link2628 link2629 link2630 link2631 link2632 link2633 link2634 link2635 link2636 link2637 link2638 link2639 link2640 link2641 link2642 link2643 link2644 link2645 link2646 link2647 link2648 link2649 link2650 link2651 link2652 link2653 link2654 link2655 link2656 link2657 link2658 link2659 link2660 link2661 link2662 link2663 link2664 link2665 link2666 link2667 link2668 link2669 link2670 link2671 link2672 link2673 link2674 link2675 link2676 link2677 link2678 link2679 link2680 link2681 link2682 link2683 link2684 link2685 link2686 link2687 link2688 link2689 link2690 link2691 link2692 link2693 link2694 link2695 link2696 link2697 link2698 link2699 link2700 link2701 link2702 link2703 link2704 link2705 link2706 link2707 link2708 link2709 link2710 link2711 link2712 link2713 link2714 link2715 link2716 link2717 link2718 link2719 link2720 link2721 link2722 link2723 link2724 link2725 link2726 link2727 link2728 link2729 link2730 link2731 link2732 link2733 link2734 link2735 link2736 link2737 link2738 link2739 link2740 link2741 link2742 link2743 link2744 link2745 link2746 link2747 link2748 link2749 link2750 link2751 link2752 link2753 link2754 link2755 link2756 link2757 link2758 link2759 link2760 link2761 link2762 link2763 link2764 link2765 link2766 link2767 link2768 link2769 link2770 link2771 link2772 link2773
トップページ > 旅行・乗物, 社会・国際・政経 > ゲーミフィケーションは英会話の上達に役立つと思った事例

Clipart pooh bear on PhoPng.

ゲーミフィケーションは英会話の上達に役立つと思った事例

「心と心で通じ合う」友好前提ならわりと言語どうでも良いわけで、やっぱり疑惑を晴らせるだけの説明力とか、敵対心や猜疑心を和らげるくらいはできないとマズイかなと。

空港

海外でも「心と心で通じ合う」から大丈夫ですよみたいな

そりゃ友好的である前提であって、やっぱり言語コミュニケーションであれこれ必要なことはあるわけで、心と心で通じ合ってる場合じゃないときほどそんなもんですよね。

というわけで、こないだヒースロー空港で食らった話です。

要は、次々に敵キャラが現れて、私を英語で質問攻めにしてくるわけです。

私、その場では持ってちゃいけないハズのもの(液体物)を手にしているわけですね。ただし、それは空港の導線というシステム的な問題により仕方なくそうなったわけで、私自身はなんら悪くない。

その液体物をライフとして死守しつつ、向けられた疑惑を晴らし次へ次へとステージを進めて行かなきゃいけない。

しかもタイムリミットがあって、ラスボス倒すまで数十分でこなさないと成田に帰れないわけです。

それぞれのオフィサーが最後に口にする「次にいるひとのディシジョンに委ねるわ」という台詞が、なんだか「オレは倒せても次の敵は手強いぜ」に聞こえてくるレベル。

こうなると「心と心で通じ合う」みたいな生温いことを言ってる派のアレコレは全部ウソでしかなくて、そんな交流などしてる場合ではなく、嫌でも英語しゃべるしかない機会というのは、こういう疑われたり敵対されたりしたときなんだなと、そう思いました。

というわけで、ゲーミフィケーションを学習に取り入れるということは、かなり「あり」だなと思った次第であります。

まあ、そもそも英語がその程度はできたというわけなので、これが中国語だったりするとゲーム開始時点で詰んでたとは思いますけどね。

今日のオマケ画像:ヒースロー空港のトイレにあった自販機。日本だったらあり得ないものが多々ならんでおりますね(笑)
自販機



投稿者 愛場大介(Daisuke AIBA / Jetdaisuke) : 2012年8月 6日 07:40

ジェット☆ダイスケ

ジェット☆ダイスケ
愛場大介/ジェット☆ダイスケ
昭和生まれの古い男がこのブログを地味に更新しつづけております。趣味はブログです。 ツイッターIDは @jetdaisukeです。 また、YouTubeのチャンネル登録はこちらからできます。

ナノ一眼 PENTAX Q の実力
iPhoneとも戦えるカメラ、ナノ一眼 PENTAX Q を購入しました
シャッター切るたび画調が変わる PENTAX Q のランダムなクロスプロセスが楽し過ぎるのだ
PENTAX Q トイレンズ比較 魚眼/広角/望遠
ペンタックスQのバッテリは、フジフイルム、コダックとも共通
ナノ一眼PENTAX Qをもう一台導入しまして
ナノ一眼 PENTAX Q でも星を撮影できた
PENTAX Q 動画モードについての感想

世界最小15倍ズームレンズB008とキヤノンEOS 60Dで大自然を撮ってみよう!
TAMRON 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008
タムロン 18-270mmF3.5-6.3 Di2 VC PZD B008

バリアングル液晶でビデオ撮影も快適なデジイチ
▼Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
EOS 60D
レビュー記事:
EOS 60Dのバリアングル液晶はやっぱり動画撮りやすいです
キヤノン 一眼レフ EOS 60D を購入してみた

[地球圏最強の標準レンズ]
シグマ30mm F1.4レンズは企業プロモーションビデオにも使える優れもの
SIGMA 30mm F1.4 EX DC

Canon EFレンズ 50mm F1.8 II 最安の単焦点レンズを試す
Canon EFレンズ 50mm F1.8 II
[最安の超広角レンズ買うた]
タムロン超広角ズームレンズ TAMRON SP AF10-24mm F/3.5-4.5 Di II
▼TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD Aspherical
TAMRON AF10-24mm F/3.5-4.5 DiIILD

【EOS 関連記事】
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ1 純正品編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ2 お役立ち編
キヤノンEOS Kiss X3関連で購入したアイテムまとめ3 交換レンズ編

最近のエントリー