link146 link147 link148 link149 link150 link151 link152 link153 link154 link155 link156 link157 link158 link159 link160 link161 link162 link163 link164 link165 link166 link167 link168 link169 link170 link171 link172 link173 link174 link175 link176 link177 link178 link179 link180 link181 link182 link183 link184 link185 link186 link187 link188 link189 link190 link191 link192 link193 link194 link195 link196 link197 link198 link199 link200 link201 link202 link203 link204 link205 link206 link207 link208 link209 link210 link211 link212 link213 link214 link215 link216 link217 link218 link219 link220 link221 link222 link223 link224 link225 link226 link227 link228 link229 link230 link231 link232 link233 link234 link235 link236 link237 link238 link239 link240 link241 link242 link243 link244 link245 link246 link247 link248 link249 link250 link251 link252 link253 link254 link255 link256 link257 link258 link259 link260 link261 link262 link263 link264 link265 link266 link267 link268 link269 link270 link271 link272 link273 link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291
トップページ > エレクトロニクス, デジタル一眼 > フォステクス DC-R302 がデジイチ動画の音声を格段に良くしてくれた

フォステクス DC-R302 がデジイチ動画の音声を格段に良くしてくれた

君のデジカメは外付けマイクつながる?あ、そう。じゃあギターもつながる?これならオッケー!

デジタル一眼レフによる動画撮影が、その他のビデオカメラどころか映画撮影にまで影響を与えてしまったのはご存知の通り。

でも、音はどうなの?

というのを改善してくれるのが、このレコーダーDC-R302でございます。
DC-R302 デジイチ積載

今回は実際に録音して、デジイチ素のままと比較してみました。前回のレビュー記事(以下のリンク)もあわせてお読みいただくと、より理解が深まるかと思います。
デジイチ動画に最適なFOSTEX DC-R302 ポータブルレコーダー

こちらが今回撮影(録音?)した動画であります。

※ リバーブ追加はポスプロでやっております。テキトーな歌ですみません(笑)

デジイチの音質改善というよりは、ギター、マイク、電子楽器を直接つなげてしまっているので、比較も何もといった反則技ではありますが、まあそういう事ができるんだということで(笑)いや、ちょっとズルイ比較だな(笑)

今回ダイナミックマイクを使いましたが、コンデンサーマイク接続時にはファンタム電源供給もできます。

ちょっと音質面の話をすると、ごく近い将来的にファームウェアアップデートで、96khz/24bit非圧縮レコーディングが可能になるらしいので、そうなればほとんどのカメラの音声トラックに対して圧勝ですね。

さて、このDC-R302にはリモコン用の赤外線発光部が搭載されていることは前回お伝えした通り。それによって、DC-R302本体の録音ボタンを押した際、同時にキヤノン製デジイチの録画スタートもできてしまいます。
(※ カメラごとの受光部の位置により、手で反射させる等の工夫が必要な場合も)

じゃあ同期は楽勝じゃん!

と思っていたのですが、案の定ワナがありまして、DC-R302とデジイチ(私のはEOS 60D)では記録開始のタイミングが若干ズレておるんですな(笑)じゃあどうやって合わせるかというと、1khzトーンの記録であります。

上の動画で「ピッピッピ」という音が鳴っております。
このトーンを開始と終了に自動的に鳴らしてくれます。

そして以下の写真、DC-R302の左側面であります。「MIC OUT」というのが確認できますでしょうか?もうお分かりですね。
DC-R302 左側面

この「MIC OUT」をデジイチのマイク入力に挿してやります。これで、デジイチ側にも同じ内容が記録されるわけですな。もちろん1khzトーン信号もね。

そうしてカメラ側で記録した音声でも充分という方はそれで良いですし、DC-R302のほうで録音した音声ファイルとシンクさせるなら、1khzトーンに合わせてガッチャンコしてやれば良いわけです。

今回は以上です。次回はなにか面白いことやってみようかな。これ、単なるレコーダーではないですからね。




投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月17日 18:44

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー