link822 link823 link824 link825 link826 link827 link828 link829 link830 link831 link832 link833 link834 link835 link836 link837 link838 link839 link840 link841 link842 link843 link844 link845 link846 link847 link848 link849 link850 link851 link852 link853 link854 link855 link856 link857 link858 link859 link860 link861 link862 link863 link864 link865 link866 link867 link868 link869 link870 link871 link872 link873 link874 link875 link876 link877 link878 link879 link880 link881 link882 link883 link884 link885 link886 link887 link888 link889 link890 link891 link892 link893 link894 link895 link896 link897 link898 link899 link900 link901 link902 link903 link904 link905 link906 link907 link908 link909 link910 link911 link912 link913 link914 link915 link916 link917 link918 link919 link920 link921 link922 link923 link924 link925 link926 link927 link928 link929 link930 link931 link932 link933 link934 link935 link936 link937 link938 link939 link940 link941 link942 link943 link944 link945 link946 link947 link948 link949 link950 link951 link952 link953 link954 link955 link956 link957 link958
トップページ > Mac, iPhone・iPad・iPod, エレクトロニクス > Intensity Extreme にてビデオキャプチャに挑戦 発動編

Intensity Extreme にてビデオキャプチャに挑戦 発動編

無事に問題解決。入力ソースのフォーマットに合わせなければ、付属ソフトでのキャプチャはできない仕様でありました。

魔法の小箱 Intensity Extreme
アルミ筐体がMac本体ともよく似合うんですよね。
INTENSITY EXTREME

さて、iPadのミラーリング画面を録画するために購入した Intensity Extremeでありますが、付属ユーティリティ「Media Express」が前回ちゃんと表示されずに QuickTime X にてキャプチャするという事態に。なぜ?

今回はその解決編であります。
蛇足ながら、ここまでのあらすじは以下の通り

  1. iPad や iPhone 4S の画面操作をビデオキャプチャーする方法を考えてみる
  2. Apple Digital AVアダプタで、iPhone 4S や iPad の画面をミラーリング
  3. Intensity Extreme にてビデオキャプチャに挑戦 接触編

まずは復習として、以下に前回の動画を貼っておきますので、未見の方はまずこちらからご覧ください。

このあと、サポートに電話しまして、ごくごく単純な理由で表示されていなかったことが判明いたしました。でも、意外にこの落とし穴にハマってる方もいるかもしれません。次の動画をご覧くださいませ。

はい
ご理解いただけましたでしょうか?

意外や意外
HDMI出力する側のビデオフォーマットにあわせて、付属ユーティリティの「Media Express」側でもビデオフォーマットをあらかじめ設定しておかねばならないのですね。そんなの自動でやっといてよもう!って感じではありますが、そういう仕様なら仕方ない。

メニューから「Preference」を表示して「Project Video Format」を設定します。例えば上の動画の通り、iPadからの入力は 1080p 30fps でありました。
Preference

ビデオカメラなんかだとHDMI出力するビデオフォーマットを変更できたりしますから、それにあわせてください。ただし、ドロップフレームとノンドロップフレームでまた違いますから、そこは試してみないとどっちか分からないこともあり面倒です。たとえば 29.97fps なのか 30fps なのかってことね。
Preference

出力、入力の双方がおなじ設定になって初めてMacの画面にも表示されます。以下の画像は、実際に「Media Express」へ表示してみたところです。
Blackmagic Media Express

あと ハングアウトだとか Ustream だとかにも利用できちゃうんですよね。設備がややこしくなってしまいますけども、これは有用であります。
Ustream
(Ustream Producer は無料版を使用してるので、HD配信まで可能かどうかは検証してません)

あと、Macからモニターへの出力というのも Intensity Extreme であれば可能ですね。After Effects であるとか Photoshop であるとか、映像素材をマスモニやテレビで確認することができます。
Photoshop

と、まあ何とも単純な理由で四苦八苦してたわけですが、つながってみれば後は簡単。いろんなことに利用できてしまいます。

しかし私の当初の目的としては、iPadまたはiPhoneをミラーリングして、楽器アプリの演奏を収録するということでした。そのためには、前回記事でもお伝えしたとおりこの Intensity Extreme の音声を食ってしまう仕様はたいへん面倒くさい。なにしろモニタースピーカーが要る。

それだけであれば、下位モデルの Intensity Shuttle というのに最近Thunderboltモデルが加わったので、そちらでも良かったかなと。いや、確実にそちらの方が良かったんではないかと思えて仕方ないのです… なにしろあのややこしいケーブル無しで、ラインアウト端子が本体にビルトインされてますので… うぅ…

今回 Mac 以外に使用したのは以下のものです。

下位モデルの Intensity Shuttle というのは以下になります。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年6月 7日 04:29

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー