link584 link585 link586 link587 link588 link589 link590 link591 link592 link593 link594 link595 link596 link597 link598 link599 link600 link601 link602 link603 link604 link605 link606 link607 link608 link609 link610 link611 link612 link613 link614 link615 link616 link617 link618 link619 link620 link621 link622 link623 link624 link625 link626 link627 link628 link629 link630 link631 link632 link633 link634 link635 link636 link637 link638 link639 link640 link641 link642 link643 link644 link645 link646 link647 link648 link649 link650 link651 link652 link653 link654 link655 link656 link657 link658 link659 link660 link661 link662 link663 link664 link665 link666 link667 link668 link669 link670 link671 link672 link673 link674 link675 link676 link677 link678 link679 link680 link681 link682 link683 link684 link685 link686 link687 link688 link689 link690 link691 link692 link693 link694 link695 link696 link697 link698 link699 link700 link701 link702 link703 link704 link705 link706 link707 link708 link709 link710 link711 link712 link713 link714 link715 link716 link717 link718 link719 link720 link721 link722 link723 link724 link725 link726 link727 link728 link729
トップページ > デジタル一眼 > キヤノン EOS M 待望のミラーレス機を体験してきた

キヤノン EOS M 待望のミラーレス機を体験してきた

EOSシリーズのノンレフレックス、EOS M を発売に先がけて触ってきましたよ。

EOS Mは 25年ぶりの新規のマウントだそうです。
EOS M

ということで、キヤノンから待望のミラーレス一眼(最近はノンレフレックスとも)が発表されてしまいまして、キヤノンさんのブロガーイベントに行って体験してきました!

EOSらしいメニュー画面ながらタッチスクリーンでの操作は新鮮。画面でのタッチシャッターはiPhone以上の気持良さ。

液晶は104万ドットと聞きました。一眼レフにも積んでる解像度のものですから、これでちゃんとピントの山がつかめる!ただ、日光のもとではどうなるか心配ではあります。バリアングルでもないのがちょっとアレですね。

電子シャッターで某社のみたいに超高速連写できるようにしてくれればカワセミ撮りにも…と言ったところ、カワセミには7Dがいいですよとお薦めされてしまいました(笑)

EOS M ダブルレンズキットにはマウントアダプターとスピードライト90EXも含まれます。このスピードライトは角度変えられないので、バウンスはできません。内蔵ストロボがないお詫びといった感じですね(笑)ストラップ金具は取り外し可能!これは嬉しい!

ま、ほかにも色々と言うべきところはあるんですけども、ちょっとこれだけ見ていってください。こんな光景めったに見られませんよ。
EF Lens and EOS M

EFレンズが陳列されてるのかと思いきや!
EF Lens and EOS M

ああー!
EF Lens and EOS M

ああああー!
EF Lens and EOS M

あああああああー!
EF Lens and EOS M

レンズ資産が活かせるってか!?
とはいえ、私そんなにレンズもってませんし、やはり今後このEOS Mのマウントでどんなレンズが出てくるかですよね。いつまでもレンズ二本しかないんだったらPowerShot G1Xの方がつぶしが効いて良いんじゃないかと… ペンタックスQユーザの私はそのように思います(笑)

あと、EVF付きとかバリアングル液晶とかも、この後に控えてるような気がするので、それも妄想しながら待ってみても良いかもしれませんね。

で、私が他に踏みとどまる大きな要因があるとすれば、有線リモコンの端子が付いてないことです。つまりインターバル撮影の可能性が完全に否定されてるわけです。無類のタイムラプス好きなので、これはデメリットに感じました。ということで、発売までのあいだ、もうちょっと悩んでみます(え、何を?w)。



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年7月24日 11:33

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー