link4658 link4659 link4660 link4661 link4662 link4663 link4664 link4665 link4666 link4667 link4668 link4669 link4670 link4671 link4672 link4673 link4674 link4675 link4676 link4677 link4678 link4679 link4680 link4681 link4682 link4683 link4684 link4685 link4686 link4687 link4688 link4689 link4690 link4691 link4692 link4693 link4694 link4695 link4696 link4697 link4698 link4699 link4700 link4701 link4702 link4703 link4704 link4705 link4706 link4707 link4708 link4709 link4710 link4711 link4712 link4713 link4714 link4715 link4716 link4717 link4718 link4719 link4720 link4721 link4722 link4723 link4724 link4725 link4726 link4727 link4728 link4729 link4730 link4731 link4732 link4733 link4734 link4735 link4736 link4737 link4738 link4739 link4740 link4741 link4742 link4743 link4744 link4745 link4746 link4747 link4748 link4749 link4750 link4751 link4752 link4753 link4754 link4755 link4756 link4757 link4758 link4759 link4760 link4761 link4762 link4763 link4764 link4765 link4766 link4767 link4768 link4769 link4770 link4771 link4772 link4773 link4774 link4775 link4776 link4777 link4778 link4779 link4780 link4781 link4782 link4783 link4784 link4785 link4786 link4787 link4788 link4789 link4790 link4791 link4792 link4793 link4794
トップページ > グルメ・食文化, 雑記 > オトナのシュウェップス新製品 ブリティッシュ レモントニックをひとあしお先に飲んでみたよ

オトナのシュウェップス新製品 ブリティッシュ レモントニックをひとあしお先に飲んでみたよ

オトナに生まれて良かった。苦みまで含めてちゃんとレモン、これぞ大人の炭酸ですね。6月初旬より発売のシュウェップス「ブリティッシュ レモントニック」ブロガーイベント参加レポート。

昨夜、シュウェップス・ブロガーミーティングに行って来ました。
シュウェップスブロガーミーティング

シュウェップスといえばトニックウォーター?
いえいえ、シュウェップス ブリティッシュ レモントニックという新製品が発売されるのですね。下の写真はそのボトルラベルです。
シュウェップスボトル
トニックウォーターとは違って親しみやすいデザインに変わってますね。

ところでこのイベント、渋谷区のコカコーラ本社で開催されたのですが、日本でのシュウェップスブランドの販売がコカコーラだったってご存知でした? 言われてみればああ確かに!

そのシュウェップス、英国発の伝統あるブランドでして、200年以上の歴史があるとか。だから上でお見せしたラベルもユニオンジャックをあしらったデザインになっているということです。
シュウェップスの歴史

さて、皆さんの興味ありそうなお話はここから。
日本市場において、アダルト層が新たな開拓機会となりつつあるのだそうです。35〜49歳の人口比率が20%以上、増加率は8.8% なのだとか。
シュウェップスが狙うターゲット層

ところがコカコーラではこれまで、40歳以上をターゲットとした炭酸飲料ブランドがなかったと。
子供向けドリンク

さて、どうする…?

というわけで、この度の「シュウェップス ブリティッシュ レモントニック」に至るわけですが、シュウェップスといえば先述の通りすでにトニックウォーターというオトナ向けイメージが定着しております。

ですからこのレモントニックという新製品もスタート時点で既に追い風感タップリですよね。抵抗なく受け入れてしまいます(笑)

さて肝心のお味の方は…

世の中には人工的なレモン味が氾濫しておりますけども、この製品のレモン味はひと味違う。はっきり言ってズルい!本当にズルい!卑怯なくらいズルい!
苦み残るほどまでに、ちゃんとしたレモン味なのです!(果汁入り)
乾杯

実はわが家、冷蔵庫に100%レモン果汁が常備してあります。または某ッカ・レモン100とか。炭酸飲料とか某ロナビールにこれを入れて飲むのであります。それだけに、この苦みある本物感は嬉しい。香料や酸っぱさだけで誤摩化さない、本物のレモン感。

英国らしくフィッシュ&チップスと共にいただきましたが、某黒ビールやエールビールでなくとも合うんですね!パブでレモントニックも有りだなあ。
フィッシュ&チップス

製品の解説をしてくださった小笠原さんとも話したのですが、お互いに お酒飲まない(飲めない)日でも、あのビールのシュワシュワ感やスッキリ感欲しさに炭酸飲料飲んじゃうんだよねーと。

あと僕、某喫茶店でパソコン開いて作業することが多いのですが、刺激と爽快感を求めてレモネード(レモンスカッシュ)を注文する率がすごく高いです。でも家では代替品があまり無いので、この製品は候補に挙げても良さそうですね。

ちなみにこの製品にこめられたメッセージがまた良いのですよ。
オトナ、はじける
シュウェップスのメッセージ

『人は年を重ねてようやく、自分らしく生きる自由を手にできる。』

そうですよ。
まったく仰る通りです。

子供のころは「子供だから」と縛りが多くてなかなか自由にできません。オトナになってこそ、色んな経験を積み重ねて、色んなものを手札に持っていてこそ、ようやく出来ることが沢山あります。

ほんとオトナに生まれて良かった。
そして、オトナ向け製品を発売してくれてありがとう!

以下、イベント時のリアルタイムツイートまとめ



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年5月30日 18:13

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー