link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > Mac, iPhone・iPad・iPod, エレクトロニクス > [PR] 超解像度(ちょうかいぞうど!)27型ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF274XVBR

דירות דיסקרטיות ברמת גן

[PR] 超解像度(ちょうかいぞうど!)27型ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF274XVBR

液晶モニターだけど視野角ひろ〜い178度 VAパネル、そして超解像(ちょーかいぞー)技術搭載。接続は HDMIが二系統そして DVI および VGA

[PR] この記事はタイアップ企画です。当ブログと企業・団体等とのタイアップによる記事です。

なんと私が27型ワイド液晶ディスプレイのレビューをやることに!
17インチモニター設置

LCD-MF274XVBR メーカー製品ページへ

LCD-MF274XVBR メーカー直販ページへ

私むかし印刷物の仕事をしてたこともあって、パソコン用モニターはトリニトロンのブラウン管と決めてました。

しかし今や液晶ディスプレイの時代。
長いあいだ粘ってみたものの時流には勝てず、3年前に泣く泣くブラウン管とサヨナラしました。それほどまでに液晶ディスプレイの表示というのを信用してなかったんですね。

唯一認めていたのはAppleのシネマディスプレイくらいかな?

ところが今回レビューすることになった「LCD-MF274XVBR」も、そのシネマディスプレイと同じく視野角178度とのこと。私自身のノマドワーカー化とともに据置型モニターとは縁遠くなっておりましたが、良い機会なのでこの実力を見てみようかと。

そんなわけで、この製品の特徴である視野角、そして超解像度を動画にて検証してみました。ご覧くださいませ。

最大表示色1677万色。
上の動画ではカメラレンズのボケもあってか、斜めから見た時に奥のほうが暗くフェードアウトしておりますが、実際は手前から奥の端までちゃんと輝度はあります。印象としては、やはりノートパソコン画面よりも断然見やすい感がありますね。
Macと並べる

また、上の動画では超解像度の超解像ぶりがよく分からなかったという方のために、比較 GIFアニメも用意しました。機能オフ時と最大時のふたつの画面を撮影したものを交互に表示します。どうぞご覧ください。
ON OFF — Sample

超解像度は最大値だと刺々しくなることも多いので、程よいところを見計らって使うのが良さそうです。テロップなどの文字にギザが出る場合もありますしね。これはHDではない映像ソース(たとえばDVD再生)の表示に向いているのだとか。ちなみにこの製品の最大表示解像度は、一般的なフルハイビジョンと同じ1920×1080ドットとなっております。

さて、そんなこんなの小難しい技術のことよりも感心しちゃったのが背面の接続端子類。下方向にスッキリとまとめられてるの。
背面の接続端子類

背面パネルに対して垂直ではなく、水平にケーブル類を接続できるんです。これがもし垂直だったら、背面が出っぱって壁際に設置したい場合にとても困ることもありそうですからね。入力はHDMI が二系統、そしてDVI、VGA、音声入力(ミニジャック)が各一ずつとなっております。じつはスピーカーも内蔵なのです。そして前面パネルにはヘッドフォン出力も。

やっぱりパソコンでの使用を念頭に置いたモニタは、近距離での観賞を考慮したものですから、普通のテレビとちがって見やすいですね。近寄って視聴できるので、27インチとはいえ不足はあまり感じません。Apple TVなんかをつなぐにも最適だと感じました。

LCD-MF274XVBR メーカー製品ページへ

LCD-MF274XVBR メーカー直販ページへ

※ アイ・オー・データ機器タイアップ記事です。
※※ レビューに使用した製品はアイ・オー・データ機器より提供されています。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月18日 19:30

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー