link1460 link1461 link1462 link1463 link1464 link1465 link1466 link1467 link1468 link1469 link1470 link1471 link1472 link1473 link1474 link1475 link1476 link1477 link1478 link1479 link1480 link1481 link1482 link1483 link1484 link1485 link1486 link1487 link1488 link1489 link1490 link1491 link1492 link1493 link1494 link1495 link1496 link1497 link1498 link1499 link1500 link1501 link1502 link1503 link1504 link1505 link1506 link1507 link1508 link1509 link1510 link1511 link1512 link1513 link1514 link1515 link1516 link1517 link1518 link1519 link1520 link1521 link1522 link1523 link1524 link1525 link1526 link1527 link1528 link1529 link1530 link1531 link1532 link1533 link1534 link1535 link1536 link1537 link1538 link1539 link1540 link1541 link1542 link1543 link1544 link1545 link1546 link1547 link1548 link1549 link1550 link1551 link1552 link1553 link1554 link1555 link1556 link1557 link1558 link1559 link1560 link1561 link1562 link1563 link1564 link1565 link1566 link1567 link1568 link1569 link1570 link1571 link1572 link1573 link1574 link1575 link1576 link1577 link1578 link1579 link1580 link1581 link1582 link1583 link1584 link1585 link1586 link1587 link1588 link1589 link1590 link1591 link1592 link1593 link1594 link1595 link1596 link1597 link1598 link1599 link1600 link1601 link1602 link1603 link1604 link1605
トップページ > サイエンス・テクノロジー, 社会・国際・政経 > 金環日食を1600mmの超望遠で撮影するとこうなる

金環日食を1600mmの超望遠で撮影するとこうなる

35ミリ換算で1600mmの超々望遠レンズで金環日食を撮影すると、ここまで程よくフレームにおさまるのです。オススメ。

今朝の金環日食、天気予報を裏切って東京は天候に恵まれ、無事みなさんも観察できたことと思います。
リング 貞子

金環日食リング

もちろん私もいくつかのカメラと日食グラスを持って出かけました。なかでも1600mmもの超望遠にて撮影した写真と動画がありますので、ここでお見せしたいと思います。とりあえずその超望遠レンズについては、以下のような組合せになっております。

シグマの超望遠150-500mm
さらにテレコン2倍を装着して1000mm
APS-Cのカメラですので35mm換算で1600mmの超々望遠

カメラはEOS 60Dであります。これはバリアングル液晶なので、星撮りなんかでも重宝します。おかげでバリアングル非搭載の上位機種たちを買う気がまったく起きないですね。(なぜ付けてくれないんだ?)

86ミリ → 77ミリ ステップダウンリングにて「ケンコー MC-ND400 PRO」を装着。(超望遠なのでケラレない)

それでは、実際に撮影した動画をご覧いただきましょう。

いかがでしたでしょうか?
動画と混在して、連写撮影した静止画も含まれております。画面から大きくはみ出しているものがそうです。静止画のほうが大きく撮影できますので、それをトリミングして使用した形です。連写でも秒数コマ撮れますから、こうして早回し的に使うなら、動画機能の代わりになりますよね。

ほかPENTAX Q 二台、そしてiPhone 4Sによるタイムラプス撮影(インターバル撮影)も交えております。BGMはおなじみiPhoneアプリの「KORG iKaossilator」でございます。

さて次に静止画のほうでございます。
以下はペンタックスQにて撮影。標準ズームレンズの広角端なので、だいたい換算24mmくらいになるんでしょうかね?それでもはっきり金環が見えております。
PENTAX Qにて撮影の日食

こちらが件の1600mm超望遠です。
めっちゃ金環日食

ちなみに等倍で切り出すとこんなとんでもない事になります(笑)
リング等倍

フレームに太陽や月全体をおさめるにはちょうど良い倍率だと思います。
金環日食おわりかけ

ここまで来ると、太陽や月の速度がめちゃくちゃ速いので、何か演出意図でも無い限りはこの辺の望遠が上限ではないかと思います。
金環日食の金環目前2

それにしてもググッと絞りますね。ND400付けててもそんなもんです。雲がかかってきたおかげで助かりましたけどね。
金環終了後

金環終了後

最後にこちら。
ツイートするためにデジカメの液晶をiPhoneにて撮影したのですが、自分自身の姿が映り込んでしまいました。しかも貞子みたいな目で(笑)
リング 貞子

逆にそれも面白いかと「リング」と書いてアップロードしてみました。貞子のリングと金環のリングをかけてます。リングにかけてるといっても車田正美の方ではありません。くれぐれも。

お時間ありましたら昨年の月食などもあわせてご覧下さいませ。
皆既月食をタイムラプス撮影してきたよ。

蝉の羽化シーンを逆光シルエットでタイムラプス動画にしてみた



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月21日 21:22

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー