link2192 link2193 link2194 link2195 link2196 link2197 link2198 link2199 link2200 link2201 link2202 link2203 link2204 link2205 link2206 link2207 link2208 link2209 link2210 link2211 link2212 link2213 link2214 link2215 link2216 link2217 link2218 link2219 link2220 link2221 link2222 link2223 link2224 link2225 link2226 link2227 link2228 link2229 link2230 link2231 link2232 link2233 link2234 link2235 link2236 link2237 link2238 link2239 link2240 link2241 link2242 link2243 link2244 link2245 link2246 link2247 link2248 link2249 link2250 link2251 link2252 link2253 link2254 link2255 link2256 link2257 link2258 link2259 link2260 link2261 link2262 link2263 link2264 link2265 link2266 link2267 link2268 link2269 link2270 link2271 link2272 link2273 link2274 link2275 link2276 link2277 link2278 link2279 link2280 link2281 link2282 link2283 link2284 link2285 link2286 link2287 link2288 link2289 link2290 link2291 link2292 link2293 link2294 link2295 link2296 link2297 link2298 link2299 link2300 link2301 link2302 link2303 link2304 link2305 link2306 link2307 link2308 link2309 link2310 link2311 link2312 link2313 link2314 link2315 link2316 link2317 link2318 link2319 link2320 link2321 link2322 link2323 link2324 link2325 link2326 link2327 link2328
トップページ > サイエンス・テクノロジー, 社会・国際・政経 > 金環日食を1600mmの超望遠で撮影するとこうなる

金環日食を1600mmの超望遠で撮影するとこうなる

35ミリ換算で1600mmの超々望遠レンズで金環日食を撮影すると、ここまで程よくフレームにおさまるのです。オススメ。

今朝の金環日食、天気予報を裏切って東京は天候に恵まれ、無事みなさんも観察できたことと思います。
リング 貞子

金環日食リング

もちろん私もいくつかのカメラと日食グラスを持って出かけました。なかでも1600mmもの超望遠にて撮影した写真と動画がありますので、ここでお見せしたいと思います。とりあえずその超望遠レンズについては、以下のような組合せになっております。

シグマの超望遠150-500mm
さらにテレコン2倍を装着して1000mm
APS-Cのカメラですので35mm換算で1600mmの超々望遠

カメラはEOS 60Dであります。これはバリアングル液晶なので、星撮りなんかでも重宝します。おかげでバリアングル非搭載の上位機種たちを買う気がまったく起きないですね。(なぜ付けてくれないんだ?)

86ミリ → 77ミリ ステップダウンリングにて「ケンコー MC-ND400 PRO」を装着。(超望遠なのでケラレない)

それでは、実際に撮影した動画をご覧いただきましょう。

いかがでしたでしょうか?
動画と混在して、連写撮影した静止画も含まれております。画面から大きくはみ出しているものがそうです。静止画のほうが大きく撮影できますので、それをトリミングして使用した形です。連写でも秒数コマ撮れますから、こうして早回し的に使うなら、動画機能の代わりになりますよね。

ほかPENTAX Q 二台、そしてiPhone 4Sによるタイムラプス撮影(インターバル撮影)も交えております。BGMはおなじみiPhoneアプリの「KORG iKaossilator」でございます。

さて次に静止画のほうでございます。
以下はペンタックスQにて撮影。標準ズームレンズの広角端なので、だいたい換算24mmくらいになるんでしょうかね?それでもはっきり金環が見えております。
PENTAX Qにて撮影の日食

こちらが件の1600mm超望遠です。
めっちゃ金環日食

ちなみに等倍で切り出すとこんなとんでもない事になります(笑)
リング等倍

フレームに太陽や月全体をおさめるにはちょうど良い倍率だと思います。
金環日食おわりかけ

ここまで来ると、太陽や月の速度がめちゃくちゃ速いので、何か演出意図でも無い限りはこの辺の望遠が上限ではないかと思います。
金環日食の金環目前2

それにしてもググッと絞りますね。ND400付けててもそんなもんです。雲がかかってきたおかげで助かりましたけどね。
金環終了後

金環終了後

最後にこちら。
ツイートするためにデジカメの液晶をiPhoneにて撮影したのですが、自分自身の姿が映り込んでしまいました。しかも貞子みたいな目で(笑)
リング 貞子

逆にそれも面白いかと「リング」と書いてアップロードしてみました。貞子のリングと金環のリングをかけてます。リングにかけてるといっても車田正美の方ではありません。くれぐれも。

お時間ありましたら昨年の月食などもあわせてご覧下さいませ。
皆既月食をタイムラプス撮影してきたよ。

蝉の羽化シーンを逆光シルエットでタイムラプス動画にしてみた



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月21日 21:22

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー