link274 link275 link276 link277 link278 link279 link280 link281 link282 link283 link284 link285 link286 link287 link288 link289 link290 link291 link292 link293 link294 link295 link296 link297 link298 link299 link300 link301 link302 link303 link304 link305 link306 link307 link308 link309 link310 link311 link312 link313 link314 link315 link316 link317 link318 link319 link320 link321 link322 link323 link324 link325 link326 link327 link328 link329 link330 link331 link332 link333 link334 link335 link336 link337 link338 link339 link340 link341 link342 link343 link344 link345 link346 link347 link348 link349 link350 link351 link352 link353 link354 link355 link356 link357 link358 link359 link360 link361 link362 link363 link364 link365 link366 link367 link368 link369 link370 link371 link372 link373 link374 link375 link376 link377 link378 link379 link380 link381 link382 link383 link384 link385 link386 link387 link388 link389 link390 link391 link392 link393 link394 link395 link396 link397 link398 link399 link400 link401 link402 link403 link404 link405 link406 link407 link408 link409 link410
トップページ > Mac, iPhone・iPad・iPod, エレクトロニクス > Intensity Extreme にてビデオキャプチャに挑戦 接触編

Intensity Extreme にてビデオキャプチャに挑戦 接触編

iPad からのミラーリング映像をビデオキャプチャしたくて購入した Blackmagic Design Intensity Extreme (ブラックマジックデザイン・インテンシティ エクストリーム)ではありますが、上手くいったようないかないような… むむむ、これなんてトラブル

以前に書いたとおり、iPad や iPhone 4S の画面操作をビデオキャプチャーする方法を考えてみる、というわけで購入した「Intensity Extreme」です。
Intensity Extreme

ここまでの流れリンクは以下:

  1. iPad や iPhone 4S の画面操作をビデオキャプチャーする方法を考えてみる
  2. Apple Digital AVアダプタで、iPhone 4S や iPad の画面をミラーリング

ひとまず開梱から試用までを動画にてご覧いただきたいと思います。

さて、ご覧いただきましたら、おさらいです。

まずこの「Intensity Extreme」を使うにあたって、Thunderbolt(サンダーボルト)のケーブルが別途必要であります。現在まだまだお高くて、Apple純正だと5,000円くらいしました。これは痛い出費…

あ、あとHDMIケーブルも必要ですね。で、この記事読むような方は接続方法などの説明は不要だと思いますので省かせていただきます。もろもろを接続しましたら、付属DVDに入ってるユーティリティソフトのなかから「Blackmagic Media Express」を起動
Blackmagic Media Express icon

おや?何も表示されない…
Blackmagic Media Express

なにをどう頑張っても何も表示されないので、これはいさぎよく諦めます(笑) iMovie そして Final Cut Pro X でもキャプチャできないか試してみたものの、Mac内蔵カメラの映像が出るだけでまったく意味なし… うーんと悩みつつ QuickTime X にて試してみたところ、ようやく入力映像が表示されました!

QuickTime X で「ファイル」メニューの「新規ムービー収録」にてキャプチャ画面を出します。そして入力ソースを「Blackmagic」に設定すると表示されます。
QuickTime X

ところが音声のモニターができない。じつはこれ、音を喰っちゃう製品なのですよ。まるで一部のUSBオーディオインターフェイスのように、Macなどからの出力も Intensity Extreme 経由でしか聞けなくなります。

そのくせヘッドフォン端子なし!!!

ということで仕方なく付属のモジャモジャケーブルを通して外部スピーカーに接続するより他、方法がありませんでした。

まあ一応 そういう形で使えるのでこれで良しとしてもいいのですが、QuickTime X だと圧縮がモーションJPEGしか選べないというのが難点。Intensity Extreme 付属ユーティリティであれば「Apple ProRes 422 HQ」でも録画できるらしいですもん!これが使えないというのはやっぱり痛い。

というわけでサポートに質問の電話をしたところ、案外あっさりと解決。次回はその方法について解説したいと思います。お楽しみに!



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年6月 6日 17:43

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー