなら何故か気持が楽。特定保健用食品という言葉のマジックはスゴい。

僕らこどものころはコーラは骨溶かすという噂があり、体に悪いものだというイメージ付けがされてきましたが、トクホのコーラってのは完全に真逆いってますよね。
トクホのコーラ

もともと、コカコーラZEROだとかペプシNEXあたりがカロリーゼロというのを打ち出してたけども、カロリーがゼロというだけでは差し引きゼロですから、飲む理由にはまったくならないこともありますよね。

ところが、飲めば健康に良いということであれば、進んで飲んでしまうという魔法にかかってしまいます。

カロリーゼロは良く言っても「太らない」なんでしょうけども、キリンメッツコーラは「飲めば痩せる」ということらしいですから、その差は大きいです。

で、何に効くのかさっき調べて知ったばかりの私ですらも、発売以降すでに三回も飲んでます。トクホだと悪くないイメージがあるもん。

「しない」ことの障壁を取り払ってあげることは、物を売るにあたってとても大きな部分だと思います。コーラがもつ負のイメージのひとつを払拭することで、人はこんなにも簡単に商品を手にしてしまうのかと驚きを禁じ得ません。

だからなんだという話ではありますが、ここまでコーラの価値転換をやってしまうと痛快ですので、メモ代わりに書いておきました。

それにしても最近のインターネットはボキャブラリの貧困な輩がおりますね。「トクホのコーラ不味い」などと平気で言っております。飲食を論じるときに旨い不味いの二元論になってしまうのは、表現力が発達してない証拠であります。そういう人でも発信できてしまうのは怖い世の中ですね。

青汁CMの「まずい、もう一杯」がどれほどの意味を含んでいたかを振り返れば、いまウェブ上にあふれかえる「まずい」という言葉が、蚊の鳴き声ほども表現力がないことに絶望します。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月17日 04:16

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー