link730 link731 link732 link733 link734 link735 link736 link737 link738 link739 link740 link741 link742 link743 link744 link745 link746 link747 link748 link749 link750 link751 link752 link753 link754 link755 link756 link757 link758 link759 link760 link761 link762 link763 link764 link765 link766 link767 link768 link769 link770 link771 link772 link773 link774 link775 link776 link777 link778 link779 link780 link781 link782 link783 link784 link785 link786 link787 link788 link789 link790 link791 link792 link793 link794 link795 link796 link797 link798 link799 link800 link801 link802 link803 link804 link805 link806 link807 link808 link809 link810 link811 link812 link813 link814 link815 link816 link817 link818 link819 link820 link821 link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875
トップページ > Mac, iPhone・iPad・iPod > Apple TVに興味のなかった俺が、Apple TVで何ができるのかをざっくり解説するよ。

Apple TVに興味のなかった俺が、Apple TVで何ができるのかをざっくり解説するよ。

映画レンタルも大画面YouTube視聴も楽しいが、何といっても肝になるのは「AirPlay」でのiPhoneやiPadミラーリング。Webブラウジングもツイッターもテレビに飛ばせる!

なんだよApple TV安いじゃん!
定価でも8,800円なのかよ!

というわけで意気揚々と
HDMIケーブルと共にApple TVを購入してきた私ですが…

おいおい、当然だけどHDMIで接続できるテレビやモニターが必要なのかよ!そんなもんねーよ(笑)このまま無用の長物になってしまうのか!!!
Apple TV

なんていうのはマッチポンプというか単なるギミックでして、昨日書いた記事の「27型ワイド液晶ディスプレイ LCD-MF274XVBR」を貰えるってんで、逆に「そういえばHDMI接続するカメラとかは多々持ってるけど、エンタメ機器がないな」と思いまして急ぎこの Apple TV を買ってきたという、ニワトリが先か卵が先かでいえば、交尾し忘れてた感じですね。

※ ちなみに、HDMI付いてないモニタであっても、HDMI → DVI変換ケーブルを使って接続すると難なく視聴できました。

さて、そんなわけで Apple TV の機能をざっくりと動画で説明してみましたので、ご覧くださいませ。

まず皆さん使うのは iTune Store での映画レンタル、購入でしょうね。ダウンロード型ではなくストリーミングなんで、購入後すぐに再生することが可能。レンタル視聴期間は30日ですが、一度再生しちゃうと48時間以内に見終えないといけません。

映画の本数自体があまり充実してないので、日本の配給会社もっと頑張れという感じです。TSUTAYAのほうが圧倒的に安いのもちょっと残念なところかな。

さて、こちらがApple TVのメニュー画面でございます。
Apple TV menu

「ムービー」が上記の映画購入ですな。「コンピュータ」というのはiTune ホームシェアリング機能であります。パソコン内のiTunesに入ってるコンテンツをこっち側で視聴できます。パソコンの電源つけっぱなしであれば、なにげに便利な機能であります。

そして「設定」ですが、ここで文字通り各種設定を行います。ここまでのアイコンのデザイン等でなんとなく感じたでしょうけども、このApple TVもいまや iOS デバイスであります。なので、設定内容もどことなくiPhoneなどと似通ってます。

さてメニュー二段目ですが、これはいかにもアメリカ製品という感じで、メジャーリーグそしてホッケーの試合結果がわかるアプリ。個人的にはこれらと「WSJ Live(生番組配信など)」は使わないかな。あと「予告編」というのも、映画の予告編だけ観たって仕方ないじゃないか。Appleのウェブサイトじゃあるまいし(笑)

というわけで、メニュー二段目で重要なのは何といっても「YouTube」であります。これと三段目にある「Vimeo」を使えば、ネット上の面白ビデオの多くが観られることになります。大画面で視聴するYouTubeというのはまたひと味違いますね。

なんというか、大画面で観ると俺かなりウザいwww です(笑)

また、iTunes にておなじみの「Podcast」「ラジオ(ネットラジオ)」といったものも用意されております。ネットラジオについては、仕事中でもパソコンのCPUを使わずに聴くことができるのは有り難いですよね。

ほか「フォトストリーム」「MobileMe」「Flickr」といったものが並びますが、つまりテレビ画面をデジタルフォトフレームにしてしまうというわけですよね。

ただし、Flickrを観ていて思ったのは、ネットワーク速度をFlickr API側で絞っているのか、かなり写真表示が遅いということです。これではスライドショー機能が活かせないですね、事前にキャッシュしておいて見せるしか(笑)

というのが Apple TV 単体機能の印象であります。

が、これの真骨頂はやはり他のApple製品との連携ですね。Mac および iPhoneなどから「AirPlay」によって映画を飛ばせてしまいます。

上の動画でも申しておりますが、じつは現行のApple TVにはキーボードが接続できません。つまり映画の購入はできるけども、パスワードなどの文字を打ったりするのがいちいちめんどくさいのです。
Apple TV 文字入力

もちろんApple IDサインインを記憶してくれるわけですが、リビングでほかの家人も使うものにそれはちょっと避けたいわ。ということで、iPhoneなどで映画を購入するほうがパスワード入力的には楽なんですよね。

あと、Apple TVって日本語入力できないんですか!?
(※ どうやら Remote アプリが必要らしい)

日本人としては検索もままなりません(笑)
なので、iPhone等からのAirPlayも重宝するというわけです。

さて、AirPlayについては、じつは映画なんかを飛ばすよりも、ミラーリングで画面共有のほうがずっと使い道はありそうですね(iPhone 4S、iPad 2、iPad 3rdに対応、設定方法はこちら)。上の動画でもやっておりますが、リビングでインターネットするときなんかも、大画面に飛ばして観るほうが良いです。ああーここでもYouTube観れてしまう。なんだかもうワケわからない(笑)

以上、ざっくりとApple TVについて自分の使い方の範疇で書いてみました。はっきり言って8,800円でこの内容なら、うっかり買ってしまっても全然損はないですね。

以前、京都文化博物館で映像ワークショップ講師をした際、別ブースでおなじく講師だった大谷和利さんが、参加者各人のiPhoneで撮った作品を発表するときに、Apple TVの「AirPlay」機能を使っていたのです。それがあまりにもスマートに見えたので、僕も購入してみました。

つまり、ホームパーティーとか客人を招いた際に、Apple TVがあれば各々持参したデバイスからビデオや音楽などを飛ばせるってことですよね。ほんとスマートでクールだと思います!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月19日 20:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー