link438 link439 link440 link441 link442 link443 link444 link445 link446 link447 link448 link449 link450 link451 link452 link453 link454 link455 link456 link457 link458 link459 link460 link461 link462 link463 link464 link465 link466 link467 link468 link469 link470 link471 link472 link473 link474 link475 link476 link477 link478 link479 link480 link481 link482 link483 link484 link485 link486 link487 link488 link489 link490 link491 link492 link493 link494 link495 link496 link497 link498 link499 link500 link501 link502 link503 link504 link505 link506 link507 link508 link509 link510 link511 link512 link513 link514 link515 link516 link517 link518 link519 link520 link521 link522 link523 link524 link525 link526 link527 link528 link529 link530 link531 link532 link533 link534 link535 link536 link537 link538 link539 link540 link541 link542 link543 link544 link545 link546 link547 link548 link549 link550 link551 link552 link553 link554 link555 link556 link557 link558 link559 link560 link561 link562 link563 link564 link565 link566 link567 link568 link569 link570 link571 link572 link573 link574 link575 link576 link577 link578 link579 link580 link581 link582 link583
トップページ > IT, Internet > インターネットがめんどくさいので現実に逃げたい

Cartoon monkey clipart on PhoPng.

インターネットがめんどくさいので現実に逃げたい

虚構新聞事件により○カと暇○のもの化に拍車がかかったので、そろそろ本当に現実へのエクソダスを考えないとヤバい。

ツイッターを見る限りでは、都内全域に雷雨であります。

僕以外の客が誰もいないのをいいことに、店員たちが楽しそうに談笑している26時過ぎの練馬区某所のハンバーガー屋であります。

女性店員がしきりに他の男性店員に向かって

死ねばいいのに

死ねばいいのに

と繰り返し言っております。

仲良し同士の会話にも聞こえますが、笑顔の価値を○円に設定しているこの店では、命の価値もどうにかなってしまったのかと深読みしてしまいます。

そんな会話を小耳にはさみながら、虚構新聞の事件にまつわる一連の記事などを読み、最終的にやまもといちろうさんの「試される虚構新聞」が腑に落ちたので、自分なりに今の感想などを書いておこうと思います。

私かなり出力が苦手です。

いきなり何を言い出すのかと思うかもしれませんが、コンピュータから何かを出力するのが本当に苦手なのです。

たとえばプリントアウト。

スキャンして電子化されたものをWebで扱うというのは昔から好きですが、その逆に紙へプリントアウトすることについては、あまりスマートな印象を持てずにいます。

私、本格的にMacをいじり始めたのはDTVしたかったからですが、最初は今のようにデジタル to デジタルではありませんでした。ビデオデッキのアナログ出力をコンピュータのPCIカードに挿してキャプチャするという方法。

ビデオ編集方法こそ今とあまり変わらぬノンリニアですが、レンダリングが完了したらまたこれをS端子でアナログ接続して、ビデオテープへと戻すんですね。ビデオテープですよ?

だって、ギガバイトクラスのハードディスクを買えるのはお金持ちだけだったので、テープに出力しなきゃ保存する場所がないわけです。

これもまたプリント同様スマートさに欠ける。

そんなわけで、私のやることは主にアウトプットではなくインプット中心になっていきます。そんなこんなの十数年です。

たまに、ブログを書いたりツイートすることを「アウトプットする」と表現される方がいらっしゃいますが、それ逆です。電子文書の作成はインプットです。

ハッキリ言って私にとってのインターネットは「公開する場所」ではなくて、ローカル保存の一歩先にある作業 = 海に沈めておくようなものです。

こうして書いているブログも、海に沈めているわけです。広大なインターネットの海に沈めているのです。

そうすると魚みたいに他の人たちが寄ってきて楽しんでくれたりすることもあるんです。また、自分自身もちょくちょく泳ぎに行って、他のものを楽しんだりしてるわけです。ところが昨今、訳の分からない連中が増え過ぎまして、

ここ海ですよー!

って言っても分からないんですね。
やれ、服が濡れただの、水が塩っぱいだの言うわけですよ。さらには、深すぎて取りに行けないとか言い出したり、溺れてしまったがどうしてくれるんだとか言い出す始末なのです。

海だっつってんだろバカ!
コロニー育ちでもないくせに

そんなわけで、私はちょっと進化して陸に上がらなきゃいかんなと思っているところであります。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月18日 02:12

» from 夜虫に気をつけろ
インターネットがめんどくさいので現実に逃げたい インターネットがめんどくさいので現実に逃げたい なんかすっげえわかる。インターネットまじめんどくさいよね… [続きを読む]

トラックバック時刻: 2012年5月18日 16:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー