link3920 link3921 link3922 link3923 link3924 link3925 link3926 link3927 link3928 link3929 link3930 link3931 link3932 link3933 link3934 link3935 link3936 link3937 link3938 link3939 link3940 link3941 link3942 link3943 link3944 link3945 link3946 link3947 link3948 link3949 link3950 link3951 link3952 link3953 link3954 link3955 link3956 link3957 link3958 link3959 link3960 link3961 link3962 link3963 link3964 link3965 link3966 link3967 link3968 link3969 link3970 link3971 link3972 link3973 link3974 link3975 link3976 link3977 link3978 link3979 link3980 link3981 link3982 link3983 link3984 link3985 link3986 link3987 link3988 link3989 link3990 link3991 link3992 link3993 link3994 link3995 link3996 link3997 link3998 link3999 link4000 link4001 link4002 link4003 link4004 link4005 link4006 link4007 link4008 link4009 link4010 link4011 link4012 link4013 link4014 link4015 link4016 link4017 link4018 link4019 link4020 link4021 link4022 link4023 link4024 link4025 link4026 link4027 link4028 link4029 link4030 link4031 link4032 link4033 link4034 link4035 link4036 link4037 link4038 link4039 link4040 link4041 link4042 link4043 link4044 link4045 link4046 link4047 link4048 link4049 link4050 link4051 link4052 link4053 link4054 link4055 link4056 link4057 link4058 link4059
トップページ > デジタル一眼 > キヤノン EOS M 待望のミラーレス機を体験してきた

キヤノン EOS M 待望のミラーレス機を体験してきた

EOSシリーズのノンレフレックス、EOS M を発売に先がけて触ってきましたよ。

EOS Mは 25年ぶりの新規のマウントだそうです。
EOS M

ということで、キヤノンから待望のミラーレス一眼(最近はノンレフレックスとも)が発表されてしまいまして、キヤノンさんのブロガーイベントに行って体験してきました!

EOSらしいメニュー画面ながらタッチスクリーンでの操作は新鮮。画面でのタッチシャッターはiPhone以上の気持良さ。

液晶は104万ドットと聞きました。一眼レフにも積んでる解像度のものですから、これでちゃんとピントの山がつかめる!ただ、日光のもとではどうなるか心配ではあります。バリアングルでもないのがちょっとアレですね。

電子シャッターで某社のみたいに超高速連写できるようにしてくれればカワセミ撮りにも…と言ったところ、カワセミには7Dがいいですよとお薦めされてしまいました(笑)

EOS M ダブルレンズキットにはマウントアダプターとスピードライト90EXも含まれます。このスピードライトは角度変えられないので、バウンスはできません。内蔵ストロボがないお詫びといった感じですね(笑)ストラップ金具は取り外し可能!これは嬉しい!

ま、ほかにも色々と言うべきところはあるんですけども、ちょっとこれだけ見ていってください。こんな光景めったに見られませんよ。
EF Lens and EOS M

EFレンズが陳列されてるのかと思いきや!
EF Lens and EOS M

ああー!
EF Lens and EOS M

ああああー!
EF Lens and EOS M

あああああああー!
EF Lens and EOS M

レンズ資産が活かせるってか!?
とはいえ、私そんなにレンズもってませんし、やはり今後このEOS Mのマウントでどんなレンズが出てくるかですよね。いつまでもレンズ二本しかないんだったらPowerShot G1Xの方がつぶしが効いて良いんじゃないかと… ペンタックスQユーザの私はそのように思います(笑)

あと、EVF付きとかバリアングル液晶とかも、この後に控えてるような気がするので、それも妄想しながら待ってみても良いかもしれませんね。

で、私が他に踏みとどまる大きな要因があるとすれば、有線リモコンの端子が付いてないことです。つまりインターバル撮影の可能性が完全に否定されてるわけです。無類のタイムラプス好きなので、これはデメリットに感じました。ということで、発売までのあいだ、もうちょっと悩んでみます(え、何を?w)。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年7月24日 11:33

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー